SSブログ
アベラ国 ブログトップ
前の30件 | -

またしても安倍晋三の錯乱を見る会になる今日の国会 [アベラ国]

黒岩宇洋.jpg

前日の記者会見に続いて
国会での冒頭の発言も
桜を見る会「前夜祭」に関する虚偽答弁
(衆院調査局の調べによると少なくとも118回)に
心からお詫び、心から反省、、、
ところが野党議員の質問に答える番になると
なんのことはない
質問をはぐらかし始めて
ぐだぐだと筋の通らぬ反論
結局は元のもくあみの安倍晋三であった。


 初心?

「初心に立ち返る」というのなら
立ち返った姿を福山議員が言うように
証人喚問で見せるべきである

安倍は不起訴
秘書は略式起訴

略式起訴の秘書は「安倍家のためなら何でもやる人」
日刊スポーツ 2020年12月24
https://www.nikkansports.com/general/news/202012240000226.html

「桜」夕食会、略式起訴の配川氏は安倍家の番頭 地元・山口で金庫番も
中国新聞 2020/12/24 https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=712569&comment_sub_id=0&category_id=256

前夜祭補塡「秘書がやった、納得できない」 
安倍氏の地元・下関からも批判
毎日新聞2020年12月24日 https://mainichi.jp/articles/20201224/k00/00m/010/279000c


この秘書、本当に安倍に知らせず
すべて一人でやっていたのなら
人の金を勝手に動かし
嘘をつき続け
総理大臣に国会で無数の嘘をつかせ
国会を欺き続け
国民を欺き続け
この間、国会は
他に審議すべき国の重要な課題山積する中
日々見渡す限り
さくら〜さくら〜に明け暮れ

野党追及の日のシュレダ記念日もあれば
記録残した残さない
復元できる復元しない
明細書があるのないの
領収書はあるのないの
出せ出さぬ
破棄したのあるけど箝口令
久兵衛の寿司だの唐揚げで済ますだの
たった一人で
世のどんだけの人々の
どんだけの時間と資産と体力と根気を費やさせたというのだ
(わたしなんぞも連日ブログに明け暮れ
健康まで損なうに至った)

その本人は裁判にもならず
略式起訴
罰金100万円で終わり

そいつを雇って
そいつがそんなことをするのに
一切気が付かずに見逃し
世に大迷惑をかけた安倍は
起訴にもならず
無罪放免
記者会見や国会でごめんなさいと
頭は下げるも

納得しない議員らの追及に
これまでと何ら変わらぬ不遜な態度
質問にはこたえず
すりかえおっつけ肩透かし
聞かれもしないことどもを
長々だらだら延々と
辻褄あうもあわぬも大坂の関
あの、これはですね、私が、私が、いわば、、
という中において、、
はぐらかし逃げ惑い
気がつけば1年前となんら変わらぬ
安倍晋三である

手は組んでそこんとこは一応「痛感手続き」のポーズだが

しかも
「初心にたちかえって」
「研鑽を積んで」
議員として職責をはたしてゆく
という結末で
見事「痛感手続き」
最後のくだりに立ち返っているのであった


挙句
来年の選挙に出馬するのだという
どこまでも人を馬鹿にした
圧倒的な傲岸不遜傍若無人極悪非道豪華絢爛疾風怒濤(、、以下省略)

ここに至って私はそれ以上何をする気にもなれず
深い孤独と絶望に沈んでいくのであったにゃ


絶望の門をくぐりりたい人は
(あるいは思い切り笑いたい人
 ーー受け止め方は人によって違うので
あまりの馬鹿馬鹿しさに絶望に駆られてしまう人もいるかもしれない
稀代の道化師の演技に笑いが止まらない人もいるかもしれないーー)

この日のこのやりとりを読まれたし


フェイスブックで見つけた小原美由紀さんの書き起こし、
ご本人も拡散を勧めておられるので
ここにコピーさせてもらうことにする:

12月25日 参議院議院運営委員会 田村智子議員&安倍晋三議員
田村智子議員
「桜を見る会前夜祭の契約主体はひとりひとりではなく、
あなたの事務所が契約主体ですね? それでよろしいですね?」
委員長
「安倍晋三くん」
安倍晋三議員
「契約主体。。ということにつきましては、当初は、この5000円で完結していたというふうに認識をしておりましたので、契約主体はですね、それぞれ参加した方々だという認識で、あった、わけです。契約は誰か、と言う認定においては、様々な考え方があるわけでございますが、今回は、ですね 検察当局の認識にしたがった、と言うことでございます。」
田村議員
「答えてない!
契約主体はあなたの事務所側である、それでよろしいですね。事実を聞いています。」
委員長
「安倍晋三くん」
安倍議員
「えー、ですから今ほど申し上げたようにですね、今回の主催は、安倍晋三後援会と言うことでですね、我々、検察側の認識と一致したわけで、ございます。」
委員長
「田村さん」
田村議員
「領収書が晋和会ですのでね。あなたの事務所側、というふうに理解いたします。
で、主要補填についてもお聴きいたします。
あなたの私費から出した、と最初は言い、それを立て替えた、と言い換えを行っています。
だれが負担すべきものを立て替えたのですか?」
委員長
「安倍晋三くん」
安倍議員
「それは安倍晋三後援会に記載すべきものであったとして、今回そのように修正をさせていただきました。
修正をするようにという指導をいただき、そのように修正をさせていただいたわけでございます。」
委員長
「田村さん」
田村議員
「報告書のことを聞いているんじゃないんです!
お金を、だれが負担すべきものをあなたが立て替えたのですか、と聴いているんです。」
委員長
「安倍晋三くん」
安倍議員
「誰が。。というご質問でございますが、、、。いわば、飲食費等につきましては5000円の会費を徴収しているわけでございますし、そして、いわば、本来、えー その不足分を今回、会場費等でございますが、を、立て替えるのをですね、私が、とりあえず、共有資金の中から これを立て替えているのでございますが、これは本来であれば、安倍晋三後援会のほうから支出するべきものであったからこそですね、政治資金報告書上、そのように修正して、計上させていただいている、と言うことではないかと思います。
委員長
「田村さん」
田村議員
「あのね、今も会場費云々言いましたけどね、公職選挙法199条の2 寄附の禁止の中でね、会場費のことについては、
『政治上の主義 または施策を普及するために行う講習会、その他の政治教育のための集会に関し、やむを得ない実費」 これ、「寄附の禁止」の限定的な例外ですよ。
宴会じゃないですか!
収支報告書、「宴会料」と書いてあるじゃないですか。
ね。しかも収支報告書の中で本来 後援会が負担すべきだったからかえた、と言っているけど、実際のお金はね、後援会の修正された報告書を見ましてもですよ、確かに不足の支払い部分のその不足分がどこからでてきたのか、まったくわからない。
結局、あなたのポケットマネーから出しているんではないですか?実態は。」
委員長
「安倍晋三くん」
安倍議員
「そうではなくて、ですね、当然 収支報告書に載せているわけですから、安倍晋三後援会から支出するのが正しいのでございまして、 いわば、立替払いしたものに関しましてはね、今回、修正するのと同時にですね、共有資金の元に、安倍晋三後援会から出してそちらに戻す、と言うことをしなければならないと こう、考えております。
なので、あくまで安倍晋三後援会が主体で、支払いを行っていく。また、会場費等の解釈については、すでに総務省からですね、見解が示されているものと承知をしております。」
委員長
「田村さん」
田村議員
「宴会料の補填がね、公職選挙法違反に含まれないなんて、あり得ないですよ! ありえないですよ!
この後援会が出していると言うけれど、そのお金がどこから出てきたかについては一切説明されていないんです。わからないんです。これは、この場での説明ではだめです。
しっかりと資料を提示いただいて、私たちにわかるように、説明していただきたい。 お約束いただけますか?」
安倍議員 質問の趣旨がわからず、問い返す
委員長
「もう一回じゃあ、質問してください。」
田村議員
「もういっかい、じゃぁ。ご理解いただけないようなので。あの、収支報告書は、確かに支出が増えています。でも、収入で増えたのは、会費の分だけなんですよ。
不足部分がどこからでてきてはらわれたのか・・・ないんですよ!
安倍晋三さんからの寄附もないんですよ。
繰越金が増えているだけ。だから、いったいどこからどうやって出てきたのか、まったくわからない。
で、もう質問時間があまりないですから、この場では無理だと思います。
私たちも、資料を見なければわかりません。わかる資料をご提示いただきたいんです。お金の動きがどうだったのかと言うことを。あらためて、提示して、改めて説明を求めたいと思うんですね。
これ、地元有権者にだれが利益供与したのか、このことが問われる問題なんですよね。
わたし、やっぱりあの、最初に戻るんですけど、昨年の11月 私は『桜を見る会とセットで地元有権者をおもてなししたのではないですか?』と聞きました。 その通りだったんですよ!
そのことを含めて、事実をぜんぶ明らかにしなければならないんですよ。
費用補填が毎年発生しているのに、なぜ会費5000円という格安の接待を続けて、宴会がやられ続けたのか。
桜を見る会の宴会に、地元有権者の参加者を『広く募った』のは、なぜなのか。
このことが明らかにされねばなりません。」



人気ブログランキング 応援クリックを!

にほんブログ村  人気投票、上下ふたつともどうかよろしく!

「説明責任を果たした」(安倍晋三)

「来年出馬して国民の信を問う」(安倍晋三)

「議員辞職なさったらいかが?」(辻元清美)

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

百十八 今年の除夜の鐘の数 [アベラ国]

やはり不起訴であった安倍。
秘書が略式起訴。

安倍のつく嘘の数だけ鐘をつき

鳴らせ今年は百十八回

今年の除夜の鐘118回に.jpg

安倍前首相の「虚偽答弁」118回 衆院調査局 桜を見る会前夜祭
毎日新聞2020年12月21日 https://mainichi.jp/articles/20201221/k00/00m/010/234000c

国会で118回も嘘 安倍前首相は「虚偽答弁のホームラン王」
日刊ゲンダイ 2020/12/23 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/283040


安倍氏「全ての発言に責任」 信頼性揺らぐ答弁振り返る
朝日新聞 2020年12月22日
https://digital.asahi.com/articles/ASNDQ5SNCND8UTFK002.html?iref=pc_rellink_01



人気ブログランキング 応援クリックを!

にほんブログ村  人気投票、上下ふたつともどうかよろしく!

『安倍は今そのリハーサルに余念ない?「痛感儀礼」「痛感手続き」』
https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2020-12-21

もうゲネプロも済ませた模様。

速報「痛感手続き」の本番が本日(24日)6時から始まります


 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

安倍は今そのリハーサルに余念ない?「痛感儀礼」「痛感手続き」 [アベラ国]

痛感 頭を下げる.jpg

さらに磨きがかかったところを披露してくれるに違いない
安倍お得意の責任「痛感儀礼」「痛感手続き」

以前ご紹介した例のやつである
「痛感」という名の病 またの名を【痛感儀礼】【痛感手続き】
https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2020-07-09


ふざけやがって

「特捜部は安倍氏本人の関与も捜査しているが
 安倍氏本人が費用の補塡や収支報告書への不記載を
 指示していた明確な証拠は得られていないといい
 刑事責任を問うのは難しいと判断している模様だ」

モリカケと同じだ。

「私から指示を受け取った者はいない」

こう言って開き直って逃げるのだ

すべて秘書と話し合った上でのことと思うが
指示は口頭で与えて
ホテルへの支払いの補填
そして国会での虚偽答弁

秘書には全て私の判断でやりましたと
全てをかぶらせるのだな。

あとは神妙な顔でうなだれて「痛感手続き」:

唇を噛み締め
「責任はもとよりこの秘書を秘書としてきた私にございます」
「私の監督不行き届きでございます」
「責任を痛感しております」
(深々と頭を下げる)
というお得意の
<痛感手続き>

これで
ちゃんちゃん
はいおしまい。

国民は一体いつまでこんな茶番に騙され続けたら気が済むのだ

これまでも数々の問題で、、
小渕、松島、西川、甘利、今村、
稲田、江崎、桜田、菅原、河井、、
加計、森友に桜見る会、黒川弘務、、

幾度となくこの「手続き」を踏んできた
責任を「痛感する」とは言うが
責任を取るつもりは毛頭ない

もはや「痛感道」と呼べる域にまで達しているはず

その基本的な所作をおさらいするとこうだ

神妙な面持ちでうなだれ
カメラの前にじっと立つ


両手を前で組んで誠実さと謙虚さを演出

深々と頭を下げ深い反省の念をにじませる

苦痛にあえぐかのように
ひと言ひと言区切りながら
ゆっくりと言葉を絞り出す

ときどき無念さを精一杯漂わせて唇を噛み締める

目を閉じて
いやます絶望感

そこここに「いささかも」とか「もとより」とか
時代がかった大仰な言葉遣い



人気ブログランキング 応援クリックを!

