So-net無料ブログ作成

小さな新設 大きな迷惑 〜新小型原発を開発へ経産省新方針 [アベラ国]



まだ国を壊し足りぬか経産省

小型原発。輸出用と言っていたのに、いつのまにか国内で新設する話になっている。新設にもほどがある。輸出にせよ、問題起こしたら税金で保証というのだろう。ふざけた話だ。儲かったら会社の儲け。どこまでも親切な納税者。

そして小型だけじゃない。「東京など大都市圏の需要を満たすには大型の原発も必要とし、従来の軽水炉の改良も目指す」なんてことになっているじゃないか!

ちょうど一年前だった。「原発新設の議論着手というニュースに驚いたのは。そして経団連の榊原会長も伊方原発を視察して「原発の新増設も選択肢」などと言い始めていた。

先月は日立がGEと小型原発を共同開発し、2030年代の実用化目指すというニュース。今の100万キロワット規模の大型ではなく30万キロワット程度の「小型モジュール炉」原発。「国内での原発の新設や増設は難しいため輸出を想定」ということだった。

それがここへ来て国内で新設する話になっている

さらに驚いたことに大型の原発も必要とし、従来の軽水炉の改良も

こいつらは頭に乗って何でも通してくる。何でももうやりたい放題だ。

まだ国を壊し足りぬか経産省 再稼働あり新・増設も


なぜ再生エネルギーにもっと本格的に舵を切らないのか。経産省の言う <地球温暖化のために原発 > はおかしい。他国では原発と決別し、再生エネルギーをどんどん伸ばしているのだから。技術も進み、電力価格もどんどん下がっている。一体いつまで日本は原子力にすがり続けるつもりだ。

税金を湯水のごとく降り注ぎ、汚染を拡散垂れ流し、廃棄物を溜め込みながら、原子力村が必死に生き延びようとしている。いろいろな口実をもっともらしく並べ立てて。

嘘も平気でつく。世耕経産相は国会で「新設、建て替えは全く考えていない」と答弁していた。それを覆した今回の新方針。平然と大嘘をつくのは世耕弘成、大の得意である。

昭恵夫人「付き」谷査恵子のイタリア「栄転」も森友問題とは「全く関係ない」、柳瀬退任も「加計学園の問題は今回の人事に何ら影響していない」「原発のコストは安い」、見え透いた嘘をついては世の人を呆れさせる。

日本が目を覚まして脱原発を決断するのはいつか

これもちょうど一年前。水俣を訪れて思い当たった。水俣病も高度成長期の真っ只中、初めは経済優先、チッソ社こそ命、なんで反対するかと、患者たちはほとんど社会からも国からも県からも邪魔者扱いされ、置き去りにされた。いま原発に関して企業や政府はまだその段階だろう。

チッソの排水止めるべしと世の考えが転換した契機は第2水俣病(新潟)の出現であった。それと同じで、日本が原発はだめだと目を覚ますのは、第2のフクシマが起きてからかもしれない。どこかでもう一つ、大変な原発事故が起きて初めて。

しかし、そうやって国民がやっと目を覚ましても相手は原発だ。その時、下手するともうこの国に人は住めなくなっているのかもしれない。

原発の代わりに廃炉輸出せよ

「技術者を抱えておりますので」と原発建設の再開宣言をした東電の社長も、なんとか原発事業を存続させたい日立も、これからは廃炉技術に特化することだ。シーメンスなど廃炉によって好業績になっている。さあ、君らもその仲間にはいろ!
新小型原発を開発.png

新小型原発、開発へ 温暖化対策を名目に経産省
東京新聞 2018.12.1.
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018120190070739.html


まだ国を壊し足りぬか経産省


←よろしかったら上も下もクリックして下さい! m(_ _)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ちょうど一年前だった。「原発新設の議論着手」というニュースに驚いたのは。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

それにしても輸出用と言っていたのに新型小型原発、
結局はいつのまにか国内で新設する話になっている。
新設にもほどがある。

輸出にせよ、問題起こしたら税金で保証というのだろう。ふざけた話だ。
儲かったら会社の儲け。どこまでも親切な納税者。

そして新小型だけじゃない。

「東京など大都市圏の需要を満たすには大型の原発も必要とし、従来の軽水炉の改良も目指す」

なんてことになっているじゃないか!

