SSブログ

これほどの「いじめ」を受けたらPTSDで苦しんでいるはずだ [東京五輪]

のら猫寛兵衛プロフィル写真 垂れ目small.jpeg

開幕式の楽曲担当を降りた小山田圭吾の
「いじめ自慢」の引用も少し読んだが
すさまじい。常軌を逸している。

日本のテレビや新聞は「いじめ」と言うだけで
具体的には伝えないが外国のメディアは
知的障碍のある同級生らを段ボールの箱に閉じ込めたり
マットを巻きつけたり他の子が見ている前で
性行為を強要したり排泄物を食べさせたり
と具体的である。

「全裸にしてグルグルに紐を巻いてオナニーさしてさ。
ウンコを喰わしたりさ。ウンコを喰わした上に
バックドロップしたりさ」
(小山田圭吾・雑誌「ロッキングオンジャパン」より)

これほどの「いじめ」を受けた人たちは
きっとPTSD(心的外傷後ストレス障害)となって
あとあとまで苦しめられている可能性が高いと思う。

それは小山田が公表した謝罪文や
本人が希望している会って謝罪
といったようなことなどでは
到底癒えることのないほどの厄介な心の傷を
心の奥深くに被害者は抱え込んでいるということだ。
人生を破壊されているかもしれない。


そのトラウマは右脳に潜んでいる
これほどの凄まじいいじめなら
(言ってみれば理性の理解を超えている…
何なんだこれは!と感情的な反応100%)
そのいじめを受けているとき
被害者の脳の右半分(=感情の脳)が
極度の興奮状態(過覚醒)となり
左脳(=計算や論理、言語をつかさどる理性の脳)
の活動は極度に低下する。
その状態は今、PTSDの「フラッシュバック」
(=過去のつらい体験の再体験)の状態にある被害者の
脳をスキャンすることによって確かめられる。

小山田が謝罪のためとして言っているように
加害者と会ったりなどしたら
加害者の何か(声?匂い?何か五感に訴えるもの)
がトリガー(引き金)となり
過去の過酷な体験がフラッシュバックとなって
被害者を襲う。
被害者の心と体にその体験が蘇るのだ。
記憶としてではなく、現実のものとして。

会って謝罪?
たのむから会いになど来ないでくれ


それはトラウマの記憶を呼び覚ます
といったような生やさしいことではなくて、
再びそれを今起きていることとして、
今の現実として経験するに等しいことなのである。
というのも、フラッシュバック時の脳は、
その悪夢(ここでは「いじめ」)を経験した時と同じように
右脳が過覚醒、
左脳が極端な機能低下の状態にあり、
いじめを今起きている現実のこととして体験するからである。

いくら言葉(左脳が担当するもの)で、
いじめはずっと昔のことであり、
今はもう大丈夫なんだよと言い聞かせても、
機能の低下した左脳(言語脳)はそれが理解できない、
受け付けない、
言葉が通じないのだ。
そして右脳(感情)は、それが今起きていることと認識し
過度の興奮状態に陥いっている。
一言で言えば一種の錯乱状態である。



人気ブログランキング 応援クリックを!

にほんブログ村  人気投票、上下ふたつともどうかよろしく!

PTSDの研究はアメリカの
ベトナム戦争帰還兵がきっかけ
そして子供への性的虐待

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。