にほんブログ村  人気投票、上下ふたつともどうかよろしく!



ひょっとしてこの大臣も痛感道の
門を叩いているのか
と思えるふしがある

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

「大物でない」河井に1億5千万円? どう使ったか「関知せず」?? [アベラ国]

河井安倍溝手.jpg身内の溝手に刺客あんり

自民党の二階俊博幹事は先に河井夫妻のことを
「大物ではない」と言っていた。
大物でないので逮捕されてもさして影響ないと
強がりを言ったのだ。
しかし

大物でもないやつらになんで1億五千万円も渡してるんだ?!

おかしいだろ!

下手なことを言うから、どんどん追い込まれる。
隠そうとしているウソがいよいよ丸見えになる。

「金の使い道、知らん」



ほんでもって

その金を河井らがどう使ったか
関知してませんって
いよいよもって
私嘘ついてますって白状してるようなもんだ

しかも最初は
公認会計士がひとつひとつ厳しくチェックしてる
ちゅう話だった

それが、 使途は党 承知せず

って、よほどの大物だ
やはり安倍総理が直接関与してなきゃありえんだろ




河井は「大物ではない」。大物でもないやつに1億五千万円渡して、
それを「どう使ったか関知しない」??

嘘はもっとうまくつくもんだ。

←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!

これで尻尾を切り捨てて
捜査が党本部や首相官邸に及ぶのを防いでる
つもりかもしれんが

これほどの額なら二階か
安倍が出せといった金だと
あの男が証言している。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

安倍晋三も公職選挙法違反~河井さ余って1億5千万円! [アベラ国]




河井さ余って1億5千万円
溝手の憎さ余って安倍晋三事務所から職員4名

「河井あんり、河井あんり、河井あんりをどーか、
 どーか、皆さん、どーか、よろしく!!
 あんり、あんり、可愛いあんり!」

という中において
広島の選挙は
いわばまさに「総理案件」

1億5千万の拠出を決めたのはきっと安倍晋三
その使い道もまずは承知の上

という中において
安倍晋三もまさにまさに
公職選挙法違反なんだろうと
思うわけでごじゃます

河井案理をよろしく.jpg

政権、異例の肩入れが裏目に 河井事件の背後に「官邸VS検察」
東京新聞 https://www.tokyo-np.co.jp/article/36469



「国会審議は国会でお決めいただくことであり、私自身、
国会に求められれば出席し、説明することは当然のことだと考えている」

と、呼ばれないと知ってのいつもの決まり文句。
どうせ自民・森山国会対策委員長が拒否する。

安倍事務所から秘書を派遣したことや、
自民党本部から1億5千万円振り込まれたことについて、
国会で詳しく説明する考えはあるのかと聞かれのこと。

たとえ呼ばれたところで、個別の案件については、だの、
取り調べ中のことであり、だの、仮定の質問には、だの、
と言って、答えは差し控えたい、とくるはずだ。
そうでなくとも、はぐらかして、
いずれにしても聞いたことには答えない。

幾重にも人を欺く、恐るべき人間だ。

そして多くの日本人が、そのことを知らずにいる。


「安倍晋三事務所から来た」
秘書と40~50カ所訪問…″案里応援″は首相の指示
茶菓代30万円


安倍事務所も捜査か?安倍も逮捕か?
いよいよ注目はそこかと思いきやNHKのニュースは
安倍が終日自宅で過ごし、前日は久方ぶりの会食、
フランス料理を麻生や菅や甘利と堪能したと、
「安倍総理大臣」を連呼。宣伝機関か?
このアベチャンネルの薄気味悪さは何だ?



総理の「責任痛感」にしても笑わせるわい。
痛感してれば総辞職してるっつーの!

菅は党に丸投げ。安倍をかばって二階に押し付け?

安倍のさしがねであることは明々白々。
第1次政権が終わると広島選出の溝手顕正より
安倍の責任を問う厳しい批判。
自分のことを「過去の人」と言われてカチンときた安倍だ。

おのれ、溝手、刺客をつかわしてやろうぞ!
と送り込んだのが河井案里なのだから。

安倍が何のつもりで「責任」と言ったのかは知らぬが
1億5千万円もの金。一体何に使えば使い切る?
買収に使うことを知ってのことだろうし
その決定を下したのが安倍となれば
公職選挙法で買収の罪が問われる

検察がそこまでちゃんと踏み込めるかどうか
いよいよ注目だ



週刊ポストから:

「麻生副総理は1回目の会談で第二次安倍内閣発足から
これまで8年分の内閣支持率や自民党支持率を分析した資料を持ってきて、
内閣改造や解散時期、後継者問題について話し込んだようです。
総理は資料を持ち帰り、2回目は総理から麻生さんを呼んで
何らかの決意を伝えたフシがある」(官邸筋)

 新型コロナ対策への不満や黒川問題で内閣支持率は
20%台(朝日、毎日)へと急落、
「政権寄り」と見られている産経・FNNの合同世論調査でも
「支持率36.4%、不支持率52.5%」(6月1日付)
と不支持が支持を20ポイント近く上回った。

 麻生氏が危機感を強めているのは支持率急落だけではない。
自民党内で「安倍はもう終わり」と見限る動きが急速に進んでいることだ。

 実力者の二階俊博・幹事長が真っ先に掌を返した。
二階氏はつい最近まで「安倍4選」論をぶっていたが、
いまや4選を尋ねられても、
「私のほうから『総理いかがでございましょうか』
と伺いを立てに行くようなものじゃない」
と突き放す言い方に変わった。

 しかも、安倍―麻生の2回の会談の間にあたる6月8日には、
次期総裁候補の1人で“安倍首相が最も後継総理にしたくない人物”
とされる石破茂・元幹事長と会談して石破派パーティでの講演を引き受けると、
「高みを目指していただきたい期待の星」と持ち上げた。二階派議員がいう。

「安倍側近が『石破派パーティに出ないでほしい』と何度も言ってきたが、
二階さんは『幹事長が自民党の派閥パーティで話をして何が悪い』
ときっぱり断わった」

 菅義偉・官房長官も首相と「官邸内別居状態」と言われ、
「信頼関係が完全に崩れ、菅さんはいつ
辞任するかのタイミングを考えている」(側近)
と見られている。

進むも地獄、留まるも地獄

 政権を支えてきた二階氏、菅氏が“
泥舟政権”から逃げ出す準備をはじめ、
いまや安倍首相の周りを取り巻いているのは
イエスマンの官僚ばかり。
本当に腹を割って話ができるのは
盟友の麻生氏しか残っていない。

(週刊ポスト2020年7月3日号より抜粋)



←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!

河井容疑者夫妻の「逮捕は遺憾、任命責任を痛感」
と安倍首相、、、
だから、痛感してれば内閣総辞職してるっつーの!

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

テキサスでアパート借りて電通と 当たり前田のズブズブ癒着 [アベラ国]

 

『あなたが韓流に夢中のころやつらは還流に夢中だった』の続きです。

今回の主役は当たり前田の中小企業庁長官

クラッカーはもう古い 

いや、昔そういう宣伝があったのです
あたり前田のクラッカー

あたり前田のクラッカー.jpg

ほんでもって、日常の会話でも
「当たり前だよ!」
なんて言うような時に
「当たり前田のクラッカー!」
と言ったわけです。

しかし、これはいかにももう古い。
「オーケー」と言うべきときにいちいち
「オーケー牧場!」て言うガッツ石松ほどではないにしても。
え?もう誰も知らない?。。

時代は進んだ。
今は、あたり前田のたまたま〜〜
だ。

例の持続化給付金事業
政府でそれを担当するのが:前田康宏・中小企業庁長官
その委託先が:平川健司ビジネスデザイン推進協議会理事(元電通)

ほう元電通? いや、だから、それは「たまたま」だと言うんです

2017年、前田長官は米テキサス州オースティンに視察旅行。
借りていたアパートの1室「前田ハウス」で連日のパーティー100人規模。

前田長官は平川理事と「前田ハウス」でたまたま「接触」。

蓮舫「平川推進協議会理事と交流はありますか?」
前田「面識はございます」

蓮舫「どの程度の関係か?」
前田「そんなに親しい方ではない」

蓮舫たまたま平川さんと、ホテルのコーヒーバーで会って、
   たまたまパーティーで会って、
   偶然だという説明に、国民は納得しますか?」
前田「事実は事実でございます」

前田長官は、事業の受注とは関係ないと主張。

菅官房長官「何ら問題はない」(記者会見)

記者「ご自身の責任は?」
前田「特段何も」


クラッカーはもう古い

そういえばあれもこれもいろんなことがすべて「たまたま」ということだったな。





それにしても
またまた
いけしゃあしゃあとした男が出てきたものだ
記憶にございません
あたり前田のいけしゃあしゃあ
てか


あたり前田の記憶なし


こう言っとけばいいわけよ
安倍政権では


恥も外聞もない
こう言ってれば問題ない


あたり前田の割り勘よ


あたり前田のはらったー


実のところは要するに


あたり前田の記憶なし!
あたり前田のずぶずぶー!
クラッカーはもう古い

←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

「報道機関」の世論調査まで捏造って国になっちまってる [アベラ国]

世論調査で架空データ入力 過去14回、フジと産経新聞
2020/6/19 - 共同通信 https://this.kiji.is/646549541606425697 


かりにも「報道機関」だよ
しかし安倍に近いところはそうなるわな
アベノマネス
世論調査まで捏造、改竄、、

政府が決済文書から議事録からGNPから賃金から
改竄、捏造、削除、隠蔽、、
嘘にごまかし、言い逃れ、、
鯛も日本も
頭から腐りつつある

政府という頭はすでにもう腐り切っているし

コロナ騒ぎで全く注目されていないが
経産省でも
原発でもとんでもないデータの改竄
あったばかり、、
再稼働に関係する極めて重要なものを80箇所も、、
原電、資料書き換え80カ所 原本から不自然な削除 敦賀原発
朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/DA3S14502034.html

フジと産経の世論調査、14回で架空回答 記事取り消し
朝日新聞 https://digital.asahi.com/articles/ASN6M41QPN6MUTIL00R.html

「この社員は電話していないにもかかわらず、
「電話をした」として架空のアンケート結果を入力していたという。
不正入力は14回の調査のすべてのサンプル数のうち、約17%分あったという」

日刊ゲンダイ https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/274873

不正は、2019年5月から20年5月までの14回の調査で。

フジも産経も「この世論調査結果に基づく放送と記事をすべて取り消した」
とあるが、取り消し、
あたり前田のクラッカー。
取り消せば済むという問題ではない。

「世論調査は、全国の18歳以上の男女約1千人を対象に行っており、
不正は各回で100件以上、14回分で計約2500件に上るという」

千人を対象にした世論調査で毎回100件以上。年に14回。
それだけの数やられたんじゃかなわない。
日刊ゲンダイによると「約17%分」

調査結果に大きく影響する、、、

徹底的に調査すべきだ。下手したら、廃刊ではないのか!