安倍政権、経産省、原子力村。粛々と原発復活を画策してここまで来たということだろう。
経産省と言えば、原発推進の今井尚哉だ。総理秘書官。昭恵夫人の遠い親戚。
有識者会議なんていってもどうせ村の住民たちだろう。大学の先生なんか研究費を電力会社からもらい、
学生の就職先の世話になってるとか、そういう人たちばっかに違いない。

国会でもとんでもない法案がどんどん通ってゆく。もう何もかもやりたい放題だ。

そもそも、新設はしないということだった。

ところがどうしてこうして、まずは「議論着手」

『小さな新設 大きな迷惑』
https://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2017-12-03


そしてすかさず経団連の榊原会長、伊方原発を視察して
「原発の新増設も選択肢」などと言い始める
よりによって地震の神様のまします佐田岬
400年周期の大地震の連鎖の最中に。


電力社長、原発新増設への期待感 エネ計画見越して言及増える
2018.1.14 福井新聞
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/281734

関西電力の岩根茂樹社長、日本原電の村松衛社長は新増設や建て替えについて記者団に
「2050年に向けいつごろから何をすべきか、エネルギー基本計画の中に入れてもらいたい」
「2050年を見据え、明確にしてもらいたい」

2017年12月の会合では、複数の委員が
「長期的に政策を維持するためには、新増設を考えざるを得ない」
などと新増設、建て替えに言及。

これを受け西川知事は「新増設に言及する委員は14年の現計画策定時より増えている気がする」

世耕弘成経産相「今のところ新増設、建て替えなどをしなくても、
(30年の原発比率などを示す)電源構成は達成できると考えている」としつつ、
「エネルギー基本計画の見直しや、50年(のエネルギー政策の方向性)を踏まえた議論も
してもらう中で考えていきたい」と、有識者会議の議論を見守る考え。


世耕大臣はこの時、表向きは「議論を見守る」なんて言い方をしているが、嘘は大の得意の大臣、
機を見て、新増設を打ち出すつもりだったとしか思えない。原発への回帰はどう見ても既定方針なのだ。


そして5月、電事連会長の「おのずと必要に」発言である。

原発の新設・増設は必要.png
新増設はおのずと必要.png

10月には、日立がGEと小型原発を共同開発し、2030年代の実用化目指すというニュース。

日立、GEと小型原発を共同開発、30年代実用化目指す
産経ニュース
https://www.sankei.com/economy/news/181015/ecn1810150004-n1.html

日立、GEと小型原発を共同開発 海外輸出に活路
2018/10/15 テレビ朝日
https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000138441.html

日立製作所がアメリカのGEと新型の小型原発を共同開発し、実用化を目指す。

今の100万キロワット規模の大型ではなく
30万キロワット程度の「小型モジュール炉」原発。

国内での原発の新設や増設は難しいため、輸出を想定

3.11以来、日立の沸騰水型の原発は1基も動いておらず、
原子力事業を存続させるには、小型原発に活路を見いだすしかない。



そして12月、経産省の新方針の見通しを伝えた東京新聞。
筋書き通りじゃないのか。

しかも、輸出用と言っていたのに国内で新設する話になっている。

しかもしかも、冒頭の東京新聞の記事によると、
大都市圏の需要を満たすために「大型の原発も必要とし、従来の軽水炉の改良も目指す」!

地球温暖化対策のために原発が必要というが、原発は地球温暖化ガスの二酸化炭素は出さなくても、放射能を漏らすし、事故を起こすし、行き場のない放射性廃棄物が溜まってゆく。人々の健康や命や環境や国土をそこない、費用もかさむ。なぜ再生エネルギーにもっと本格的に舵を切らないのか。

地球温暖化対策のために原発が必要というが、他国では原発と決別し、再生エネルギーをどんどん伸ばしているのだから、経産省の言い分は通らない。他国は脱原発を宣言し、再生エネルギーがどんどん増えて、技術も進み、電力価格もどんどん下がっている。一体いつまで日本は原子力にすがり続けるつもりだ(*)。

「将来の建設を想定しており、原発の新増設に道を開く」
「地球温暖化防止の枠組み「パリ協定」実現のために、原発を活用」
「国内の多くの原発が四〇年ごろに寿命を迎えることを受け、「将来も一定の原発比率を維持するには、
 新原発の建設に向けて今、準備を始める必要がある」」

そんなことでは再生エネルギーの伸びを鈍化させるだけではないか。

「再生エネが増えていくので、これをサポート(補完)する必要がある」
「天候で変わる太陽光などの不安定な出力をならす必要があり、既存の大型原発より出力を調整しやすい
 小型原発が必要」

