SSブログ

知らぬ間に狭い日本で今日もまたうつしうつされ晋型コロナ(ある医師の告発) [アベラ国]

TRTよりコロナウイルス.jpg

ダイヤモンド・プリンセスは、全員すばやく検査をして、陰性の人は、もっと早く
それぞれの国に引き取ってもらうというような対応はできなかったのだろうか。
人々は船上に長期にわたって留め置かれ、客室はダクトでつながり、人々は船内を動き回り、、、
この豪華客船は、私のような素人には、わざわざ乗客や乗員を実験台に感染の実験しているようにも思えた。

施設がなかった.jpg

神戸大学病院感染症内科の岩田健太郎教授が、きのう2月18日にダイヤモンド・プリンセスに乗り込み、
ものすごい悲惨な状態、心の底から怖いと思った、感染してもしょうがないんじゃないかと思った
と、U-Tubeに自ら上げた告発ビデオで語っている。

ビデオ:https://youtu.be/W3X3RSmf7ds
全文書き起こし:https://www.huffingtonpost.jp/entry/kentaro-iwata_jp_5e4c9998c5b6eb8e95b48b6a

感染症が専門で、20年以上の経験があり、アフリカのエボラや中国のSARSにも現地で対応してきたが、
自分が感染症する恐怖はこれまでそんなに感じたことはなかったという。

プロだから自分がエボラやSARSにかからない方法、他人をエボラやSARSにしない方法、
感染を広めない方法も熟知しているからと。

ところが「ダイヤモンドプリンセスの中はものすごい悲惨な状態で、心の底から怖いと思いました。
これはもう(新型コロナウイルスCOVID-19に)感染してもしょうがないんじゃないかと本気で思いました」
というのだ。



きょう横浜では、陰性が検査で確認され、熱や咳など症状のない乗客500人の下船が始まった。
下船後はクルーズ船の会社が手配したバスで駅や空港に移動し、その後は公共交通機関などでそれぞれ
帰宅の途についた。

厚労省は帰宅後の日常生活や外出などにも制限を設けず、手洗いなどの一般的な衛生対策をお願いしているという。


新型コロナウイルス、クルーズ船乗客の下船始まる
TBS NEWS https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3909115.html

告発ビデオの岩田教授によるとダイヤモンド・プリンセスの中は感染の恐れのない「安全区域」も
ウイルスに汚染された「危険区域」の区別がついておらず、身を守ることができなかったという。

「どこの手すりと、どこのじゅうたん、どこにウイルスがいるのかさっぱり分からない状態」であり、
医療スタッフや乗員も防護具をつけてみたり、つけなかったり。熱のある人も、自分の部屋から出て
医務室に行ったり。

DMAT(災害派遣医療チーム)の職員や厚労省の関係者、検疫官の方が感染した話は聞いていたが、
「むべなるかな」と思ったという。

看護師も―新型肺炎(時事ドットコム)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020021800802&g=soc

感染したこの男性看護師は13~15日、DMATの一員として派遣され、
13日に船内で発熱患者の診療補助を行っい、その後、新横浜から新大阪まで新幹線、和歌山に帰宅。

他にも同じようにして日本各地からダイヤモンド・プリンセスに派遣されたDMATのメンバーがいるはず。

岩田医師が「いやー自分たちも感染するなと思ってますよという風に言われてびっくりした」と言うのも
彼らなのか。スタッフが感染したら、乗員や乗客にもうつってしまう。。

確かに「ものすごく悲惨な状態」のようだ。危険な場所と安全な場所の区別がついていない。
「船内を歩いていて、ヒュッと患者さんとすれ違ったりする」「あ!今、患者さんとすれ違っちゃう、
とかって、笑顔で検疫所の職員が言っている」「聞いたら、そもそも常駐してるプロの感染対策の専門家が
一人もいない。時々いらっしゃる方いるんですけど」。

現場を取り仕切っているのは厚労省の官僚たちだという。岩田医師が話しかけても、
「ものすごく嫌な顔されて聞く耳持つ気ない」「なんでお前がこんなとこにいるんだ、
何でお前がそんなこと言うんだ、みたいな感じで知らん顔するということです。
非常に冷たい態度を取られました」。

結局、岩田教授は下船を求められてしまう。そこでこの告発ビデオとなったのだ。

「これは大変なことで、アフリカや中国なんかに比べても全然ひどい感染対策をしている。
シエラレオネなんかの方がよっぽどマシでした」

「日本にCDC(疾病予防管理センター)がないとは言え、まさかここまでひどいとは思ってなくて、
もうちょっとちゃんと専門家が入って専門家が責任を取って、リーダーシップを取って、
ちゃんと感染対策についてのルールを決めて、やってるんだろうと思ったんですけど、
まったくそんなことはないわけです。もうとんでもないことなわけです」

「できるならば学術界とかですね、あるいは国際的な団体ですね、日本に変わるように促して頂きたい
と思います」

2003年のSARSの時は北京にいて中国が情報公開を十分してくれなかったのが辛かった、
死亡率10%で怖かったが、今回のダイヤモンド・プリンセスの混沌とした状況よりは
「はるかに楽だった」とのこと。

