SSブログ

これほどの「いじめ」を受けたらPTSDで苦しんでいるはずだ [東京五輪]

のら猫寛兵衛プロフィル写真 垂れ目small.jpeg

開幕式の楽曲担当を降りた小山田圭吾の
「いじめ自慢」の引用も少し読んだが
すさまじい。常軌を逸している。

日本のテレビや新聞は「いじめ」と言うだけで
具体的には伝えないが外国のメディアは
知的障碍のある同級生らを段ボールの箱に閉じ込めたり
マットを巻きつけたり他の子が見ている前で
性行為を強要したり排泄物を食べさせたり
と具体的である。

「全裸にしてグルグルに紐を巻いてオナニーさしてさ。
ウンコを喰わしたりさ。ウンコを喰わした上に
バックドロップしたりさ」
(小山田圭吾・雑誌「ロッキングオンジャパン」より)

これほどの「いじめ」を受けた人たちは
きっとPTSD(心的外傷後ストレス障害)となって
あとあとまで苦しめられている可能性が高いと思う。

それは小山田が公表した謝罪文や
本人が希望している会って謝罪
といったようなことなどでは
到底癒えることのないほどの厄介な心の傷を
心の奥深くに被害者は抱え込んでいるということだ。
人生を破壊されているかもしれない。


そのトラウマは右脳に潜んでいる
これほどの凄まじいいじめなら
(言ってみれば理性の理解を超えている…
何なんだこれは!と感情的な反応100%)
そのいじめを受けているとき
被害者の脳の右半分(=感情の脳)が
極度の興奮状態(過覚醒)となり
左脳(=計算や論理、言語をつかさどる理性の脳)
の活動は極度に低下する。
その状態は今、PTSDの「フラッシュバック」
(=過去のつらい体験の再体験)の状態にある被害者の
脳をスキャンすることによって確かめられる。

小山田が謝罪のためとして言っているように
加害者と会ったりなどしたら
加害者の何か(声?匂い?何か五感に訴えるもの)
がトリガー(引き金)となり
過去の過酷な体験がフラッシュバックとなって
被害者を襲う。
被害者の心と体にその体験が蘇るのだ。
記憶としてではなく、現実のものとして。

会って謝罪?
たのむから会いになど来ないでくれ


それはトラウマの記憶を呼び覚ます
といったような生やさしいことではなくて、
再びそれを今起きていることとして、
今の現実として経験するに等しいことなのである。
というのも、フラッシュバック時の脳は、
その悪夢(ここでは「いじめ」)を経験した時と同じように
右脳が過覚醒、
左脳が極端な機能低下の状態にあり、
いじめを今起きている現実のこととして体験するからである。

いくら言葉(左脳が担当するもの)で、
いじめはずっと昔のことであり、
今はもう大丈夫なんだよと言い聞かせても、
機能の低下した左脳(言語脳)はそれが理解できない、
受け付けない、
言葉が通じないのだ。
そして右脳(感情)は、それが今起きていることと認識し
過度の興奮状態に陥いっている。
一言で言えば一種の錯乱状態である。



人気ブログランキング 応援クリックを!

にほんブログ村  人気投票、上下ふたつともどうかよろしく!

PTSDの研究はアメリカの
ベトナム戦争帰還兵がきっかけ
そして子供への性的虐待

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ベトナムのジャングルで過酷な戦争を戦い
生きて祖国に帰っても心に傷を負っている兵士たち
たとえば映画館で映画を見ていて突然おかしくなる
映画の中の銃声がトリガーとなって
フラッシュバックを起こしている
ということが分かって来る
そんな人にいくら
「戦争はもう何年も前に終わったのだよ、
 ここはアメリカだよ、大丈夫だよ」
と言い聞かせても落ち着かせることはできない
このとき
左脳(=論理的思考、言語脳)の機能が著しく低下しているからだ

あるいは子供のころ
性的な虐待を受けていたような人が
PTSDを抱え込む
突然錯乱状態になり
調べるとたとえば、子供の頃
自分を虐待していた大人が吸っていたのと
同じタバコの匂いをどこか本人が知らぬ間に
たとえば群衆の中などで嗅いで
トリガーになったりしている

トリガーは嗅覚、聴覚、視覚、触覚、味覚、、
何かしら5感に訴えるものだ

こういったPTSDという
脳のプログラムのようなものを抱え込んだら
容易に癒えるものではない。

いくらもがいても
脳に組み込まれたその悪夢再体験プログラムから
心や体を中々ふりほどくことができないのだ。

長い年月、苦しみ続けることにもなる。
理性では考えられないような行動に突然
駆り立てられたりもする。
トリガーが至る所に潜んでいるからだ。
人付き合いでも苦労する。
通常の社会活動が営めなくなる。
それほど「いじめ」は罪深いのだ。