どこからか指示が出されていたのか?
現場が忖度したのか?
などなど、徹底的に調べてほしいものだ。

フジテレビは「委託先からの不正なデータをチェックできず、
誤った情報を放送してしまった責任を痛感しています。
今後調査・検証を行い、しかるべき処置を行います」

産経新聞は「報道機関の重要な役割である世論調査の報道で、
読者の皆様に誤った情報をお届けしたことを深くおわび申し上げます」

ん?どっかで聞いたようなセリフ、と思ったら、
きのうの安倍総理の会見だ。

河合容疑者夫妻の逮捕に

「我が党所属であった現職国会議員が逮捕されたことについては、
大変遺憾であります。かつて法務大臣に任命した者として、
その責任を痛感しております。国民の皆様に深くお詫び申し上げます」

「我が党所属であった現職の国会議員が逮捕されたことは、
大変遺憾であります。正に、国民の皆様の厳しいまなざしを
しっかりと受け止め、我々全ての国会議員が改めて自ら襟を
正さなければならないと考えておりますし、
選挙は民主主義の基本でありますから、そこに疑いの目が注がれることは
あってはならないと考えております。自民党総裁として、
自民党においてより一層、襟を正し、そして、
国民に対する説明責任も果たしていかなければならないと、こう考えています」

令和2年6月18日 安倍内閣総理大臣記者会見
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2020/0618kaiken.html

河井前法相らの逮捕は遺憾、責任を痛感=安倍首相
2020年6月18日 朝日新聞
http://www.asahi.com/international/reuters/CRWKBN23P1FE.html

安倍首相会見も…「大変遺憾」全く同じセリフ繰り返す
2020年6月18日日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202006180000869.html

内閣支持率202006.jpeg

←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!

折しもアメリカではテイラー国務次官補が
「良心の求めに従い」辞任

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

かたりとたかり 悪党政治に終止符を さもなくば我々が終わる [アベラ国]

大嘘のまかり通る政治 終わりにしよう さもなくば我々が終わる

いよいよ逮捕へ河井夫妻


まもなく逮捕へ……河井克行・案里夫妻の“買収問題” 
東京地検特捜部は全貌を解明できるか:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/bunshun?id=38438

連座制で案里氏失職の可能性濃厚
https://news.yahoo.co.jp/articles/269120e20f1fb6002dafb53946197148a22e08e4

河井大物ではない 二階.jpg

河井夫妻は大物ではない、影響はないと二階幹事長だが

「大物」でもないのなら、なにゆえ1億5千万円という
相場の10倍もの金を注ぎ込んだ?!

誰の指示だ?!

徹底追及すべきということだ

一時は「幹事長か総理にしか動かせない金額」(下村博文)
と言っていたのに

その話は以後メディアもさっぱり報じない

「影響及ぼす大物ではない」河井夫妻について自民 二階幹事長
NHKニュース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200616/k10012472441000.html


安倍の一声で決まっていたに違いない
自民党本部からの異例の支援1億五千万円。
自分を「過去の人」と批判した
同じ広島の選挙区の溝手顕正が憎たらしいばっかりに。

捜査は自民党本部や安倍晋三にまで及ばないことには話にならない。

溝手への憎さあまって河井さ10倍 〜違法資金の晋犯人 
https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2020-01-24

河井案里は安倍が自分に刃向かった溝手顕正に差し向けた刺客だった
https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2020-01-17

♪ やさあ、案理、ひさしぶりだなあ!
https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2020-01-18

河井さあまって1億5千万 杉田るは及ばざるが如し
河井夫妻も安倍ももはやこれまでか
https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2020-01-23


財務省で公文書化の書き換えをさせられたことを苦に自殺した赤木さん
再調査を求める署名35万筆を妻が集めて提出も
「再調査はしない」と麻生太郎。


「財務省として調査を徹底してやらせて頂き、
その結果として関与した職員は厳正な処分をした」(麻生太郎)

あれのどこが「徹底して」だ。
徹底して手を抜いた内輪の調査だったくせして。

総理に忖度したかどうかも聞いていないくせして、
忖度はなかったと結論。

「改竄はどんな組織にもある」「悪質なものではなかった」

などとのたまうお前が悪質なのだよ。

なにが「厳正な処分をした」だ。みんな大栄転してるじゃないか。

再調査について「今の段階で考えているわけではない」

そんなこと言える立場かてめーこそ調査さるべき悪党のくせ


森友問題の再調査、麻生氏が否定 35万筆の署名受けて
https://digital.asahi.com/articles/ASN6J4FQ5N6JULFA00K.html

おかしゅーてヘソが茶沸かすアソーかな

身内による調査が行われた2018年の発言:


そもそも改竄というのは本来的に悪質なものだ。
財務省の公文書改竄は、安倍夫妻の関わりがなかったことにしてしまう
極めて悪質なものだった。

「どんな組織でも改竄」。。。


最初は改竄ではなく「書き換え」と言い張り
NHKなども「書き換え」と言っていた。
総理の関わりの痕跡を削除しまくった。

←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!

何を急ぐ?
逃げの一手。幕引きを急いでるのだ。
緊急事態、国難のはずが、国会の会期を閉じてしまった。

持続化給付金の委託問題、「強盗」キャンペーンの事務委託問題、
補正予算の予備費10兆円の使い道は不明のまま、
ま、野党にせっつかれて半分の5兆円はザックリ大まかな形ながら
使途を決めるにはきめた。
(5兆円は使途を明示:東京新聞 https://www.tokyo-np.co.jp/article/33594) 
(1)雇用調整助成金など雇用維持や生活支援(1兆円程度)
(2)持続化給付金や家賃支援給付金など事業継続(2兆円程度)
(3)地方向けの医療・介護の交付金など医療提供体制の強化(2兆円程度)

そもそも予備費は普通だと予算100兆円のうちの5,000億円だから
 0.5%くらい。それが10兆円もあるんだから
20年分が一気に来た勘定だ。
残りの半分5兆円は用途がまだ不明のままだが、
どうせ金権政治満開
与党の選挙対策で文字通り大盤振る舞いのバラマキになるんだ!
使い道を細かく規定されないうちにそそくさと閉会
税金の横領、持ち逃げもいいところ
その使い道も不明なら
黒川弘務の処分とか森友再調査、桜を見る会、、
多くの大問題が未解決のまま。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

あなたが韓流に夢中のころやつらは還流に夢中だった [アベラ国]

韓流.jpg

これはしんぶん「赤旗」

持続化給付金。
新型コロナで苦しむ中小の業者、個人事業者、フリーランスを支援しようと始まった。
しかしこれがなかなか、必要としている人のもとに届かない。

それは「幽霊法人」=「サービスデザイン推進協議会」をトンネルに
広告代理店の電通(昭恵夫人がかつて社員だった)に再委託。

その長い再委託、再々委託、再再々委託、、を経るし金も減る、、
何度も中抜きで甘い汁を吸われ、たかられ、食い物にされ、、

電通からは
自民党山口県第4選挙区支部(支部長は安倍晋三)に献金。

国民政治協会(自民党の政治資金団体)にも献金。

「幽霊」だけあって、サービスデザイン推進協議会、
取材の日にこそ人はいたが
翌日行ってみると誰もいなかったり、、
書類などがあまり見当たらなかったり、、

社員の説明によると「ペーパーレス化」を進め、
書類の多くはクラウドに上がっているのだとか、
ほんとかね。

電通からは事業をさらに電通関連会社に再委託、さらにそこから再々委託。
竹中平蔵のパソナも受注ことは先日書いた通りだが
『たまには安倍を擁護させてくれ!』
最終的に受注する外注先の一つがテー・オー・ダブリュー社。
そして一時そこの顧問をしていたのが、ななんと
長谷川栄一=元々は経産省の官僚だが
今の首相補佐官なのである!




長谷川栄一は総理官邸に救う5人衆のうち
これまでこのブログで取り上げていなかった男。
(他の今井尚哉、北村滋、和泉洋人、佐伯耕三はすでにに何度も登場)



給付金の流れは絶えずして
しかも、元は我々の税金「国民から吸い上げたもの」(安倍晋三)
かつ、お友達らを潤し
かつ、自民党政治家に還流し
久しくとどまりたるためしなし。

暗渠のようなトンネルを潜り抜け
淀みに浮かぶ税金は
そこに潜む幽霊のような実態のない法人によって「中抜き」され
かつ優遇企業を潤し、かつお友達らを潤し
それはやがて献金となって安倍や政府自民党に還流する

税金とはアベラにとって
国民から吸い上げ
トンネルに流してお友達らを潤し
やがて自分らに還流するもの

そのトンネルも幽霊も委託先の優遇企業も外注先も
みなアベラ共同体を構成している

その外注先の企業の一つ「テー・オー・ダブリュー」
の顧問だった長谷川栄一は今の首相補佐官
元は経産官僚で中小企業庁朝刊だった男である

官邸、経産省、電通、自民、アベラ、
みんなつるんで税金にたかり
国の制度や施策を食い物にしているのだ

なんとジューシーなスキーム!
てか
巨悪である
犯罪スキームである

安倍や官邸や電通や関連団体は国を食い物にしている
国民の背中にへばりついて
生き血を吸う
吸血鬼
早く振りほどかねば
みな倒れる

100年に一度の腐敗と欺瞞と無能
安倍政権は総辞職すべし

電通や経産省や自民党は解体すべし

TBS News23 給付金事業“丸投げ”法人のナゾ
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4001110.htm





自民は電通から巨額献金 安倍首相ら“重鎮”政党支部に寄付
日刊ゲンダイ https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/274269

キャッシュレスポイント還元も電通に 再委託316億円
朝日新聞 https://digital.asahi.com/sp/articles/ASN6655D0N65ULFA03L.html

アベラお得意の記録はございません、記憶にございません、口頭決算です?!
給付金業務の受託団体、一度も決算公告せず 設立時から
朝日新聞 https://digital.asahi.com/articles/ASN636523N63ULFA01W.html

給付金事業 電通7社に154億円 パソナへの外注費は明かさず
東京新聞 https://www.tokyo-np.co.jp/article/33741



←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!

なぜ入札額が黒塗りにされている?
それがバレたらなぜまずいか?

インチキ入札だったことがバレるからに決まっている。

入札は出来レースだったのだ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

待てばカイロの日和あり?~かえって怪しい?カイロ大声明 [アベラ国]

カイロ大学が声明 待てばカイロの日和あり.jpg

待てばカイロの日和あり?

小池都知事は「1976年に卒業」 カイロ大学が声明 
2020/06/09 テレビ朝日
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000185849.html

「小池氏が1976年に卒業したことを証明する」

日本の一部メディアがカイロ大学の卒業証書の信憑性に
疑問を呈していることについては

「カイロ大学及びカイロ大学の卒業生への名誉毀損であり、
看過することができない」

として対応策を検討しているのだそうだ。



それに対して前知事さんたちがそろってツイート。
かえって怪しくなっただけ、とのこと。








カイロ大学を首席で卒業。確かにありえない話だ。

石井妙子氏の新著読むまでもなく。https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2020-06-05
『学歴アラート発令中 小池都知事は辞任か不出馬でアウフヘーベンしよう』のら猫寛兵衛
アラビア語はとても難しい。ちっとやそっとのことでは習得できない。
アメリカ人の先生は、世界の主要な言語の中で
習得に一番時間がかかるだろうと言っていた。
アラビア語を勉強したい?やめとけ、時間の無駄だよ、と。

それを小池女史がいきなりエジプト一の名門大学に入って
首席で卒業なら、よほどの天才的な頭脳の持ち主のはず。
あんな日本語のなかにカタカナで英語を混ぜこぜにして話すような
粗雑な頭脳の人が、そんなん、ありえませんて。

小池と舛添
かつては熱愛関係だったそうだが。






1人しかいない課程だったので「首席」?
でもそれだと「ビリ」ということでもある?

←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!

なんて言ってると、またまたそこへ新たな疑惑

小池百合子都知事の同居男性 都の業務委託企業トップと不動産取引
文春オンライン https://bunshun.jp/articles/-/38326



 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

たまには安倍を擁護させてくれ! [アベラ国]

たまには、安倍総理を擁護させてくれ!
安倍総理は、安倍総理は、
間違えてなんかいない!
正しく読んだんだ!


Go to なんちゃら

私は最初から反対していた

「変な英語」だけは勘弁してくれ
恥ずかしくないのか?

Go to なんちゃらキャンペーンだなんて、と。

Go to Travel クーポンに Go to Eat クーポン、、、

「食うポン」と「行くポン」でどーだ、アホポン!



しかし「強盗」と読むなら、正しいよ。
そのものずばりじゃないか。

安倍政権というのは国民にたかる政権、
国民を食い物にし、国民の生き血を吸う政権
ということだ。


国が「中抜き」されている

デンツーでござる!.jpg
デンツー!デンツーでござる!


