So-net無料ブログ作成

極東で限定的な戦争の起きるおそれの増しにけるかも [アベラ国]



菅官房長官:日韓関係の悪化は「全て韓国に責任」

-長官、なぜ「全て韓国に責任」なんですか?
-すべて韓国が間違っているからです。それに尽きます。
-長官、、

-社名と記者名、お願いしま〜す。

-あ、はい、東虚新聞の三日月です。なぜ「すべて韓国が間違ってる」んですか?

-すべて日本が正しいからです。

それ以上でもそれ以下でもありません。

日韓関係悪化、菅氏「全て韓国に責任」 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20190908/k00/00m/010/053000c

笑い話か偽ニュースかと言われるかも知れないが、菅やアベラの議論や理屈はいつもこんな風なものだ。

「韓国がすべて悪い」という主張、言論の自由があるからいいかもしれない、しかし問題は、この人
(やアベラはどいつもこいつも)自らの主張を支える根拠を具体的にきちんと掲げられたためしが、
ほとんどないということ。

え?そのお前の主張の具体的な根拠?それは、このブログの様々な記事を読んでもらうしかないし、
読者の多くはすでにご存知のこと。

根拠なき主張。「問題ありません」、「それに尽きます」、「批判は当たりません」。でんでん、でんでん。

メディアも、野党も、国民もそれを許してきた。

「民度」が(あまり使いたくない言葉だが)低いと言ってしまえばそれまで。しかし、民度なるもの、
一朝一夕に向上させられるものではない。一体いつまで騙され続けるつもりなのか?この国の国民は。



【ありきありき】(新語百番勝負)

「ありき」の考え方をとにかく最初から肯定していて、はなから「ありき」で行くことを決めている
「ありき」が最初からあるというありき前提の考え方。

【用例】

防衛省幹部が「建設ありきではいけないのか」と言ったらしいが、これだと有識者会議なんて形だけのもの、
ただの付け足しみたいなもんだって白状したようなもんだ。これを認めたらそれこそ「ありきありき」に
なってしまうよ。

類語:

【ひとりありき】

「ありき」の考えが勝手に一人歩きすること。

【用例】

この政権、ほおっておいたら、何でもかんでもいよいよもって「ひとりありき」の世界になってしまうよ。
つまり独裁ってことだね。

有識者会議が形だけのものになるように、国会だって形だけ。
なんだってこの方式で決められてしまうな。
というかそうやって次々に決められてしまっているではないか、すでに。

東京五輪組織委旭日旗応援を許容.jpeg
東京オリンピック組織委、旭日旗応援を許容に“波紋”
http://japan.hani.co.kr/arti/international/34261.html

←クリック!→ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

日中間で「限定的な戦争が行われる可能性が上昇しています」(米シンクタンク)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

フェイスブック友1:なんでわざわざ軍旗を五輪に持ち込むのかがわからない。

のら猫:軍旗だから持ち込みたいのですよ。これぞアベラの「国を取り戻す」です。戦前回帰。
それは軍国を取り戻す。皇国を取り戻す。ということ。アベラ自身でそれやったら反発を食らうでしょうから、
五輪組織委にやらせているんですよ。

'Japan Is Back': Abe Tells Americans

https://cnb.cx/34gnw2d

 

国戻り

国取り戻し

このあとは

破滅に向かい突き進むのみ


大衆が歓喜する
日本が戻ってきた

ファシズムの日本が

「この国を取り戻す」と言う安倍晋三が
この国を取り戻した
軍国主義の日本を

たとえ生活は苦しくとも
欲しがりません勝つまでは

国民生活が大切という政治はまちがっています
血を流してこそ国を守るということ
戦争は最も崇高な宗教的儀式
という
あの金切り声が響き渡る

大衆が酔う
大衆が沸く

ファシズムは甘い(最後はものすごく苦い)
軍国主義は血がたぎる

国戻り国取り戻しこのあとは

破滅に向かい突き進むのみ



今なお赦しを乞い続けるドイツ

Germany Seeks Forgiveness From Poland 80 Years After WWII Start

Germany made an emotional appeal for forgiveness to neighboring Poland 80 years after the start of World War II—and was met by a renewed demand for reparations

https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-09-01/germany-seeks-forgiveness-poland-redress-80-after-start-of-ww2



「旭日旗が政治的メッセージを持って利用されていることは承知しているが、
持ち込み禁止は想定していない」!? IWJ記者の質問に柴山昌彦文科相
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/456521

河野太郎が防衛相かという、数日後の内閣改造に関する観測記事に寄せられたコメントを読むと
大衆レベルでも戦前回帰が達成されつつあることが伺えてゾッとする。
いわく、河野は外相としていい仕事をした、
防衛相なら一発ぶっ放すことも期待できる、
云々。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190908-00000027-jnn-pol&fbclid=IwAR0FNnP6q5DoBNp0FZqq9M1F1UWKO6lqGLyZwz6PSEVJOVFJDFMQcKq1Td8

