SSブログ

早すぎた解除の次は遅すぎる再々宣言 緊急事態 [コロナ禍]

国民の命を守ると言いながら

守るは五輪

政府の姑息


3月21日をもって緊急事態の解除を強行した菅
感染再拡大の兆しも見える年度変わりの時期
変異株も広がり始める中
解除したらどんなことになるか
多くの人には見えていたが
25日に聖火リレーを始めたい
早期にGoToをまた始めたい一心の菅には
それが見えなかったか


菅総理会見緊急事態宣言解除1.jpg

その先に待っているのは地獄なり

命と言いて

守るは五輪




案の定そのあと
変異株が大阪で急増
ついには東京でも主流となってきたが

アベスガが1年前から全力で守り抜くのは東京五輪

アベスガが1年前から後手後手に終始しているコロナ対策


この期に及んで分科会の尾身茂会長の発する言葉がすさまじい

「もうそろそろ真剣に対策を検討すべき時期に入りつつある」(4月5日/参院決算委)

いまから検討!、、

検討すべき時期に入りつつある!

そんな時期、とおの昔に過ぎとるわい!


尾身会長「東京も大阪のようになる可能性」
2021.4.5.日本テレビ
https://www.news24.jp/articles/2021/04/05/04850992.html


グラフを見ても一目瞭然
変異株の急増は
3月21日の緊急事態宣言の解除
3月25日の聖火リレー開始
が契機


虎視眈々GoTo再開
日本旅行業者協会ANTA会長・兼
自民党幹事長二階俊博


こんな男に地獄の道連れにされたら
かなわない
『感染爆発前夜「疫病と戦う世界へ脅威」か日本
~この期に及んでまだGoToに五輪!蔓延防止措置が蔓延、、』
https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2021-04-08



人気ブログランキング 応援クリックを!

にほんブログ村  人気投票、上下ふたつともどうかよろしく!



今の方が厳しいと答えた総理

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



総理は蔓延防止措置
(飲食店の8時までの時短)の

「効果を見極めたい」

そーゆーふーに思っているのだそうだが
それこそまさに様子見の後手後手の負け戦パターン

そーゆーふーに思う

いずれにしましても
いったい何度間違えれば気が済む‥

そーゆーふーに思います


呪われた東京五輪というが
そうではない
日本が五輪に呪われているのだ
そして
そこへ向かって突き進む
闇雲に着く進む安倍、菅、麻生、二階、、、
らに呪われている日本なのである





人気ブログランキング お手数ですがどうかクリックを!

にほんブログ村  人気投票、これもクリックして頂けると大変うれしいです。


ありがとうございます! m(_ _)m


東京のかつての五輪 豊かさの
入り口次は 出口なるらん
https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2018-12-01

招致が決まってそう思ったが
まさにそのとおりの展開

「先には明かりが」

いつかは明かりも見えよう
しかしそれは焼け野が原を経てのこと

「どんな効果的な対策を打てるのかということを
 もうそろそろ真剣に検討すべき時期にいりつつある」

もうそろそろ政権を替えるべきころ
というか
その「頃」は
とうの昔に始まっていた
下手すると
その機を永遠に逸するのかもしれない



人気ブログランキング クリックを!

にほんブログ村  クリック
m(_ _)m




去年の今頃の感染はこの何分の1だったか それでも五輪は延期したのだ

安倍に呪われた日本



なぜこんな政権を支持するのだ





メディアも加勢



最後までお読みくださりありがとうございました。

人気ブログランキング ←まだでしたらどうかクリックを!

にほんブログ村  クリック!
m(_ _)m


2021.4.13.更新

大阪府 1099人感染確認 初めて1000人超に 8人死亡 新型コロナ
NHK 2021年4月13日


もういちど1年前の投稿を貼り付けておこう
自民、公明、維新、、
こういう人たちを甘く見ていてはならない
ぼやーっとしていると
殺されますよ



2020年3月30日

「いつこのコロナとの闘いが終わるのか、終息するのか、、、
 現時点で答えられる世界の首脳は一人もいないのだろう。
 私もそうです。答えることは残念ながらできません」
(安倍首相、3月28日)

(それでよく「1年位の延期」にしたものだ)

「すぐ手を打って、中止はない、そして延期にしたのは、
 日本にとって非常に良かった」(公明党・斎藤幹事長)

(なぜ良かったのだろう?
 ダラダラひきずった挙句に再延期や中止になるほうが、
よほど被害は大きいのではないだろうか)

「これまでの人類の歴史上の感染病の広がりを見ると
1年後には終息している確率は非常に高い。
妥当な結論だったのではないかと思う」(公明党・斎藤幹事長)

しかしイギリスのインペリアル・カレッジの予測では感染のピークは3回。
終息まで1年半を見ている。

その通りなら、オリンピックはちょうどコロナ禍が終息し終えたころ?

それまでに世界は出場選手の選出などできる状態になっているのだろうか?

今回のウイルス。未知の部分も多いと言われる。公明党の斎藤幹事長が

来年夏の開催を過去の感染症の広がり方から見て「妥当な結論」
と言うのは楽観的に過ぎなくないか?

来年7月に五輪開催ということのようだが、
安倍の自民党総裁としての任期は来年9月まで。
自分が首相であるうちになんとしても五輪を開催したい
という魂胆が見え見えではないか。

もともと安倍政権下で感染症対策の予算を減らし
人員を減らし保健所も減らし
五輪開催にこだわるあまりコロナ禍発生後も検査を抑え、
コロナ対策が大きく出遅れたうえ、
まだ懲りずに五輪を諦めないこの政権。
それで国民にさらに今後どれだけの犠牲を強いることになるのか。。

『練り練りてなお練り上げる緊急支援いまだ中身は判然とせず』
https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2020-03-30


人気ブログランキング

にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。