SSブログ

被BACHの実相〜IOCバッハ会長が世界初の核実験が行われた日7月16日に広島へ  [東京五輪]

広島があす被BACH地となる

464D76E6-0636-438E-901B-927CB96CC9D6_4_5005_c.jpeg





被Bachの実相

バッハが広島を訪れる7月16日ーー
今から76年前の1945年のこの日は
アメリカがニューメキシコ州のトリニティ実験場で
世界初の核実験を行った日である

なんでこんな日にわざわざ広島を訪れるのか
IOC国際オリンピック委員会のバッハ会長よ

アメリカはなんとしても戦争が終わる前に
原爆を完成させ日本に対して使ってみたかった
だから世界初の核実験に成功すると
大慌てで太平洋のテニアン島に原爆を運び
原爆を投下できる天候を迎えた最初の日に
エノラゲイは広島に向け飛びたったのだった

バッハの見えすいた狙いは広島の平和のイメージを借りて
五輪を日本国民に受け入れやすくしようというもの
世論調査で8割までもの日本人が
東京五輪は中止ないし延期すべし
と答えていることを
知らぬわけでもないのだろう


(五輪開催のなんと非民主的なことよ)

その下心を見抜いた日本人も少なくない
バッハの思惑とは裏腹に
広島訪問ーー緊急事態宣言下の大名行列ーーで
日本国民の五輪への反発に
そしてバッハへの反発に
いよいよ火がついてしまった

阻止すべし!広島への原Bach投下を!

IOCの
バッハ会長は広島へ
コーツ副会長は長崎へ
それにしてもなんと言う無神経さだ

メディアは7月16日のことを
「オリンピック休戦初日」としか言っていないが
トリニティ実験の日のことを誰か思い出してくれないものか

IOCコーツ調整委員長「オリンピック休戦」初日の16日に長崎へ
2021年7月13日 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210713/k10013137881000.html



市民団体「東京五輪の中止を求める広島連絡会」代表・足立修一弁護士:

「新型コロナウイルス下での五輪開催強行を正当化するために
バッハ会長が『核のない平和な世界』のイメージを利用することは、
被爆者に対する冒瀆」

バッハ会長の広島訪問「被爆地の政治利用」 
地元市民団体が「訪問中止」を申し入れ
2021年7月12日 東京新聞
https://www.tokyo-np.co.jp/article/116217

「被爆者に対する冒涜」

私もその通りだと思う

何がなんでも五輪を開催し
IOCへの収入を確保したいというバッハ

ああ、広島が被BACHする、、

バッハ氏来訪、異例厚遇 広島知事出迎え、平和公園は立ち入り制限
中国新聞 2021/7/15
https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=773043&comment_sub_id=0&category_id=112



BACHを異例の厚遇で迎える知事にも非難が集中



署名運動の勢いもすごい





人気ブログランキング 応援クリックを!

にほんブログ村  人気投票、上下ふたつともどうかよろしく!

去年はトリニティ実験の75周年
ちょうど1年前
トランプが「アメリカの核実験はすばらしい偉業」
と賞賛していた

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。