ピンからピン

黒川の点ピン麻雀も束の間こんどは給付金のピンハネ
あいかわらずピンピンしてるアベラである

「中抜き」

ここにきて新しく耳にし出したことば「中抜き」

トンネル、幽霊法人、ペーパーカンパニー、
委託、再委託、再々委託、
丸投げ、ピンハネ、中抜き、
たかる、食い物にする、山分け、
電通、パソナ、竹中平蔵、、

政府の持続化給付金。新型コロナで苦しむ中小の業者、
個人事業者、フリーランスを支援しようと始まった。
元は我々国民が納めた税金だ。

しかしそれを実態のない「幽霊」のような一般社団法人
「サービスデザイン推進協議会」に769億円で受注させ、
それを「トンネル」にして、広告代理店の電通
749億円で再委託。
電通からはさらにパソナなどに再々委託という外注。

その間、巨額の税金が仲間内によって「中抜き」にされるのだ。


また、電通からは自民党山口県第4選挙区支部
(支部長は安倍晋三)に献金。
国民政治協会(自民党の政治資金団体)にも献金。
金が還流しているのだ。

「サービスデザイン推進協議会」
授業員わずか21名、全員が電通など構成企業からの出向。
電話番号もわからず、事務所には連絡がつかない。
2016年の設立以来、決済公告、一切なし。
まさに幽霊。違法団体だ。



給付金事業 電通7社に154億円 パソナへの外注費は明かさず
東京新聞 https://www.tokyo-np.co.jp/article/33741



この新型コロナ禍のさなかにあって彼らは国を食い物にしている

アベラとは結局
経産相から幽霊、トンネルを通じて
電通、パソナ、竹中平蔵、、自民党、、
みんなつるんで
国をとことん食い物にするシステム
ということではないのか

そのへんをこのたび改めて痛く感じる
再痛く、再々痛く感じる次第である

持続化給付金だけではない
Go to キャンペーンも同じ手口だというのだ
ほかにもいろいろ、、なんちゃら推進協議会だのなんだの
幽霊やらトンネルやらを通して中抜き、、、

キャッシュレスポイント還元も電通に 再委託316億円
朝日新聞 https://digital.asahi.com/sp/articles/ASN6655D0N65ULFA03L.html

そして記録もなくて
しゃあしゃあと証拠隠滅して
ぬけぬけと「問題ない」「責任取ればいいと言うものではありません」
「適切に行なっています」「調査しません」
などといった当事者の自己判定がまかり通る
巨大な犯罪集団になってしまっているではないか
こいつらみんなで

巨悪だ
で〜〜んぶ通じて
デンツーというくらいや
日本最大手の広告代理店、電通。戦前は満洲の国策会社。
今は政府自民党の情報機関みたいなものではないのか。
メディアへの影響力絶大。
電通のことはニュースでもなかなか取り上げられない。
学者の詳しい研究などもないのでは?
一種のタブーだ。
今回は共産党の「赤旗」が報じた。東京新聞ががんばっている。

「給付金」委託費 電通、パソナなど法人設立3社で分け合う
東京新聞 2020年6月2日
https://www.tokyo-np.co.jp/article_photo/list?article_id=32684

サービスデザイン推進協議会の笹原英一代表理事には
安倍昭恵夫人(大学卒業資格がないのに修士号を取得の疑惑)を
立教の大学院で指導していた可能性があるという ↓

「持続化給付金」以外にも多くの政府・補助金事業を受け、
安倍政権の情報戦略を一手に担っている電通の闇は戦前にさか上る
シャンティ・フーラ https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=241550

 ←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!

デンツー!

https://news.yahoo.co.jp/articles/af6db6a6e2b77e91ca6f3a3bdb5e4a9e29ff789e
持続化給付金問題 電通へ20億円「幽霊法人」の噴飯実態(FRIDAY)




 
そして結局またおまえか
Go to 利権でもチラついてるパソナのヘイゾー

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

アベノマスク 世界デビューを逃す [アベラ国]

「受給改善に非常に効果」(菅義偉官房長官)。。。

日本はいちおう言論の自由が認められているのであり
官房長官も誹謗中傷などは別として、いちおう何を言ってもいいだろうが、
主張には根拠がなければならない。それがこの菅長官、具体的な根拠を掲げたためしがない、
と言っていいくらい、主張がいつも独断的である。

もし私が直接長官にこんなことを言おうものなら、「問題ない」「批判は当たらない」
「それに尽きる」「それ以上でもそれ以下でもない」などといつもの決まり文句で
ばっさり斬り捨てられるだけだろう。

そんなにアベノマスクがすごいと言うのなら自分でも着用したらどうなのだ。

受給が改善し価格が低下しているのはアベノマスクのおかげというより、記事にもあるように
「店頭での品薄改善は、増産・輸入増による供給量の増加、再利用可能な市販マスクや
手作りマスクの普及、外出自粛による需要減少などの複合的要因による」ものだろう。
それ以上、何とも言えないが。

しかし、アベノマスクが「受給関係に非常に効果」というのがとんでもない嘘っぱち
だというのは、街中でも国会でも、アベノマスクをしている人が、まずほとんど皆無である
ということをもってしても明白だろう。際立つ例外はもちろん名前の由来主、安倍総理
であり、国会でもいつもほぼひとり御着用のようだが
(それでもいつかは審議が終わると同時にマスクを外してポケットへという姿を
 インターネットTVが捉えていた)。

ほとんど誰もほしがらない、付けたがらないマスクが配布され始めたからと言って
何の影響があろう。(まだ大半の国民のもとには届いていない)。
「非常に効果あり」と言う菅官房長官自身、不織布製のマスクをしておいでではないか。
アベノマスクより大きく、ウイルスの通過を食い止められる(誰も議論しないようだが
ここが重要)不織布製のマスク。

アベノマスクが「非常に効果あり」というのなら、総理だけでなく、官房長官を始め
内閣そろって、あるいは政府自民党全員で、アベノマスクを着用したらいいのだ。



アベノマスクに466億円
しかし街でも国会でも
安倍以外にアベノマスクしている人をみかけない、、、
大半の世帯にまだ届いていない、、、
首相が発表したのは4月1日
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/202004/1corona.html
「一住所あたり2枚」
「速やかに取り組んでまいります」「全力を挙げて取り組んでまいります」
華々しくぶち上げたものの
4月馬鹿という日が悪かったのか
不思議なマスクではある
6月になったというのに
大半の世帯にまだ届いていない、、、
安倍以外にアベノマスクしている人をみかけない、、、
虫も混入しているがマスク自体ものすごい金食い虫である
製造、配布、返品、検品、、

汚れや異物混入で返品が相次ぎ
検品に8億円

菅官房長官 アベノマスクで「需給改善に非常に効果」 配布継続の方針
毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20200520/k00/00m/010/153000c


もうこんなもんいらん
税金の無駄遣いだからやめてくれ
という声すら上がっても
始まったものはやめられない

とんでもない失態だったと認めることになるのだから
効果抜群と嘘をつき続け配布し続けるしかない



安倍氏の大好きな四文字熟語を使えば、前代未聞、空前絶後

汚れに染みに
ゴミや虫
洗うと縮む
なんともチンケなマスクよ

ところがそれに感謝せよ
と言う安倍支持者がいるというから
この国の崩れ具合はもはや救いようがない

水際の不手際 61.jpeg

そのアホさ加減を世界に花々しく喧伝する絶好の機会だったのに
G7は延期となった

ワシントンに乗り込むにしても
言い出しっぺ安倍総理がアベノマスク以外のマスクを着用するわけにはいかなかったはず

残念だった
世界から嘲笑され
それを知った安倍支持者らが目を覚まし
反安倍に転じて
国を滅ぼす道を引き返せたかもしれなかったというのに
返す返すも残念である

黒川問題や桜を見る会問題、持続化給付金やアベノマスクの闇、河井全法相の逮捕?
アベにしてみればそんな窮地を逃れるには格好のG7アメリカ開催であったはずだが
あえなく延期となったのだった。

首相の自主隔離も検討したのに…G7延期に「びっくり」:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASN50675LN50UTFK004.html

(まんが)


独メルケル首相、G7出席辞退か https://this.kiji.is/639285309187114081


 ←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!

しかし、これくらいですまされないのが安部政権。
「第二のアベノマスク」も控えているではないかいな。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

24時間警護がビジネス価値を高めてる?大臣邸の民泊や賃貸? [アベラ国]

加藤邸は民泊が大臣警護の恩恵に.png

加藤大臣の大邸宅で義姉が民泊ビジネスかとー
女性セブン2020年6月11日号が報じている。


外国人利用者に、治安の安心が魅力のようだという。

これはおかしい。あってはならないことではないのか?
税金で24時間警備に当たっているのは加藤大臣のためのはずだ。
ところがそれが人気で義姉の民泊ビジネスが流行っているとしたら。。

記事は、「とりわけ宿泊者の目を引いているのは、「ポリスボックス」の存在だ」
とし、利用者の言葉(インターネットで投稿?)を紹介している。
いわく:

「屋外に24時間体制で警察がいる点が好ましい」

「入り口には、交番が設置されている」。

そしてこう結んでいる:

「ポリスボックスとは、皇室関係者や国務大臣など要人の自宅に設置される電
話ボックスのようなスペースで、警察官が常時警護にあたっている。
警察が常に出入口を見張ってくれる民泊は、ここだけであろう。


 ちなみに加藤大臣は加藤六月元農水相の娘婿で、いわゆる“マスオさん”。
民泊経営は妻の親族が行っており、売り上げが加藤大臣に入ることはないという。」

加藤勝信厚労相、自宅が人気民泊に 1泊2万7000円から 5/29(金) https://news.yahoo.co.jp/articles/be9210064797e68e5eabe0bb08ace688f9b71595

←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!

そういえば麻生太郎財務大臣の屋敷でも同じように税金で一日じゅう警備
が行われているが、入り口のところにある家は貸家になっていて
外国人が住んでいる模様(写真の右側の家、奥が麻生邸)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

自己ってる人たち 〜水際の不手際 59 [アベラ国]

水際の不手際 59.jpg

安倍総理、コロナ対策が「日本モデル」とか言って自画自賛ですが、
症状を訴えても検査を断られる例が今も後を断ちません。
日本の人口当たりの死者数は中国や韓国をも上回ります
(アジア・オセアニアではフィリピンに次いで2位)。
『日本が最下位を分野別でもほぼ独占! 23カ国・地域のコロナ対応評価』
 https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2020-05-09

「日本ならではのやり方で、わずか1か月半で、今回の流行をほぼ
収束させることができました。正に、日本モデルの力」

「日本の感染症への対応は、世界において卓越した模範である」

「希望は見えてきた。出口は視野に」

「これまでの私たちの取組は確実に成果を挙げており、世界の期待と注目を集めています」

5月25日総理記者会見)

対策の不備、質問や追及は嘘ではぐらかし隠蔽し記録も残さず、G7への逃亡すら画策、
コロナ禍のさなか、考えていることは自己宣伝やら利益誘導やら幽霊会社やら
火事場泥棒的立法という安倍政権。年金支給年齢引き上げ、種苗法、憲法改正議論、
検察官の定年だの、人事だのは自身の不起訴不逮捕延命工作。
あいも変わらず嘘また嘘をつき進み、というか
いよいよ厚かしさを増す一方の嘘の道を
ひたすら邁進あるのみである。



小池百合子東京都知事はというと、やたらメディアに露出しては選挙運動まがいの
コロナ対策宣伝。東京アラートだのウイズ・コロナのステイ・ホームの
ダイバシティのレガシーのと、こちらはあいも変わらずカタカナずくしの
英語かぶれのくせして極右の差別主義者にして核武装論者のくせしてその本性を隠してる。
が、その仮面を剥ぐような本も出たばかり。
『女帝 小池百合子』 https://bunshun.jp/articles/-/38043

韜晦の小池の嘘の知らすなにわれ泣きぬれて本とたはむる


「勉強しないでも平気なの?」カイロ時代の小池百合子に同居人が覚えた違和感
『女帝 小池百合子』より 石井 妙子 https://bunshun.jp/articles/-/38043

かと思えば法相は、これまで兆候を指摘されていた人格崩壊がいよいよか。
法務省幹部に訓示して「自らの身の律し方を考えてほしい」とのたまう森まさか。

「公平性を確保する意義や、民間業者やマスコミとの適切な対応のあり方などを改めて考えてほしい」
「法をつかさどり、社会正義の実現を旨とする法務省には、高い倫理観と順法精神が求められる」

https://digital.asahi.com/articles/ASN5Y5V3SN5YUTIL02G.html

この腐り切った政権の閣僚が「身の律し方」だの「公平性」だの「民間業者やマスコミとの
適切な対応のあり方」だの「社会正義」だの「高い倫理観と遵法精神」だのと言って
人に説教するとは主客転倒、悪い冗談としか言いようがない。

それを言うならまさにいわばいわゆるてめーの親分にこそ言って欲しいもの。

専制、専制、それはせん~せい~♪ 森まさこ

←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!