「使用済み核燃料から取り出したプルトニウムが国内外に大量に蓄積し、核不拡散の観点で各国の懸念が高まっていることから、プルトニウムを大量に燃やす原発が必要」

原子力村が必死に生き延びようとしている。いろいろな口実をもっともらしく並べ立てて。

政府の今年夏に決定した「エネルギー基本計画」は新型炉の研究を進めるとしつつも、新設には言及せず。
世耕経産相は国会で「新設、建て替えは全く考えていない」と答弁。

それを覆した今回の新方針である。
さすがに世耕〜〜い大臣、これまで何度も書いてきたように、平然と大嘘をつくのは大得意である。


「色んな費用を全部含めたとしてもですね、はやり発電単位あたりのコストは原発が一番安い
 というふうに考えております」(世耕弘成・経産相 2016.12.7) 。

どんな計算してんのか。一体全体どんな経産まちがい。
根拠を一切示さない断言なのが菅官房長官とまったく同じ。
世耕 原発コスト安い.jpg

https://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2017-08-17
『【世耕い】(せこ~い/形容詞)』

(*)日本が脱原発を決意するとき(1年前も書いたがもう一度):


のら猫:命を破壊する原子力なのに、原子力こそ命という人が多すぎる。権力持ちすぎ。

水俣病も初めは経済優先、高度成長期の真っ只中、チッソ社こそ命、なんで反対するかと患者たちはほとんど社会からも国からも県からも邪魔者扱いされ、置き去りにされ、白眼視された。原発に関して企業や政府はまだその段階。

水俣の地元の商工会議所とか市長とかがかつてなんと言っていたか今振り返るとすごいよ。「会社を粉砕して水俣に何が残りますか?」(今なら「平和と健康!」と即答できるが)「全国の世論を敵にしてもチッソを守る」(かつての水俣市長の言葉ですが、これなんか、全国民が反対しても原発を押し付けると言った前の鹿児島県知事・伊藤祐一郎そっくりで笑ってしまう)「チッソをなくせば水俣は闇ぞ」。商工会議所の副会頭は病名の改名を陳情。(名前を変えれば問題なくなると思ったのか。これなんかも、今の福島を思い出す。福島の観光業復興のために地名を変えましょうと、「産業おこしの神様」だかなんかがNHKの番組で提唱していたよ。

原発もまだこの段階。今回の新方針も原子力村の連中で決めて、粛々と進めている。国民の反対もそんなに強いわけでもないとタカをくくっているようだ。

この政権への支持率、一番新しいところで48%とか53%なんて数字が出ている。もうなんでも通せるのだ。どんなとんでもない法律でも。水道もとっくに外資に売り渡す法律を通している。あんだけデタラメのモリカケなんか、大半の国民は忘却の彼方のようだ。

福島の事故の直後、イタリアなど、国民投票90何パーセントと圧倒的な原発への反対票で脱原発を決めた。日本がそうなるには、水俣病でも世の中が反チッソに転換したのが第2水俣病(新潟)であったように、第2のフクシマかもしれない。しかし、そうやって国民がやっと目を覚ましても相手は原発だ。あとの松井。第二のフクシマなんぞ起こった日には、この国にはもう人は住めないかもしれない。

ということで、国会周辺に数十万人のデモが毎日のように押し寄せる、といったような状況にならないと、この安倍政権はもう止められないのかもしれない。野党は国会でもう何もできない。

入管法案衆院通過2.jpg

終えるべきだからです
てか


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  今日もお読み下さり有難うございました
         /\   /\
       m   (_ _)   m
  クリック!         クリック! 
      ↓           ↓ 

   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
  誠にお手数とは存じますがまだでしたら
↑クリックをどうかよろしくお願いいたします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



『小さな新設 大きな迷惑』
2017-12-03
https://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2017-12-03

まだ国を壊し足りぬか東京電力

「技術者を抱えておりますので」などとほざいているがこの社長、彼らが食いっぱぐれないよう、国全体巻き込んで原発推進してまいります? バカも休み休み言え!

彼らには廃炉に特化して、専門知識を活かしてほしいものだ。世界にも原発輸出ではなくて「廃炉輸出」で日本の技術を活かせばいい。引く手あまたのはずだ。

こいつらのおかげで俺たちは毎日セシウム入りの水を飲まされ、毎日セシウム入りの空気を吸わされ、セシウム入りのコメを食わされ、放射能に汚染された野菜や魚や肉を食わされている。税金や電気代、原発事故の尻拭いに吸い取られている。将来世代にまで負担のツケを残してゆく。汚染土を公共工事用の土や農土に混ぜて全国にばら撒く。多くの人の生活と健康と寿命を奪っており、将来の世代の健康をも損なうことになる。

この上、原発増やして金儲けだと?
地獄に堕ちろ。


新設に親切に出す5000億


事故の償金渋るくせして







大きな迷惑


太陽光を遮ってはならない



  クリック!         クリック! 
      ↓           ↓ 

   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
  クリックどうかよろしく! もっと多くの人に知らせたい、伝えたい、読んでもらいたい。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。