SSブログ

宮殿の敷居ふみ安倍万歳の声きく時ぞ秋は悲しき [アベラ国]

安倍万歳の声2.jpeg

即位礼正殿の儀の最後、天皇陛下万歳三唱の音頭をとった安倍首相だったが、
敷居を踏んでの万歳だった。

しかもあの間伸びした感じの「ばんざ〜〜い」
東条英機の甲高く腹の底から響き渡る迫力には遠く及ばなかった。

音頭差
感じましたね。

万歳三唱が終わると同時に「我が軍」の礼砲。

しかし天皇は万歳三唱はやめてくれということだったらしい。
宮内庁関係者によると安倍に押し切られたのだと。未確認情報ながら。

安倍はやっぱりやりたかったのです。
明仁天皇のときも安倍は万歳三唱をやって、天皇(今の上皇)に嫌がられたのだとか。



「 天皇の政治利用に関し安倍には前科がある。サンフランシスコ講和条約が発効して61年となった2013年4月28日。安倍政権は当時の天皇・皇后両陛下の出席を求め、政府主催で「主権回復の日」を開いた。式典の開催を知った現上皇は「その当時、沖縄の主権はまだ回復されていません」と真っ先に指摘したという。

 講和条約で本土から切り離され、72年まで米国の施政下にあった沖縄で4月28日は「屈辱の日」と呼ばれる。憲法学者からも上がった「国民統合の象徴である天皇に世論が割れる行為をさせるべきではない」との異論を、政権側は両陛下の出席で封じ込めようとした格好である。

 沖縄の反発を押し切って開いた式典の最後、退席する両陛下に「天皇陛下万歳」の声が上がり、壇上の安倍らも一緒に両手を上げた。この光景に両陛下とも怪訝な表情を浮かべ、後に複雑な心境をのぞかせたという。」

前例踏襲でも違和感 安倍首相の「天皇陛下万歳」 日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/263635

式典の開催を知って「その当時、沖縄の主権はまだ回復されていません」と真っ先に指摘」するあたり、
明仁天皇(現在の上皇)は沖縄のことを気にしていた。それを受け継ぐと言った徳仁天皇。
やはり同じ「寄り添う」という言葉を使っても安倍とはまるで真逆の意味の言葉のようだ。

https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2019-10-22
『偽物の「寄り添う」本物の「寄り添う」〜即位の礼』(のら猫)

平成の即位礼正殿の儀では、明仁天皇も海部首相も「日本国憲法を尊守」と明言。しかし今回は
「『憲法にのっとり』と表現が後退」。これも「改憲を目指す政権側の意向の反映で、あえて天皇に
そう語らせたのではないのか」と日刊ゲンダイだが、この辺もいかにも天皇と安倍の暗闘っぽい。

「6年前の『主権回復の日』の式典で、安倍首相は『憲法や教育基本法といった日本を形づくるものも
占領期間にできた』と発言。侵略戦争や植民地支配の過ちの結果、敗戦を迎え、占領下に置かれた歴史を
すっ飛ばし、占領期を『屈辱の歴史』と捉える考えが、首相の念頭にはある。この歴史修正主義に、
首相よりも若い天皇が巻き込まれないか心配です」

このように専門家の言葉を引用しているが、巻き込まれるどころか天皇は反撃に出ている。
パレードの延期など、強行したい安倍の意向をくじいているではないか。

何もかも安倍の意向が通る今の日本。安倍の意向に反対し、それをくじくことのできるのは
この天皇くらいではないのか。

もちろん主権者たる国民が目覚めれば、国民にこそそれはかなうのだけども、いま国民は
即位熱にうかされ、虹が出た、時ならぬ桜が咲いた、などと感激し、
それを安倍と混同して、内閣支持率も上がっているはず。。

←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!

戦前回帰が「悲願」の安倍が「天皇陛下万歳」の音頭
というのはやはりなんとも気味が悪い
昭和18年神宮球場の学徒出陣式で
同じく天皇陛下万歳の音頭をとったのが
東条英機であった。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


東条英機のあの甲高い「天皇陛下万歳!」が不気味なのはやはり戦陣訓を思い出してしまうからだ。
歴史的にはとうてい東条ひとりに帰すべき戦陣訓ではないにしろ「生きて虜囚の辱を受けず
(いきてりょしゅうのはずかしめをうけず)」(=生きながらえて捕虜になるな)

「天皇陛下のために立派に死んでこい」と学生たちに命令しているように響いてしかたない。

それを、安保法制を強行採決してこの日本を再び戦争のできる国にして憲法を壊した安倍が、
これから憲法を改正して国防軍を作ろうとしている安倍が、即位の礼という「世界の中心で」、
宮殿の敷居を踏みつけて天皇陛下万歳を叫ぶのだから、戦慄を覚えてしまう。

フェイスブックの友達1:日本の中に北朝鮮をみます(-_-;)

のら猫:実際、この日NHKの実況は北朝鮮の上を行ってました。だって超常現象を伝えてましたから。。
『偽物の「寄り添う」本物の「寄り添う」 〜即位の礼』

そのうちNHKのニュースは女性アナウンサーが着物で出てきて思い入れたっぷりの抑揚つけて
感極まったようにニュースを伝えます。

その時が「安倍晋皇」の時代の始まり。自民改憲案に仕込んだ「緊急事態条項」を宣言して、
独裁体制を確立したあとのことですね。

東条英機が不知火型の万歳であるのに対し
安倍晋三は雲竜型

というのは冗談だが
実は「万歳」には古来のしきたりに従った正しい作法があり

(てのひらを内側にすること。正面には向けない)
今回の安倍首相の音頭で再び注目が集まっている

ぬかりなき人たちは、きちんとこういうものは押さえておられる
千代田区長選:小池氏支援の現職が勝利…都議選に弾み - 毎日新聞
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170206/k00/00m/010/043000c