安倍政権もいよいよ

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

誰も反対しないことに便乗して、、支持率よ舞い上がれ!の曲芸飛行ならず [アベラ国]



雲がどんより垂れ込めた
いかにも憂鬱な日曜日の昼下がり
とぼとぼと渋谷の街まで出歩いた。
途中、飯屋が開いていた。
人出も前よりは増えている。

鍋島公園ではキャンディーズの宣伝かいな。撮影してた。
この間、20分?気がついただけで旅客機がゴーッと確か3機、
上空を通過して行った。
世界でいちばん危険な着陸と操縦士らも反対しているらしい。
何でも角度が急すぎる。ほんのわずかな差だけど。

羽田新ルート「世界一着陸難しい空港に」 都心低空飛行 内部文書
毎日新聞-2020/02/09
https://mainichi.jp/articles/20200210/k00/00m/040/074000c

羽田新ルート初飛行 国際線強化で都心上空、騒音など不安
東京新聞-2020/04/03 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202004/CK2020040402000135.html

羽田新ルートで落下物懸念も
ニフティニュース-2020/05/17 https://news.nifty.com/topics/12277/200517409315/


医療従事者たちは大変だ。
尊敬する。讃えたい。ねぎらいたい。
それは皆んなの思い。
私とてそうだ。

しかし、そんな誰も反対しないことに便乗して
失策や不正から国民の目をそらそうとしている
さらには
何かを人の心に忍び込ませ植え付けようとしている、、、
私にはそう思えてならない

無邪気に喜ぶ善良な市民や親子の姿を伝え
弾んだ口調で無批判にこのニュースを流すテレビ、、
私はそれが怖い

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn
ブルーインパルス飛来 空から医療従事者らに感謝
5/29(金) フジテレビ

←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!

この国では他の多くのことがそうであるように
これもやっぱりアメリカの物真似

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

黒川の麻雀は点ピンではなかった?〜秋霜烈日というマージャンの手、知ってますか? [アベラ国]

秋霜烈日
イーピンリャンピンサンピン秋霜烈日.jpeg
【秋霜烈日】(しゅうそうれつじつ)

1)(秋に降るうそ寒い霜のごとく夏の日のジリジリと照り返す太陽のごとく)刑罰が峻厳であること
2)犯罪に対する極めて厳しい姿勢、その決意と誇りを象徴した日本の検察官の輝ける記章
3)麻雀の上がり手の一つ。「ルールの解釈を変更しました」と宣言すればどんなデタラメの手でも成立し、
  その場で和了、「決して高い金額とは言えない」、「再調査の必要はない」、などと言って
  ご祝儀6,700点を与え、官邸が言ったことなのに法務省が言ったことにして、
  ハイヤーに乗せて返す。



秋霜烈日というこの大仰な表現と現実に起きている事象のバカバカしくだらなさの間の乖離に、
たまらない滑稽さと絶望とを覚える。



このままだとこのカッコ良すぎる記章は喜劇の記章と成り果てるだろう。
「意見書」を提出した検察OBらが危惧するように、信頼回復に20年を要するかもしれない。

検察と記者クラブの「ズブズブ」

産経・朝日だけじゃない! マスコミによる検察幹部の「賭け麻雀」接待は常態化していた!?
サイゾー https://www.cyzo.com/2020/05/post_241981_entry.html

黒川の賭けマージャンは点ピンではなかった?

先日も書いたように政府は黒川弘務検事長と新聞記者らの賭けマージャンは
「点ピン」とう賭け率であって高額とは言えない(私の感覚では高額だが)
としたが、賭け麻雀に詳しい現場の人からは
黒川のレートはその2倍、3倍(2ピン、3ピン)だったのでは?
という声も上がっている。


https://www.youtube.com/watch?v=XSQuBc3_u-w
ユーチューブのこの動画の最後のほうで言っている。

伝家の宝刀「閣議決定」

水際の不手際 No. 58 賭け麻雀は犯罪か 秋霜烈日のバッジが泣いている

同じ賭け麻雀でも自衛隊員は懲戒免職、漫画家や野球選手はヒモでくくられて逮捕されたり
大幅な収入減となったり社会的制裁も受けたりしているのに、
「秋霜烈日」(秋の霜、夏の照りつける太陽のごとく厳しいはず)の検察ナンバーツー黒川弘務は
(本来ならことのほか厳しい沙汰があってしかるべきだろうに)、
常習者ながら安倍政権に尽くしたばっかりに、訓告という軽い処分で辞職、
6,700万円だかの退職金をもらうという不条理。



(訓告というのは懲戒処分とは違い、罰っするのではなくて注意するという軽いもので、
 給与や昇格に影響しなかったりもするものらしい)

賭け麻雀は人事院の指針でも懲戒なのになぜか今回は訓告処分。

ところがどうやらそうも行かなくなりそうである。



いずれにせよアベラは
金額に関係なく賭けマージャンは賭博であり違法であると
お得意の閣議決定をしていたというオソマツ。
(刑法により罰金50万円以下、常習性があれば懲役3年以下)。

このところ何度も言っているが、志村けんなきあと
日本のお笑いは安倍晋三の独壇場なのである。

←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!

しかし黒川事件、きのう書いた官邸の介入とその隠蔽も驚いた話だが
メディアにもまだまだ呆れた話が続く。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

長州屋、おぬしもワルよのう 〜 〜訓告は誰が決めたのか [アベラ国]

ここに同じ嘘の構造がある。

前に、検察の人事に関し法務省からの提案を首相官邸が突っ返して、
代わりに自分たちの考え、すなわち黒川弘務を押し付けてきた、ということを書いた。
なのに、首相は、検察の人事に自分たちが介入するのは「ありえないこと」で、
法務省からの案を承認するだけだと言って、嘘をついている、と。
『安倍官邸は何度も介入していた検察庁の人事 ~平気で嘘をつく人たち(2)』
 https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2020-05-18

それと同じで、黒川の賭け麻雀に対しても法務省が「懲戒」案だったものを
首相官邸がそれよりはるかに軽い「訓告」にすり替えておきながら、
安倍は検事総長の決定を承認したまでと言い張っている。
しかし、これとて法務省の意向を突っぱねて、首相の意向を押し付けたとしか思えない。

「訓告」は官邸からの指示か 0.png

そうでないと言うのなら具体的に法務省の誰がどのような根拠で(先例を考慮したというが、誰が、
どんな例を考慮し)どのようにして結論に導いたか、言えるはずなのに、法相は詳細を語らない。
ばかりか、言っていることの辻褄が合わないのだ。

官邸から訓告にしろと「押し切られたのではないのか」と立憲民主党 の勝部参院議員に聞かれた
森まさこ法相、答えていわく、法務省内でも、内閣とも、協議をした、さまざまな意見が出たが、
法務省で、まず「人事院の処分指針における先例等について説明があった」。

しかし、人事院の指針では「賭博をした職員は減給、または戒告とする」と、
訓告より重い処分にしなくてはならないことになっている。
それがなぜ訓告にまで軽減されているのか。
何のことはない、官邸が介入し、訓告にしたということではないか。

黒川元検事長の処分“官邸の関与”は?
TBS http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3988063.html

新語百番勝負

【森まさか】
まさか!と思うようなことばかり言ったりしたりする法務大臣のこと。

【詭弁護士】(きべんごし)
詭弁を使うことを常とする弁護士のこと。

【類語】:奇弁護士
奇妙なことばかりをいう弁護士のこと。

【参考】:うそう理大臣
うそばかりついて、その嘘をごまかすために嘘をつき、嘘をつき続けるしかなくなってる総理大臣のこと。

先週はこう言っていた:

森法相:内閣が決めたものを検事総長に伝えた
安倍総理:検事総長が処分をし私が了承した

今週の森法相:ここに矛盾はない

つまり「内閣が決め」「検事総長に伝え」「検事総長が処分をし」「総理が了承した」

決めたのは内閣じゃないか!

先週の発言を素直に聞けばそうなのだが、
今週になって微妙に話を変えてきている。。

野党「官邸に押し切られたのか」 首相「検事総長が適正に処分」
TBS NEWS https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3987663.html


今週の森法相によれば:

「主体は検事総長。法務大臣である私は調査結果と意見を申し上げた」

ここまでは「主語」がはっきりしているのだが

「協議の中でさまざまな意見が出た」

誰と誰との協議で、「意見」を出したのが誰か、はっきりしない。
法相である私と検事総長・稲田伸夫氏ということか。
いや、内閣と、か。

法務省内で協議し、「内閣とも並行して協議した。もちろん協議ではさまざまな意見が出た」。
両方だな。

でも誰がどんなことを言ったのだろうか。総理も当然何か言ったはずだ。
その辺をもっと知る必要がある。

指針では厳しくあるべきものが、誰が何といい、どのような協議の流れで大甘の「訓告」に
たどり着いたのか。その過程を明らかにすべきである。

でなくては首相官邸の介入がなかったとは言い切れるものではない。

「さまざまな先例を参考にしたうえで
今回の黒川氏の訓告を決めたところでございます」
(「さまざま」というのも具体的にその中身を知りたいところだ。
「さまざま」とか「諸般」というのは、いかにもいろいろ詳しく検討したような印象だが。
ごまかされていはいけない。いつも要注意のことば)

そして「黒川氏の訓告を決めた」と言うのだが、これまた誰が「決めた」のかをはっきり言わない。
先週は「内閣」が決めたとはっきりと言っていたのに。

これも、やはり、内閣との協議の上、法務相たる私が決めた、
そしてそれを稲田検事総長に伝えた、と言いたいのだろうが。

この辺がずるい。ぼかしている。

そして気がつくと先週の「内閣が決めた」という話が
なくなっているのである。

安倍の言い分ははっきりしている(我々国民がそれを信じられるかどうかは別として):

「調査結果に基づき法務省から検事総長に訓告が相当と考える旨を伝え」

「検事総長においても訓告が相当と判断し、処分したものと承知している」

「(私は)法務省の対応を了承した」

つまり、

法務省からは検事総長に意見を伝え(「訓告」が妥当じゃないんすかね?)

