SSブログ

『マリウポリは燃えているか』(2) [ロシア/ウクライナ]



攻撃中止を命じたプーチン
まだ2,000人いるというのに
早々と無理やり勝利宣言した感じだ





包囲を続けると言うのだから
これは兵糧攻め
悲惨なことになりそうである

ゼレンスキーは西側に
兵器を寄越せーー
もっとあれば勝てるーー
とまで言っているが
ロシアはもうマウリポリを制圧したことにして
撃ち方やめ!

これで5月9日の戦勝記念日も格好がつくし
考えたくもないことだが
籠城した2,000人をいったん排除したら
ーー島原の乱で原城に籠ったキリシタン勢か
秀吉に包囲された鳥取城の飢餓地獄か
プーチンの親も苦しんだレニングラードの包囲かーー

今度は自分達の製鉄所
あるいは地下要塞として使える
といった算段か

しかし、西側はさらに兵器を寄越す

寄ってたかって兵器を送って寄越す
アメリカ、イギリス、カナダ、
スペイン、デンマーク、
ドイツまでも前向きになってきたようだ

米英加、ウクライナへの兵器供給拡大を明言 同盟国でビデオ会談 https://jp.reuters.com/article/ukraine-crisis-biden-idJPKCN2MB1G9



そして日本
防弾チョッキ、化学兵器に備える防護服に続いて
防衛相が「いろいろな用途」と白状したドローン
軍事用ということだ



ウクライナ支援を口実に岸田政権なし崩しの「戦争加担」…
提供ドローンは軍事転用可能
022/04/20 日刊ゲンダイ https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/304189




大砲や攻撃型ドローンは敵の陣地の
奥深くまで攻撃が可能



こうなって来るとロシア軍
いよいよ苦しくなる
となると局面打開にーー
これも考えたくないことだが
いよいよ化学兵器や核兵器といった
大量破壊兵器を使うのか、、

西側がウクライナを
軍事支援
しなくても地獄

しても地獄


人気ブログランキング 応援クリックを是非とも!

にほんブログ村  人気投票、上下ふたつともどうかよろしく!

「エスカレーション抑止」についてはすでに触れた
ロシア軍にある戦術核兵器使用の概念ーー
自軍が追い詰められたとき
局面打開のために戦術核を使う
ということ

そして化学兵器使用の可能性に関しては
元陸自幹部の話としてこう伝えられている:

「ロシア軍が地下施設の上にある製鉄所を
生産施設として残したいと考えているなら、
空爆やミサイル攻撃はできるだけ避けるでしょう。

 その場合、懸念されるのが化学兵器の使用です。
土壌を汚染してしまうマスタードガスのような
持続性のあるガスではなく、
換気すれば効果が消えるサリンのような
一時性のガスを使う可能性があります。
防護服・マスクの装備があれば、
自軍を数百メートルくらい後方に下げるだけで済みます。

 ロシアは化学兵器禁止条約の批准国で、
査察によって化学兵器の廃棄も確認されています。
ただ、ロシアは要人暗殺用にノビチョクを開発するなど、
世界で最も化学兵器分野で進んだ国です。
化学兵器禁止機関が作成した、
使用・生産・保管などを禁じたリストに載っていない
新しい化学兵器を使う可能性もあります」

ウクライナ軍、なぜ製鉄所に 
元陸自幹部が語る「森は兵をのむ」 2022年4月21日 朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASQ4P4D18Q4NUHBI02N.html

というわけで
各国が寄ってたかって兵器を提供し
ロシア軍を追い詰めれば
大変なことにもなりかねず、、、
かといって軍事支援をやめて
ロシアに勝たせても大変なことに、、、

軍事支援
するも地獄
しないも地獄
というジレンマだ

プーチン電話.jpg

となると最後の頼みは現場の司令官
映画『パリは燃えているか』の
フォン・コルティッツ将軍みたいなのが
プーチンの命令に背くのに期待するしかない?
という『マウリポリは燃えているか』
なのである

↓ ↓ ↓ ↓ ↓



カーク・ダグラス、ジャン=ポール・ベルモンド、
アラン・ドロンら 豪華キャスト、
ルネ・クレマン監督による
『パリは燃えているか』では
連合軍に占領される前に
パリを破壊し尽くせ!
とヒットラーは命じるが
現地パリのフォン・コルティッツ将軍は
ヒットラーが正気を失ったーー
もはやドイツの勝利はないーー
と思って命令に背くのだった

受話器からは虚しく響くヒットラーの声

「パリは燃えているか?」



Мариуполь горит?  

マリウポリは燃えているか、、

ロシアの化学兵器や核兵器の使用を回避するには
世界ももはやそこに賭けるしかないのか


人気ブログランキング クリックを!

にほんブログ村  これも!

m(_ _)m



マリウポリ包囲戦でロシア側が降伏を迫るも
ウクライナ側は2,000人が製鉄所の地下に籠城
徹底抗戦の構え

ロシア軍は
抵抗を続ければ全滅させると脅し
地下貫通弾まで見舞った

いまだ市外に逃れられない10万人からの市民
親ロシア勢力は市民を集めて挙手で新市長を「選出」
ロシア軍の移動式焼却炉は遺体を焼く証拠隠滅装置か
ロシアにはウクライナ人をロシア国内に連行する計画や
ウクライナの子供たちの養子縁組簡素化法案まであるという

メディアの伝えるこういった動きがすべて本当なら
ロシアがやっていることはジェノサイド、
民族の抹殺、ウクライナ問題の「最終解決」ーー
そんな様相すら帯びてきている

ゼレンスキーは
「兵器があれば勝てる、
 もっと兵器を寄越せ」
と西側に訴え西側も追加支援で応じる

戦力が宇露で拮抗すれば長期戦となり
人の命は失われ続け
ウクライナが優勢に転じて
ロシア軍を駆逐すれば
戦局の打開をとロシア軍
化学兵器や核兵器を使う恐れも、、

軍事支援
しないも地獄
するも地獄

ただひとり軍需産業がウハウハ

アメリカは潤うばかり
日本もここぞとばかり
憲法改正や軍備増強へ右派右派

誰も和平に力を注ごうとしない

本来ならこんな時こそ
日本は平和外交で活躍できる特別の国
になれるはずだったのに
平和憲法持ってるだけで
それを生かした外交をやってこなかった

ばかりかアメリカに追随し
国内に米軍基地を置き
気がつけば
西南諸島のミサイル要塞化を進め
ついに敵基地攻撃能力だ
いや反撃力だなどとごまかして
平和憲法はもはや死文と化し
戦争のできる国へまっしぐら

さながら走り出した暴走列車
そのレールを敷いたのは
8年に及んだ安倍政権

ウクライナを少しでも批判する者は
ロシアの手先とばかりに叩かれ
戦争の背景を探るものは
陰謀論者と烙印を押される今の日本

ゼレンスキーのボロがまだ出ぬ
今のうちにこそ憲法改正へと
走り出した暴走列車は
もう誰も止めることができないかのよう
終着駅は戦争と破局か

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連:
『マリウポリは燃えているか』(1)

関連なし:
『今治は燃えているか』

最後までお読みくださりありがとうございました。


人気ブログランキング お手数ですがどうかクリックを!

にほんブログ村  どうかこれもクリックして下さい!

m(_ _)m

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。