みなさん、さりげなく決めています
てのひらは正面ではなく内側に向けること

 さすが副総理
日本古来の由緒正しい万歳の仕方

 さりげなく
いっぽうこちらは
だめだなー



それまさにやっちゃいけないと言われてるやり方
まるで降参してるようじゃないか、と

ちなみにこの正しい万歳の仕方は「万歳三唱令」にもとづき
熊本が発祥の地
やはり私の生まれ故郷熊本は日本文明の中心地ですたい

 

ただし、
ただし、ここからが重要。この記事にも説明してある通り
熊本が発祥の地「万歳三唱令」、安倍首相の所作で再注目
熊本日日新聞 https://this.kiji.is/559708091643446369
これはある人々が酒に酔った勢いで(熊本じゃ「舞うごつ酔うた」と言いますが)
冗談としてでっち上げた文書だそうだ

は?

「正しい」万歳の仕方を真面目にそつなく踏襲された人々はみんな
見事にかつがれてしまっているわけである

あちゃあー

さて、冗談はさておき、
フェイスブック友の投稿で教えてもらったが、
即位の日の翌日は外国の賓客を招いて天皇主催の茶会だった。
しかし天皇が主役のこの日、脇役であるはずの総理大臣が主催して晩餐会が開かれた。
これは異例という。費用が5,700万円。
桜を見る会と一緒だ。

平成天皇の即位の礼(1990年11月)でも翌日は天皇主催の茶会。
しかし海部首相は晩餐会を開かず、各国首脳との外交に専念したという。

しかし脇役の安倍がこうしてしゃしゃり出るのは今回11月に延期された祝賀パレードの日も同じだろう
と私は予測している。(『ケンキョニズム宣言 ~パレードの延期を望む天皇に安倍官邸は圧力をかけ?』

そのパレードは安倍の「悲願」憲法改正に向けて弾みをつけるホームストレッチのはず。

このまま改憲に突き進むのか頓挫するのか、安倍としてもいよいよ正念場だ。

友達2:マスコミが安倍宣伝機関と化していますので、マスコミを監視し追及する必要がありますね。

のら猫:そうですね。私には天皇と安倍の暗闘があるように思えます。祝賀パレードを強行したかった安倍と
それに頑として首を縦に振らなかった天皇。フェイスブック友が教えてくれたのですが、
テレビではTBSの23時だけがそれを伝えたようです。

下手すると来月の祝賀パレードに便乗して内閣支持率が上昇し、改憲へつっ走る
というような流れを私は心配しています。

海部はしなかった首相主催の晩餐会を安倍がしたように、祝賀パレードに安倍がこれまでの例にない
しゃしゃり出ようで、文字通り「便乗」して、パレードのコースまで自民党本部の前を通るよう
変更している。この辺の図々しさ異常さをもっとメディアは伝えてほしいですね。

NHKの歴史番組で200年前の光格天皇のことをやっていました。名前は「こうかく」でも天皇の地位を
ぐっと昇格させた天皇です。そしてその鍵は平安時代式の儀式の復活と行幸にあったと言っていました。
行幸すなわちパレード、これを何度もやって、そのたびに日本人はあらゆる階級の人間が感銘を受けたのだと。
このへんの日本人のDNAがまた利用されようとしています。

そこんところを今から皆さんに伝えたいところ。免疫をつけてもらいたいのです。

友達2:光格天皇の話。面白いですね。

のら猫:これで一気に幕府と地位が逆転したというのです。
なんだあいつらえばっていたが、天皇なんてのはもっと何百年前、一千年前、いや神話にまでさかのぼる
すごい権威じゃないかと。それで幕末が準備されたと言っていました。天皇の権威を利用して
世の中を動かすようになったのだと。岩倉具視も大久保も西郷もみんなそうです。

友達2:これまでの経緯を見る限り安倍政権は何をするか分かりません。一人でも多くの多くの人に
危機意識をもつよう働きかけることが必要です。

のら猫:飢饉があって天災があって人々が苦しんでいる時、幕府は何もしてくれない、天皇に民はたよった。
何か今に通じるものがあります。

友達2:この秋の一連の災害、どれだけの人たちが,どの位、救済されるか見守ると、
口先だけで何もしようとしない安倍内閣の本質が見えてくると思います。

のら猫:その通り。そして台風とか洪水とかこれからもっと激しくなりそうですし、
忘れてならないのは日本列島、まだ地震や火山の活発な時期の真っ只中ということ。
これから何が起きるかわからないですね。政治や経済だけでなく。

共産主義が終わって資本主義も危うくなってこれから何がくるのか?産業も、やれ再生可能エネルギーだ、ロボットだ、ドローンだ、AIだ、気候も激しくなって災害が激化、、政治も、産業も、気候も、世界の歴史のなかで今は大きな変化がいちどに重なってやってきている大変革期ですが、その時日本はアベラという、恐ろしく時代遅れで頭が悪くて道徳観も腐りきっているようなとんでもない人々が舵取りをしているという不運と不幸。私たちはその真っ只中にいるのです。

奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の声きくときぞ秋はかなしき



いつもお読みくださり、ありがとうございます。
少しでも多くの人に読んでもらうため、人気投票に参加しています。

  ←何か感じるところがございましたら、クリックを!

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←誠にお手数ですが、これもクリックして頂けると幸いです。

ありがとうございました! m(_ _)m

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。