検事総長も同意した。(わかりました、そうしましょう)

首相の私はそれを了承したまで。

これすなわち、モリカケでお馴染み「私から指示を受け取った人はいない」 である。


野党は虚偽の疑い濃厚として集中審議を要求。

官邸から決定を押し付けていたら「そんなこと時代劇だって許される話じゃない」(立民・安住国対委)

「シンゾー、おぬしもワルよのう」

である。



「おぬしもワルよのう」は関電がらみで越前屋が当ブログには登場している。。
『福井みやげの定番に!「陰の町長」?!』 
https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2019-10-05

野党は集中審議を求めたが、
安倍らは「新型コロナ対策の第二次補正予算案の審議に影響する、
新型コロナ対策をおろそかにはできない、とか言って断るか。
河井克行の逮捕許諾請求にも同じ構えのようだし。

内閣とどのような協議をした


法務省内で協議し内閣とも協議した


「官邸が重い処分をはねつけた疑い濃厚」 野党、黒川氏の「訓告」経緯追及へ
毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20200525/k00/00m/010/181000c

←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

黒川を訓告としたのは法務省でなく官邸だった いよいよ何もかも恣意的に安倍政権 [アベラ国]

イーピンリャンピンサンピン.jpeg

恣意的な余りに恣意的な

いよいよ何もかも恣意的になってきた安倍政権だ 
黒川の「訓告」も実は官邸が決めていたことが分かった

黒川氏処分、首相官邸が実質決定
法務省は懲戒と判断、軽い訓告に

共同通信 https://this.kiji.is/637395138254734433?c=49404987701575680

勝手放題むちゃくちゃやった上
嘘をつく

これほどの専制的、独裁的で腐りきった政治が
民主主義の看板掲げた国で行なわれたためしがあるだろうか

何度も官邸が人事に介入してるくせに法務省が持ってきた話だったことにした安倍だが
(『安倍官邸は何度も介入していた検察庁の人事 〜平気で嘘をつく人たち(2)』
 https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2020-05-18
(そしてそれが報じられるに及んで支持率急落)
こんどは黒川の賭けマージャンが「訓告」という軽い処分に終わったのも
実は法務省側は「懲戒」を提案していたのに首相官邸がそれを退け
「訓告」にしたものであることが分かったのだ。


黒川氏処分、首相官邸が実質決定
法務省は懲戒と判断、軽い訓告に


 「 賭けマージャンで辞職した黒川弘務前東京高検検事長(63)の処分を巡り、事実関係を調査し、首相官邸に報告した法務省は、国家公務員法に基づく懲戒が相当と判断していたが、官邸が懲戒にはしないと結論付け、法務省の内規に基づく「訓告」となったことが24日、分かった。複数の法務・検察関係者が共同通信の取材に証言した。

 安倍首相は国会で「検事総長が事案の内容など、諸般の事情を考慮し、適切に処分を行ったと承知している」と繰り返すのみだった。確かに訓告処分の主体は検事総長だが、実質的には事前に官邸で決めていたといい、その経緯に言及しない首相の姿勢に批判が高まるのは必至だ。」

2020/5/25 共同通信社 (太字・下線はのら猫による)
https://this.kiji.is/637395138254734433?c=49404987701575680

「総合的に考慮」
「諸般の事情」

と森法相は先週説明していた。
ちゃんとした根拠がないときはだいたいこう言ってごまかすものだ。
(『諸般の事情』 https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2017-08-25


それにしても手前勝手もいいとこだ。

黒川の定年を延長したいばっかりに特別法「検察庁法」より
一般法「国家公務員法」を上位に位置づけるという無理筋を押し付けた安倍政権
黒川の賭けマージャンが明るみに出て
法務省が国家公務員法に基づく懲戒が相当と判断すると、
こんどは、法務省の内規に基づいて「訓告」を押し付けてきた。

先週は、黒川らは「点ピン」のレートで賭けていたので「高額ではなく」
賭博罪に当たらず、懲戒には値しないという刑事局長の答弁だった。


「総合的に考慮」と森法相。


こういうのを自分勝手(恣意的しいてき)というのだ。

強いて言えば、安倍や安倍友にとって不利か有利か。アベラにとって都合がいいのか不都合か。
日本は全てそれが「基準」になって行く。

世の中は全てそれに合わせて忖度して回して行けということだ。

そんなこと認められるわけがない。ガキ大将、ゴロツキ集団、あるいは悪人の集まりに
国を乗っ取られているような日本じゃないか。
そしてそれに気づいて反撃する国民がここへ来てようやく多数派になりつつあるというところか。

毎日新聞世論調査23日
内閣支持率27%(前回40%)
同不支持率64%(前回45%)
政党支持率自民党25%(前回30%)

しかし今回の騒ぎで点ピンのマージャンが罪に問われないという基準が
国会でおおっぴらにされたた。

捕まった漫画家・蛭子能収の場合は、リャンピン(1000点200円)の賭け率だった。

黒川氏は、点ピン(1000点100円)だから罰せられないという確たる先例を打ち立てることになる。

刑事局長、賭けレート「高額とは言えず」 黒川検事長のマージャン
時事通信 2020年05月22日12時02分

 法務省の川原隆司刑事局長は22日の衆院法務委員会で、東京高検検事長を辞職した黒川弘務氏が参加したマージャンに関し、賭けレートは「点ピン」と呼ばれる1000点100円だったと明らかにした。野党共同会派の山尾志桜里氏への答弁。
 川原氏は「もちろん許されるものではないが、社会の実情を見たところ必ずしも高額とは言えない」と説明。出席した委員らから「おかしい」とヤジが飛ぶと、川原氏は「処分の量定に当たっての評価だ」と強調した。

 黒川氏と賭けマージャンを行った朝日新聞社の男性社員を調査した同社によると、1回の勝ち負けは1人当たり数千~2万円程度だったという。

https://www.jiji.com/sp/article?k=2020052200587&g=pol


そして再調査は「必要ない」の一言。

「丁寧に説明」ってどこまで国民を馬鹿にする

黒川氏の再調査は不要 菅官房長官、退職金「規定に基づき支給」
https://www.sankei.com/life/news/200522/lif2005220041-n1.html


←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ルイ朕と僕ちん 〜閣議決定予報 [アベラ国]

安倍総理はフランスの「太陽王」と呼ばれた絶対君主ルイ14世と
フランス革命で断頭台の露
と消えたルイ16世の違いを知らなかったのだろうか?
露しらず?

ルイ、ルイで類似して、ともに王様だから一人称は「朕」(ちん)だが、後者、16世はギロチン
で処刑され、フランスは王政から共和制へと移行した。
「パンがなければケーキを食べればいいのに」で知られる王妃マリー・アントワネットも
のちに断頭台の露と消えたのだった。

22日、衆議院厚労委で共産党の宮本徹議員は元検事総長らの「意見書」に触れ、
総理が「検察官にも国家公務員法の適用をすると従来の解釈を変更したことについて、
フランスの絶対王制を確立し君臨したルイ14世の言葉として伝えられる『朕は国家である』
との中世の亡霊のような言葉を彷彿とさせる姿勢だ」「真摯に耳を傾けるべきではないか」と迫った。

すると総理はこう答えたのだ。「あの、ルイ16世と同じとまで言われると、多くの方々は
それは違うのではないかと思うのではないでしょうか」

ルイ14世のことを聞いているのに、16世?
徳川家康のこと聞いてるのに、徳川慶喜について答える、みたいな?

負け惜しみの強い安倍総理のこと、ここは閣議決定を出してくるのではないだろうか。
以前、ポツダム宣言を読んでいないことが国会の質疑でバレバレになったときも、
驚きの閣議決定があったくらいだから。「安倍首相はポツダム宣言を当然、読んでいる」と。
この「当然」に悔しさと負け惜しみが籠っていてすごく可笑しい。

安倍総理は、2月13日に検察官の定年に関して法律の解釈を変更すると突然言い出した。
2月8日に誕生日を迎える黒川検事長(当時)の定年の駆け込み延長を1月31日の閣議決定で
法的根拠なく行ったことへの後付けの正当化だった。

それをさらに事後的に合法化しようというのが政府の検察庁法改正案で、
その委員会採決かと思われた今月15日には、こういった一連の恣意的な総理の動きに
危機感を募らせた検察OBらがついに立ち上がり、「意見書」を公表したのだった。
「東京高検検事長の定年延長についての元検察官有志による意見書」)

その中にあるルイ14世への言及が宮本議員とのやりとりの背景である。

「…安倍総理大臣は「検察官にも国家公務員法の適用があると従来の解釈を変更することにした」
旨述べた。これは、本来国会の権限である法律改正の手続きを経ずに内閣による解釈だけで
法律の解釈運用を変更したという宣言であって、フランスの絶対王制を確立し君臨したルイ14世
の言葉として伝えられる「朕(ちん)は国家である」との中世の亡霊のような言葉を彷彿(ほうふつ)
とさせるような姿勢であり、近代国家の基本理念である三権分立主義の否定にもつながりかねない危険性
を含んでいる。」(同意見書)



以上、今週の閣議決定予報である。

安倍ルイ16世と昭恵トワネット.jpg


2月の「法律の解釈変更」のときはわしも指摘してたのだルイ王との関連。
検察OB、ひょっとしてこのブログかわしのfacebookを読んでくださってたか?(笑)



←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

安倍ふって辞意固まる #黒川弘務氏の懲戒免職を求めます [アベラ国]

黒川は余人をもって代え難い人のはずだがすぐにすげかえ

賭け麻雀で辞任した黒川弘務の後任に林真琴

安倍ふって辞意固まる.jpg


またも後退 安倍政権
もう秋まで持たんよ安倍政権
これで河井克行の逮捕起訴となればガタガタになるのでは?
だからこそ河井逮捕には必死に抵抗 安倍政権

今のままの形で秋に再度とアベラが言っていた検察庁法案だが
見直し(ないし廃案)へと変わりつつある
ここはさらに世論が声を上げるべき

#黒川弘務氏の懲戒免職を求めます
#河井克行氏の逮捕起訴を求めます


法務省の調査によると「黒川氏は緊急事態宣言下の5月1日と13日の計2回、
報道機関関係者3人とマンションの一室で、金銭をかけたマージャンをした。
帰宅の際は費用を負担せずにハイヤーに乗った。ただ、同省は与野党に、
常習性の認定には至らなかったと説明した」

いい加減な調査で済ますんじゃないよ!法務省。



それで早々と訓告処分だなんてふざけている。軽すぎる。

刑事局長は「約3年前から」と答弁しているし
朝日新聞の調査でも4月も2回。過去3年にわたると出ていて、常習性は明らか。
懲戒免職が当然のところ。

#秋霜烈日のバッジが泣いている

民間人の漫画家・蛭子氏や東尾投手にはどんだけ厳しくした!


逮捕も!? 黒川検事長の「賭けマージャン」は「蛭子能収事件」の10倍悪質だった
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0521/abz_200521_5216803583.html

「賭け麻雀」過去に蛭子さんや東尾修氏も。黒川検事長の立件は?
2020.05.21 
https://www.mag2.com/p/news/452339

朝日が社員から聞き取ったところでは
「緊急事態宣言が出た後の4、5月に計4回、金銭を賭けてマージャン」

朝日新聞社員、黒川氏との賭けマージャン認める
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14485027.htm

黒川は軽い訓告処分
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14485023.htm


つまり7,000万円だかの退職金はそのまま支給されるということ
勝ち逃げもいいとこ
月2回ペースで3年間の賭け麻雀
帰りはハイヤーで「ただ」
次官や検事長ともあろう人間が
メディア関係者と

それで「訓告」という処分の軽さ

漫画家の蛭子氏や東尾投手にははるかに厳しかった
漫画界、芸能界、スポーツ界にはさらに安倍への反発が広がるのでは?

#黒川弘務の懲戒処分を求めます

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200522/k10012440461000.html

森法務相は「責任を痛感している」と述べつつ、黒川氏への脱法的と批判される定年延長については
「適切なプロセスだった」。

しかし定年延長を後付けで正当化する検察庁法改正案(18日に今国会での成立を断念)について
安倍は「法案をつくった時とは状況が違うという意見が自民党にもある。しっかり検討していく必要はある」
と見直しを示唆。

政権内では廃案の選択肢も浮上しているという。

朝日の記事によると<訓告>というのは:「公務員が内規に反した場合に受ける監督上の措置の一つ」で

法務省は重い順に

訓告、厳重注意、注意

の三つを定める。
国家公務員法に基づく免職、停職、減給、戒告
といった懲戒処分より軽く、
退職手当や期末手当は原則失ったり削られたりすることはない。

人事院の指針では、賭博をした職員を懲戒処分にする場合、減給か戒告が標準例とされる。
検察官は、禁錮以上の刑が確定したり懲戒免職処分を受けたりしなければ、弁護士に転身できる。

かくて 黒川の流れは絶えずして
飲むかどうかは知らんけど
かつ打ち
かつ買い
久しくとどまりたるためしなし


週刊文春によれば黒川は賭け麻雀仲間に

「韓国で女を買ってさ」

などとも言っている。

なんともはや。

←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!

安倍の目論見は黒川と稲田の刺し違え?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ロン!より証拠〜急遽放送か 名作劇場 『博奕打ち 総長賭博』 (1968年 東映) [アベラ国]

(次期?検事)総長賭博(?)
黒川弘務が5月1日、産経新聞と朝日新聞の記者らを相手に
深夜ひそかに賭けマージャンをしていたらしいことがわかった。
黒川弘務麻雀.jpg

放送を中止するよう官邸から圧力がかかっている模様? 