日中間で「限定的な戦争が行われる可能性が上昇しています」

日本は憲法改正時に発生可能性が高い日中開戦において敗北することがほぼ確定

米・ランド研究所が「Foreign Policy」誌上に日中軍事衝突のシミュレーションを発表していた。

尖閣で日中開戦「5日」で敗北!米国に見捨てられる驚愕のシナリオ (渡瀬裕哉) -
オピニオンサイトiRONNA
https://ironna.jp/article/3692

尖閣諸島に右翼活動家が上陸したことをきっかけに始まるが、わずか5日で日本は完敗。
アメリカは日本を見捨て、中国のミサイル攻撃に日本はなすすべもなく自衛隊は壊滅。

なぜこのような研究を発表?

それは日本政府への警告のシグナルだという。戦争始めるもんじゃありませんよ、と。

2016年のこの記事の筆者・渡瀬氏はこう結んでいる。

「改憲派で衆参の3分の2を占めることに成功したとしても、国民投票で憲法改正に対して
過半数からの賛同を得ることは極めて困難だと思います。そのため、実際の憲法改正には
「日中の軍事的な衝突」が現実の脅威として日本国民に意識される必要があります。
したがって、日中間での限定的な戦争が行われる可能性が上昇しています」 だから
「日本の首脳陣の決定的な間違い(日本が中国に限定戦争で勝利できる)について
忠告を開始した
ということでしょう」

「日本の自衛隊は専守防衛の立場を墨守してきた結果、ミサイル攻撃が主体となる現代戦では「戦えない軍隊」
になっています。これは日本国憲法による制約として課されているものですが、その制約によって
憲法改正時に発生可能性が高い日中開戦において敗北することがほぼ確定しています」

「安易な日中開戦への道を開くことは、第二次大戦以来の再敗戦を望む自殺行為と言えるでしょう。
安倍政権が現実を見据えた外交・安全保障政策を実行してくれることを期待します」


憲法改正で日中戦が起きて日本は壊滅。

そうならないためには善隣平和軍縮外交だろうが、安倍政権、そこはゼロ。
ただただ日本壊滅の道を、この道しかない、この道を強く前へ、と突き進んでいる。




次は尖閣、戦争するしかないと言い始めるかも。

竹島「戦争で取り返すしかない」 丸山穂高衆院議員がツイート | 2019/8/31 - 共同通信 https://this.kiji.is/540544923276330081

フェイスブック友2:アメリカは見捨てる。日米同盟と地位協定、密約から明らかですね。

国連の敵国条項も生きています。ロシアは常任理事国であり、敵国条項を理由として
北方領土はロシアのもの(当時は旧ソ連)といい、アメリカは、敵国条項を理由にして、
日本とだけは不平等な地位協定を結び、いまだに実効的な占領の口実にしています。
憲法9条改正と緊急事態条項があれば、中国も、日本の再軍備を口実に、尖閣を占領できます

ニセ右翼やニセ右派論者は、頭がお花畑なんですよね。危機管理とはそういうことなのに
西日本豪雨災害のさなか、憲法改正の為の赤坂自民亭をやっていた

知らないのは日本国民だけです。BBCが世界中にバラしています。

のら猫の返信:「憲法9条改正と緊急事態条項があれば、中国も、再軍備を口実に、尖閣を占領できます」
まさにそこなんです。安全のためとかいって軍備を増強するだけ余計危険になる。
安倍はオスプレイやF35を爆買いしいずもを空母にして南西諸島の軍事化を進め日本はこの記事の言う
「第二次大戦以来の再敗戦を望む自殺行為」まっしぐら。

だから「ニセ右翼やニセ右派論者は、頭がお花畑」。ネトウヨも。菅義偉だって、河野太郎だって
ええ格好しいのお花畑です。

「安倍政権が現実を見据えた外交・安全保障政策を実行してくれることを期待します」と記事にありますが、
まさにそれが安全の道。

平和憲法は死守。しかしそれだけではだめで、行動が必要。積極的に善隣外交、人権、軍縮、そういったものの
先頭に立って平和が国是の日本を世界に印象付け、実績を積み上げ、時間をかけて平和のカリスマを日本として
築いていかなければならない。

そうして初めて、隣国も手出しできない国になると思うのですが、9条護憲派でも、ただ9条があればそれで
十分みたいな、これまた「お花畑」です。



    

いつもお読みくださり、ありがとうございます。

            /\   /\
          m  (_ _)    m
     クリック!         クリック! 
     ↓               ↓
 ←クリック→ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
大変お手数とは存じますが、クリックをどうかよろしく!


 稲田朋美
元防衛相




最後までお読みくださり、ありがとうございました。
少しでも多くの人に読んでもらうため、人気投票に参加しています。

  ←何か感じるところがありましたら、クリックを!

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←誠にお手数ですが、これもクリックして頂けると幸いです。

ありがとうございました! m(_ _)m

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。