今回、武漢で流行しだした時に、中国の医師がSNSで警鐘を鳴らした。

「昔の中国だったら、ああいうメッセージが外に出るのは絶対許さなかったはずです」

中国は今、公開性や透明性を大事にしている姿を見せようとしていると岩田医師。
情報公開をきちんとやって国際的な信用を勝ち得て、世界の大国になろうとしているのだと。

「ところが日本は、ダイヤモンド・プリンセスの中で起きていることは全然情報を出していない」

「それから、院内感染が起きているかどうかは発熱のオンセット(発症日時)をちゃんと記録してそれからカーブを作っていくという統計手法「エピカーブ」ってのがあるんですけどそのデータは全然採ってないということを今日教えてもらいました。

検査をした、PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)の検査をした日をカウントしても感染の状態は分からないわけです。このことも実は厚労省の方にすでに申し上げてたんですけど、何日も前に。全然されていないということで、要は院内の感染がどんどん起きててもそれに全く気付かなければ、気付いてもいないわけで、対応すらできない、で、専門家もいないと。グチャグチャな状態になったままでいる」

まずい対応がバレるのは、恥ずかしいことだが、それを「隠蔽するともっと恥ずかしい」。

「やはり情報公開は大事なんですね。誰も情報公開しない以上は、まあここでやるしかないわけです」

と岩田教授は動画を上げたのだという。

悲惨な現実を知ってもらいたいから、船上の人々の安全のため、感染拡大を防ぐため、ということだ。


クルーズ船客、陰性なら自由に 隔離継続の他国と温度差 -朝日新聞
https://digital.asahi.com/articles/ASN2L77HWN2LULBJ011.html



←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



「検証を行う」のだそうだ。どうせ、モリカケや統計不正や関西電力への調査でお馴染みの
身内で忖度検証やって「問題ない」それで終わりにするつもりだろう。。

来週にも起こる患者数急増?




医療関係者の警告「明日にでも外出禁止を行なわないと、武漢と同じになり得ます」

新型コロナウイルスの適切な治療が受けられるチャンスがほとんどない医療の現状
SHANTI-PHULA.NET https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=229723???

WHOが新型コロナウイルスの空気感染を認め、もはやパンデミックは避けられない状況
~厚労省が大がかりなウイルス検査を拒む理由
SHANTI-PHULA.NET https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=229486

最悪の場合、、

世界人口の3分の2が新型コロナウイルスに感染か
スプートニク https://jp.sputniknews.com/world/202002147104713/






会議時間は10分?15分、、、?

きょう、ようやく500人が下船したが、岩田医師の「ものすごく悲惨な状態」という告発。

これでは、各国がチャーター機で引き取った人々(なかんずく船上で感染した人たち)から
日本政府は賠償を求められるのではないか?横浜にさえ向かわなければこういうことにはならなかったと。

国際的に説明を求められて安倍政権は根拠も掲げずに言いっぱなしというお得意の自己申告
「適切に処理した」「問題ない」「あのー、丁寧に説明したとおり」をやるつもり?
情報開示と言って白塗り黒塗り?

やれるものならやってみろ。世界は甘くない。誰も忖度しないだろう。
日本は、嘘つきで卑怯で無能で無責任という安倍政権そのままの評価を頂くこととなろう。

感染症専門家・岩田教授をクルーズ船から追い出したのは、橋本岳・厚労副大臣だった!
ずさんな体制による船内感染拡大を隠蔽
リテラ https://lite-ra.com/2020/02/post-5265.html

それにしても日本人を船上でカジノに手を染めさせようというこのカジノ船

ウイルスがヨコハマの名を世界に伝え、さぞかし効果的な宣伝になったことであろう。


  • 船降りし人々がウイルスをまた世の中に広めゆくかも

  • ギャンブルを始めぬうちに元も子もなくしてしまうウイルスなりけり




対策を先手先手で先頭に立ってやってる感出しまくり



クルーズ船客、陰性なら自由に 隔離継続の他国と温度差 -朝日新聞
https://digital.asahi.com/articles/ASN2L77HWN2LULBJ011.html



政権内部で新型肺炎は「カミカゼ」(神風邪)と呼ばれているらしい。

安倍政権内部で新型肺炎は“神風邪” 憲法改正に利用の動きも
https://www.news-postseven.com/arch・・・/20200219_1542661.html

後手後手の政府

安倍は、観光客へ影響の出ることを嫌い、事態を小さく見せようとした。
先頭に立って取り組んだはずの水際対策は奏功せず、日本国内で感染が拡大。
当初、ウイルス検査の対象は、発熱症状のある人、武漢への渡航歴のある人、武漢滞在者との接触のある人ら。
ダイヤモンド・プリンセスも、乗客乗員を船内にとどめ置いた判断がかえって集団感染を悪化させた。
2月に入り、感染経路の分からない感染例が続出。

「1月時点で中国人全ての入国を止めるしかなかったが、もう遅い」(首相側近)
安倍の中国人への招待(どうぞおいでください。楽しみにしています)が数日前、削除される。



クルーズ船で新たに99人陽性 新型コロナ うち70人は無症状 - 毎日新聞 2020.2.17
https://mainichi.jp/articles/20200217/k00/00m/040/176000c

2020.2.17

“無症状”が一転 肺炎疑い 愛知の医療施設に搬送 - FNNプライムオンライン 2020.2.19
https://www.fnn.jp/posts/00432425CX/202002191146_THK_CX #FNN



2月19日現在、乗員・乗客 3,711人中、陽性 621人。
アメリカ、カナダ、オーストラリア、韓国などは下船後14日、隔離を続ける。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ←何か感じるところがございましたら、クリックを!

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←誠にお手数ですが、これもクリックして頂けると幸いです。

ありがとうございました! m(_ _)m
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新しい情報を追加しておきます(2020.2.20)


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。