古いやつだとお思いでしょうが、今の世の中、右も左も、、いわば、まさに、
真っ暗闇じゃあござんせんか、
と思うわけでごじゃます。

「今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃあござんせんか」
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/博奕打ち_総長賭博 (東映の仁侠映画)鶴田浩二

逮捕・裁判を行うかどうかの捜査と判断の権限を担い、司法の入り口に当たる検察、、
そのトップに総理大臣が様々の無理筋や奇策や詭弁や嘘を繰り出してねじ込もうとしている人物が、
三密を避けよと国が国民に呼びかけているまさにまさに大きな国難のさなか、こともあろうに
密かに賭け麻雀をしていた。
三密中.jpg
別に驚くべきことでもないのかもしれない。
前の法務大臣は、国の法務行政を取り仕切るという立場にありながら
「私の気持ち」といって選挙の時に金を置いて去って行く男。

そして総理大臣ときたら、見え透いた大嘘を毎日のように吐き散らしている、
というこの美しい日本なのだから。

了(ロン)!
NHKも夜7時のニュースで報じた

しかし、なんというメンツか。
安倍や黒川を擁護してきた産経新聞から記者ふたりと、
批判的だった朝日新聞の(元)記者ひとりと、
安倍政権が次期・検事総長にと画策中の検事長が、

外出自粛、3密回避の要請のさ中、#検察庁法改正案に抗議します のツイートが数百万件に膨れ上がり、
という5月に2回も卓を囲んで。

黒川が
「メンタンピン、サンシキイーペーコー、ドラドラ!」
なんて叫んでいる姿を想像してみる

2月8日に西入(シャーニュー)してた
ということだな
(麻雀しない人に解説すると「延長」みたいなこと)


←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!

黒川という人は安倍らに弱みを握られていて辞めるに辞められないのでは
という憶測も流れているが、賭博関連だったのか?。。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

さあ、面白くなってきた、いよいよ河井克行前法相の立件だ!安倍内閣が吹っ飛ぶ? [アベラ国]


大変な騒ぎになる

河井克行2.jpg


青木氏の言う「面白い」展開になってきた。

次はタイミングを見て河井克行の逮捕許諾請求、立件に検察が動き始める。

皮肉なことに安倍の望む緊急事態の解除となれば始まりそう。

河井前法相を立件へ 検察、案里氏巡り買収容疑 東京新聞
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020051302000131.html

捜査の手はどこまで伸びる、1億5千万円の出所、自民党本部、官邸、菅、安倍?

二階など「総理案件」と言い放って距離を置き始めた?

世論の反発。コロナで政権が後手後手に回って批判されている。
非常事態に政権が無能だとこのようなひどい目に合うのだと言うことを国民が実感し始めた。
だから声を上げているというところがある。

ハシュタグの付いたツイート何百万件、影響はある。
実態はどこまでという議論はあるにせよ。

メディアがどう取り上げるかによっても影響する。

コロナ対応のまずさ、安倍と菅に隙間風、
一部に30万円と言っていたのが全員に10万円となったり、
公明党も連立離脱をほのめかしたとか、
そこへ検察庁法改正案、世論の反発、自民内部からも批判、
一強もいろんなことが絡まって揺らぎ始めた、

安倍政権は色々なタブーを壊してきた。
内閣法制局を直長官をすげ替えたり、日銀総裁をすげ替えたり、
NHKの会長にお友達を入れたり、、
最後に来て検察という虎の尾を踏んだのではないか。
自分らの息のかかった人事、後付けの合法化。。
検察官OBが政治に対して声を上げるというのは極めて異例。

これから1ヶ月が「面白い」。
法務大臣が逮捕、起訴となれば前代未聞、
しかも安倍や菅の側近。大変な騒ぎになる、、
検察庁法改正や検事総長人事なんてことは吹き飛ぶかも。。



←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!


このような青木理の言ったことにはいちいち納得
なにせ捜査の手が安倍に伸びるかもしれないのだし検察は
やる気満々

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

安倍官邸は何度も介入していた検察庁の人事 〜平気で嘘をつく人たち(2) [アベラ国]

96757787_2547664975496286_3828571862409936896_n.jpg「ありえないですね」

法務省提案に官邸が介入してそれを変えるといったことは「ありえない」
と安倍総理が櫻井よしことのインタビューで語っていたことは先の投稿で紹介したとおり。
『平気で嘘をつく人たち 安倍は今ココ:「定年延長は法務省が持ってきた話」

安倍:…(法務省側が)こういう人事で行くということを、持ってこられて、
   ま、それはそのまま大体我々は承認をしているということなんですね。
櫻井:官邸が介入してそれを変えるとかそういったことは、、
安倍:それはもうありえないですね。

そしてこれを否定する内容の読売新聞の記事
法務省から「複数の候補者が提案されたが、安倍首相と菅官房長官は黒川氏が望ましいとの意向を示した」2020/02/21 も紹介したが、
安倍の言っていることがウソであることがわかる記事は他にもあちこちにある。

たとえば

検事総長に求められるものは?
「厳正公平」「国民の支持」「恥を知る心」「巨悪摘発」
共同通信 2020.2.7. https://www.47news.jp/4496977.html

「16年夏の人事で、検察は次の検事総長候補で法務事務次官の稲田伸夫氏を仙台高検検事長へいったん
転出させ、次の次の検事総長候補として法務省刑事局長の林真琴氏を法務事務次官に
昇格させる方針だった。ところが、首相官邸はこの人事を認めず、法務省官房長の黒川氏を
法務事務次官にするよう求めた」(下線、のら猫)

「これはもうありえないですね」(安倍)って、あってるじゃないか!

97062809_2547664998829617_4443189074106253312_n-1.jpg「ありえないです」

「稲田氏が東京高検検事長へ異動する17年夏、検察は黒川氏を地方の検事長に異動させ、
林氏を事務次官に就けようとしたが、またしても首相官邸に拒まれ、黒川氏は留任した」(同記事)

「関係者は「…検事総長の任命権は内閣にあり、7月に稲田氏が勇退し、
黒川氏が検事総長となる可能性が大きい」と話している。
…安倍政権には、検事総長人事だけはこらえて、これまでの政権のような
慎みを持ってほしかったが、無理な願望だったようだ」(同記事)

東京新聞は次のように報じている。


「検事長人事案を官邸に蹴られた… 前代未聞の人事介入は検察の独立性を揺るがす
<視点> 編集局次長・瀬口晴義
2020年2月11日 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202002/CK2020021102100027.html

「東京高検検事長の人事案を官邸に蹴られたらしい―。検察関係者からこんな情報を聞いたのは
昨年十二月中旬だった。法務省幹部が示したのは、東京高検の黒川弘務検事長が六十三歳の定年を迎える
二月八日の前に辞職し、名古屋高検の林真琴検事長が横滑りする案だ。稲田伸夫検事総長が
今年四月に京都で開かれる国連の犯罪防止刑事司法会議を花道に勇退、
その後を林氏が継ぐ構想が示されたとみられる。」


 「名古屋では林氏の送別会も開かれていたが官邸の拒絶によって異動は立ち消えになった。そして
一月三十一日、黒川氏の定年を六カ月間延長する仰天の人事が発表された。
慣例通り約二年の任期で稲田氏が勇退すれば、黒川氏が総長に就任できる。
検察が官邸に押し切られたのは間違いないだろう。」

「…政治家の汚職を摘発してきた捜査機関のトップの人事に、官邸がここまで露骨に手を突っ込むのか
と衝撃を受けた。

「黒川氏は法務省の官房長、次官を計七年五カ月も務め、与党に幅広い人脈を持つ。
この間、検察は政治家の絡む事件に積極的に動くことはなかった。「安倍政権の守護神」とやゆ
されたこともあった。今回の定年延長は「腐敗摘発はほどほどに」という検察へのメッセージだと
受け止めた国民も多かったと思う。検察の独立性を揺るがすことだと想像できないのだろうか。
長期政権末期の腐臭が漂う出来事である

「稲田総長が勇退する際に、黒川氏を道連れにするという説もささやかれている。
官邸の介入をこのまま甘受するなら捜査機関としての検察が受けるダメージは計り知れない。
稲田総長の責任は重大だ。」

2016年には「法務省が作成した法務事務次官の人事原案が官邸によってひっくり返され
それと連動して検事長の人事も変更された
官邸の注文で覆った法務事務次官人事 検察独立の「結界」は破れたか
2016/11/22 法と経済のジャーナル)。 https://judiciary.asahi.com/jiken/2016111900001.html

法務省の原案では、稲田伸夫氏の後任の法務事務次官に林真琴刑事局長(59歳、35期)、
黒川広務氏は地方の高検検事長に転出。
ところが、官邸側は原案を承認せず、法務事務次官には黒川広務を昇格させるよう求めたのだ。

2017年には「法務・検察幹部の人事異動が、昨年に続き、首相官邸の意向で変更されたことがわかった」
法務・検察人事に再び「介入」した官邸 高まる緊張
2017/09/17 法と経済のジャーナル https://judiciary.asahi.com/jiken/2017091200002.html

法務・検察の原案は、黒川弘務・法務事務次官を高検検事長とし、その後任に林真琴・法務省刑事局長を
充てるものだったが(黒川案では、稲田伸夫氏を仙台高検検事長から東京高検検事長に、
黒田氏自身はその後任として仙台に転出、後任の次官に林真琴氏)、
官邸側が黒川氏の留任を強く希望。黒川次官も、林刑事局長も留任したのだ。

すでにもう何年も前から、法務省の持ち込む原案を官邸が一度ならず拒否し、ひっくり返してきているのだ。
安倍のいう「ありえない」という説明こそ、ありえない話ではないか!

安倍:…(法務省側が)こういう人事で行くということを、持ってこられて、ま、それはそのまま
   大体我々は承認をしているということなんですね。
櫻井:官邸が介入してそれを変えるとかそういったことは、、
安倍:それはもうありえないですね。



どうしてこうも明々白々のとんでもないウソをいつもいつも履き続けるのだ、この総理大臣は。

そして今年2020年1月は、法務省の原案(定年を2月8日に迎える黒川広務東京高検検事長の後任に
林真琴・名古屋高検検事長)を官邸は突き返したのだ。

そして閣議決定(1月31日)で黒川検事長の定年が半年の延長(法的根拠なし)、
「国家公務員法の定年延長は検察官には適用されないという考えは今も続いている」
という人事院の答弁があると、安倍が「法律の解釈を変えました」という奇策で
その違法無法をなかったことにしたという、国を欺く一連のおどろき桃の木は先に見たとおりである。



←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

恣意的な人事介入

「官邸が黒川氏の検事総長起用を強く希望」

↓↓↓↓↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

平気で嘘をつく人たち 安倍は今ココ:「黒川氏と会ったことない」「定年延長は法務省が持ってきた話」 [アベラ国]

櫻井よしこのインターネットテレビで安倍が語ったところによると、
黒川弘務の定年延長は法務省の官房長が持ってきて頼んだということである。

人事への介入などありません.jpg

櫻井よしこ:黒川(弘務)さんの定年延長問題について法務省の官房長が官邸に持ってきて頼んだと、
それで、その、今、検事総長の稲田(伸夫)さんがお辞めにならないから、
黒川さんの定年延長ということをお願いしたというふうに推測されるんですが、
法務省の官房長が官邸に持ってきて頼んだということも、これは本当ですか?