やはり小山田は五輪の閉会式の音楽担当から
降りるしかなかったと思う。

オリンピックという
人々の「絆を取り戻す」もの
子供達に「夢と希望を与える」ものと喧伝した
聖なる「平和の祭典」ーー
その開会を祝うものとして
小山田の音楽を鳴らし
世界中に響き渡らせるのは、
彼がいかに常軌を逸した「いじめ」をかつてやっており、
しかもそのことをいかに自慢げに面白おかしく
雑誌の中で吹聴していた(これまた
何と言う常軌を逸した行動か…)
ということを人々が知るに至った今ーー
いかにも不適切と言わざるをえない。

小山田にできるのは、
いじめた人に対して赦しを乞うことではないだろうか。

そして、被害者は上に書いたような
PTSDを起こしている可能性が高いだろうから、
臨床心理士や心理学者に相談して、
それがどんな心や脳の状態なのか、
トリガーとかフラッシュバックがどんなメカニズムで
どんなことが起きるのかとか、
PTSDが簡単に治癒するようなものでないこと、
などなどについて理解を深めるよう
努めることではないだろうか。

いじめでは排泄物を食べさせたというが、
これでPTSDになっていると、
便の臭いがトリガーとなる可能性が高い。
となると被害者は、トイレが苦手なはずだ。
しかし、毎日の生活でそれは避けることのできないもの。
どんなにつらい人生となったことだろう。
便の臭いを嗅ぐたびに、それが引き金となって、
子供の頃に小山田氏から受けたいじめが、
今現実に起きていることとして再現される。
そればかりか、それ以外の
身心の不調を引き起こしたり、、
これでは中々通常の社会生活は営なめない。。
そんなことを小山田は知る必要があるのではないだろうか。
(あるいは口に含んだ時の感触が
便と似たような食べ物があれば、
それを口にしたときの感覚が
トリガーとなりうるはずだ。
似たような食感のものを食べたとき
フラッシュバックが起きてしまう。
あるいは似たような味覚のもの…)

毎日が地獄ではないか。

おぞましいことだ。

そして小山田は
障碍者への「いじめ」だけではなかった。

辞任の小山田圭吾に〝極悪前科〟
今度は重病患者を嘲笑
インタビュー 2021年07月20日
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3442014/

1996年の雑誌インタビューにあった話という。

入院したことがあって
友人と病室でギターを弾いて騒いでいた。

「ふたりとも寝ないから、夜中にガンガンやってると、
癌の末期患者の人とかの呻き声が『ウーッ』
とかって聞こえて来る(笑)」

「機械につながってるんだよ、そういう人とかって。
『ピーン、ピーン』とかいう機械みたいなのがあって、
夜中に『ピー!』とかって音が反応するの(笑)。
それで『ああ、今日もまたひとり死んだ』とか言って(笑)。
『夜中にあんたたちがギター弾いているからだ』
って看護婦さんに怒られた(笑)」

小山田はこれを「心暖まる話だよね」
と言って話したのだという。

小山田のいとこにあたる
田辺晋太郎という音楽プロデューサーが
小山田辞任のあと、こうツイート:

「はーい、
 正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました、
 良かったですねー!」

非難殺到で削除。

その後、アカウントそのものが削除されたようである。



私には分からない。
恵まれた家庭に生まれ、
自分の好きな道で才能を伸ばすことができる
恵まれた環境にあり、
一体なぜ障碍のある子らに虐待を加え、
それを面白おかしく吹聴して、、
私の理解を超えている、、

ただ、その小山田氏のいとこ、
「正義をふりかざす皆さん」云々の田辺晋太郎。
名前が安倍晋三の父親と同じであることも
何か暗示しているのか、
親子で安倍の「桜を見る会」に
招かれていたそうだ。

考えれば安倍や菅の政策、麻生、竹中、、片山さつき、、
彼らの弱者への態度、、
まさに「いじめ」である。


上りを立て安倍批判を叫ぶ人々に対して
「あんな人たちに負けてはならない」と安倍



「小山田は生涯、自身が犯した罪の十字架を背負うしかない」

この最後の言葉に同感。


人気ブログランキング お手数ですがどうかクリックを!

にほんブログ村  人気投票、これもクリックして頂けると大変うれしいです。

ありがとうございました! m(_ _)m

小山田圭吾の「いじめ自慢」、世界に誤解を与える五輪組織委の対応に音楽業界の危機感
2021年7月19日 デイリー新潮 https://www.dailyshincho.jp/article/2021/07191700/

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 1

noraneko-kambei

日本の新聞、テレビは具体的に伝えない
と上に書きましたが東京新聞が書いていました。

「いじめ五輪」ダメ、ゼッタイ。開会式楽曲担当だった小山田氏 「いじめ自慢」で辞任
2021年7月20日 https://www.tokyo-np.co.jp/article/117821
by noraneko-kambei (2021-07-24 19:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。