安倍首相:あの、私もあの詳細については、ま、承知をしていないんですが、基本的にですね、
あの、おー、検察庁の人事、については、えー、検察のトップも含めた、あー、その総意でですね、
こういう人事で行くということを、持ってこられて、ま、それはそのまま大体我々は承認をしている
ということなんですね。

櫻井:官邸が介入してそれを変えるとかそういったことは、、

安倍:それはもうありえないですね。

櫻井:ありえない

安倍:ありえないですね

櫻井:全くなさっていない。

安倍:ええ。



ところが、その後、この映像はインターネットから削除されたとのこと。
私はツイートに流れているものから頂いた。

2月8日の誕生日に63歳となる黒川弘務東京高検検事長はそのまま退官のはずのところを
1月31日に安倍は閣議決定をして黒川の定年を延長した。
こういうのが、安倍内閣の意向ではなく、「法務省の官房長が法務省の官房長が官邸に持ってきて頼んだ」
ことだというのか。

ところが、2月21日の読売新聞が伝えるところでは全く違っている。

検事長の「定年延長」が波紋…政府、苦肉の法解釈変更
2020/02/21 読売新聞 https://www.yomiuri.co.jp/national/20200220-OYT1T50262/

これには「次期検事総長の人選は、昨年末から官邸と法務省との間で水面下で進められた。
同省から複数の候補者が提案されたが、安倍首相と菅官房長官は黒川氏が望ましいとの意向を示した
という。
検事総長の在任期間は2年前後が多く、2018年7月に就任した現在の稲田伸夫検事総長は今夏に
「満期」を迎える。検事総長の任命権はあくまでも内閣にあるが、歴代検事総長は原則、
法務・検察が若いうちから育てた候補者を政府が追認する形が取られてきた」

下線は私が引いた。

安倍の嘘「今ココ」は、これにとどまらない。

首相、黒川氏との関係否定 「2人で会ったことない」
2020/5/15 共同通信 https://this.kiji.is/634030838887449697

これも15日夜の桜井よしこ氏のインターネット番組だが、
「私自身、黒川氏と2人で会ったことはないし、個人的な話をしたことも全くない。大変驚いている」
と語ったというのだ。その映像は入手できずにいる。

で、何が可笑しいって、新聞にちゃんと安倍が黒川と会っていることが出ているのだ。

首相動静―12月11日
朝日新聞 2018年12月11日 23時24分
https://digital.asahi.com/articles/ASLDC6K4BLDCUTFK01M.html

【午後】・・・4時7分、太田氏出る。可部哲生理財局長加わる。15分、全員出る。
25分、黒川弘務法務事務次官。34分、谷内正太郎国家安全保障局長、北村滋内閣情報官、
宮川正内閣衛星情報センター所長。・・・

これだけ明々白々なことで嘘つく。

こうなると逆に、加計孝太郎としょっちゅう一緒に焼肉食ったりゴルフしていながら、
国家戦略特区申請の話を一度もしていない、仕事の話はしない、といった安倍の答弁や、
モリカケで私から指示を受け取った人はいない、なんてのが、
すべて真っ赤な嘘だということを証明したようなものだ。



←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!

この男は嘘も現実ももう区別つかなくなっているのか?!

戦慄を覚えるのは私だけではないと思いたい。

定年延長だ、口頭決裁だ、つい言い間違えた事件だなんだかんだと、
この流れがよく分からないという人には、
のら猫が分かりやすく解説してしんぜよう。
若い人とか、安倍さんって頑張ってるじゃん、とか思う人は特に
ぜひとも続きを読んでほしい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

安倍発言を「安倍語→日本語」翻訳機に掛けてみた [アベラ国]

アベノウソ恣意的な人事は断じてない.jpg

記者会見での質疑安倍の発言「安倍語→日本語」翻訳機に掛けてみた

結果はこうだ:


「恣意的な人事はないと断言」

→ そりゃ当然、私にいちばん都合のいいよう、やりたい放題やらしてもらいますよ。
  あたりまえじゃないですか。


「黒川氏人事、全く決めていない」

→ 実は既に黒川に決めてる。ご明察。てか、黒川氏しかありえないじゃないですか。
  そのための閣議決定と、法解釈変更と、後付けと口頭決裁と法改正なんですから。
  意味のない質問だよ。


「暮らしと雇用はなんとしても守り抜かないといけない」

→ 暮らしと雇用を守るのは二の次にして、やはりこの機に乗じて、憲法改正とか年金支給年齢の
  引き上げとか種苗法とか検察庁法とか、火事場泥棒的なことをやり抜かないといけない。
  当然です。


「三権分立を侵害することはない」

→ 行政、立法に続いて司法の長にもなって、名実ともに安倍独裁に突き進んでいくしかないのだろう
  と思うわけでございます。


検察庁法改正「恣意的な人事はないと断言」 首相が強調
朝日新聞 https://digital.asahi.com/articles/ASN5G6CRGN5GUTFK029.html

首相「三権分立侵害全くない」「黒川氏人事、全く決めていない」 検察庁法改正案
毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20200514/k00/00m/010/176000c




←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

独裁者 安倍晋三に引導を! #安倍晋三みんなで渡せば怖くない [アベラ国]

アベノウソ恣意的な人事は断じてない.jpg

独裁者 安倍晋三にNOを!

風雲急を告げてきた
安倍はあす15日
強行採決の構えだ

安倍はやはりなりふり構わない
何がなんでも自分の番犬を検事総長に据えるつもりだ
自分が逮捕され裁判に掛けられることのないようにだ

SNSでは

#検察庁法改正案に抗議します

に続いて

#検察庁法改正の強行採決に反対します


が始まった

河井の逮捕は間に合わなかったか

独裁者 安倍晋三にNOを!


追記(15日朝) :

ゆうべうたた寝をしながら耳に入っていたのはNHKの夜9時のニュースだったか?
たしか採決は来週に持ち越し、のようなことを言っていたようであった。

夜半にフェイスブックを見ていて15日は強行採決を断固阻止すべしという
冒頭の投稿を目にしたものだから目が覚め、さてはさっきのニュース、
油断させるためのものだったか?!
と早合点してブログにこの投稿をしたのだった。

順序が逆だった。

15日の採決は政府自民が断念したようだ。


会談に臨む自民党の森山裕国対委員長(右)と立憲民主党の安住淳国対委員長=14日午後、国会内

いや、待てよ(再度追記:15日正午まえ)

本会議での採決は見送るが委員会ではあくまで今日午後、強行採決?!






元検事総長らがきょう法務省に意見書を提出し記者会見を開く
という極めて異例の事態へ。

←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

検察の逆襲:河井克行の逮捕で安倍も終わる? [アベラ国]

検察「良識派」の逆襲 河井克行の逮捕? 安倍が窮地に?
それとも裏取引で官邸が挽回して、いよいよアベラ独裁へ?

検察が河井の立件に動いている。
ひょっとするとこれで安倍は追い詰められるかもしれない。

河井 立件へ.jpg

河井議員夫妻 検察が立件に向け検討開始
日本テレビ 5月12日 https://www.news24.jp/articles/2020/05/12/07641974.html

河井前法相 立件へ 県議ら十数人に現金か
FNN 2020年5月13日 https://www.fnn.jp/articles/-/41666

きのうの投稿の最後でもお伝えした「河井克行立件へ」の動き。
(『重宝する検察庁法「安倍晋三の不逮捕・不起訴工作」』 
 https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2020-05-13
これは、アベラの黒川検事長の定年延長の動きに対し稲田伸夫・現検事総長が
「あっちがそうくるなら、こっちにも考えがある」と言っていた「こっちの考え」だ。

この稲田ら検察内「反安倍派」とアベラ官邸の戦い。
検事総長と安倍首相の攻防がいよいよ緊張を高めている。

平野貞夫(元参議院議員)「河井克行・案里夫妻を巡る公選法違反事件は、かなり緊張してきている。
あす、緊急事態宣言が一部解除された後、克行氏の逮捕許諾請求もあり得るという話が囁かれています。
安倍政権が検察庁法改正を急ぐのは、そうした検察の動きに対する牽制でしょう。
野党は強行採決を命がけで阻止すべきです」




『河井案里は安倍が自分に刃向かった溝手顕正に差し向けた刺客だった』
https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2020-01-17 のら猫
にも書いていたように、自民党の広島の重鎮・溝手顕正から安倍は「もう過去の人」
などとこっぴどく叩かれ、頭にきた安倍は二人目の自民候補・河井案里を送り込んでいたのだった。
河井当選、溝手落選。

その時も書いたが、河井陣営には党本部から破格の1億5000万円が注がれた
(相場は1,500万円くらいというのに)。

ということで河井夫妻を立件ということになると、自民党本部も捜査対象になりそうだ。
ところが、安倍の肝いりの選挙。この資金の動きも首相案件というわけだ。

「党の捜査対象は(森山)選対委員長なのか、(二階)幹事長なのか。
総裁である安倍氏の訴追だってあり得ない話じゃない」(平野貞夫)

日刊ゲンダイ:「検察がマトモだったら、政権の悪行はもっと早くに白日の下にさらされ
安倍が逮捕されていてもおかしくなかった」

モリカケサクラ、悪行の数々。もう5年も追い続けてる。おごる平家も久からず。

祇園精舎の面の皮
諸行無常の厚みあり
安倍総理の鼻の色
盛者必衰の理をあらわさず
おごれる人
しかし意外と久しいかも

平野貞夫の安倍への告発も映像入りで前に紹介した
(『内乱罪 刑事告発 安倍総理 総裁選なぞやってられるか』
https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2018-08-13)。
不起訴とはなったものの、そこで告発した「内乱罪と内乱予備罪」
<日本の権力を私物化するために、国の統治機構を破壊し、憲法の定める統治の基本秩序を壊乱>
する安倍の犯罪は今も進行中。

自殺した財務省職員赤木さんの妻も裁判を起こした。
官僚の中から本当のことを言う当事者が出てくるかもしれない。

まさか安倍、河井陣営に官邸機密費なんぞぶちこんでたりして。。逮捕、起訴、総辞職。。
免れたいと思えば何がなんでも検察庁法の改正。。

検察庁法改正には国民からの反発がここへきてさらに膨れ上がっている。
#検察庁法改正案に抗議します のツイートは900万件を超えたという。

夜の国会前でもすら起きている。


安倍の政府与党は議会を数で抑え、メディアも手なづけ、この上、
司法まで人事で支配するようになってゆけば、いよいよもって
「僕ちんは国家なり」の強権独裁アベラ国となってしまう。

「検察良識派」も異例の動きになってきた

元検事総長らが定年延長に反対 法務省に意見書提出へ
2020/5/14 - 共同通信 https://this.kiji.is/633505597082338401

←応援クリックを!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!

さあ今国会会期中の逮捕許諾請求、5月中の河井逮捕、あるのか?
それとも検察庁法改正が通ってアベラがいよいよ独裁へと突き進むのか?

総理案件

安倍は党本部から法外な資金を投入
河井立件となれば捜査は首相にも?
自分の地元、山口の事務所秘書を広島に送り込んでいた
河井案里の陣営に買収の手口など教えていたんだろうか??

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

重宝する検察庁法「安倍晋三の不逮捕・不起訴工作」 [アベラ国]

「特例で」死ぬまで安倍の番犬をやらせるつもりか検察庁法


自分らに都合のいい「重宝する」検事総長を起用できるように検察庁法を
都合よく改正しようとしている安倍一味。

黒川弘務のような人物がずっと検事総長でいてくれれば、それは、それは、重宝する。
どんなデタラメやっても逮捕はされないし裁判にならないんだから。そりゃ庁法する。

ああ黒川の流れは絶えずして
しかも元の水にあらず

「22年4月の改正法の施行までは現行国家公務員法により、
施行後は改正検察庁法により、黒川氏の定年は自在に延長できる」

「25年2月の68歳誕生日まで黒川氏を検事総長に据え置くこともできる。
検察庁法再改正で定年を70歳にすれば27年まで据え置ける」(前川喜平)

https://www.daily.co.jp/gossip/2020/05/12/0013336091.shtml

これくらいで驚いていてはいかんのだ

「特例」を使い死ぬまでシンゾーの番犬させられ黒川弘務


定年特例 日弁連.jpg

コロナ対策はぐずぐずする一方でこういうのだけは早い。

突っ走る理由はまさに「番犬」を据えてアベラの不逮捕・不起訴

この法案は「安倍晋三の不逮捕工作」と言い切っていいだろう

重宝な検察庁法の改正
重宝な男 巨悪を眠らせる男
黒川弘務を検事総長に据えたいという露骨な意図

安倍にとっては <神様、仏様、黒川様> みたいなもんか

←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!

テレビのニュースでは「政権に近いとされる黒川氏」
くらいにしか伝えられないこの人物、どんだけやばいのか、次に

『黒川弘務の正体』に招待しよう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
前の30件 | - アベラ国 ブログトップ