SSブログ

法相は金にも票にもならぬと話し死刑ハンコで笑いとってた [刑事司法]


直前まで本人も辞めないつもりだったし
岸田も辞めさせないつもりだったようだが
いよいよ無理と見てか急遽、、

それにしても葉梨康弘
「法相は金にも票にもならない」と言っては
死刑のハンコを自虐のネタにして
自民党議員の仲間内で笑いを取る
というのが定番だったのだそうだ

法相にとって死刑執行の決定というのは
そんなに軽いことなのか

「法相は金にも票にもならない」
つまり金にも票にもなる大臣職
というものが別にあるということだ
それを羨ましがっているのだ

どこまで腐った連中だ
金と票のために政治家をやっているのか

政治と政治家の劣化と腐敗はここまできたのか
呆れるばかりである

日本はいわゆる「先進国」の中では
アメリカ、韓国と共に死刑制度の残る最後の国である

『世界の死刑執行 2016年』 
https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2017-04-12

しかしアメリカもすでにほぼ半数の州で死刑を廃止し
他の州でもここ数年は刑の執行を停止したままで
死刑廃止に向かっているようだ(このところは足踏み)

『死刑の死が視界に』
 https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2015-06-16

制度として死刑がまだ残っている韓国も
すでに4半世紀、刑を執行していない
死刑凍結国
事実上の死刑廃止国だ

『次は日本だ アメリカの死刑廃止が見えてきた』
https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2015-06-25-3

日本の死刑が特に残酷
と言われることのひとつが
刑の執行を当日の朝まで
本人にも家族にも伝えない
ということである

朝の看守の見回りの足音が近づくと
死刑囚は固唾を飲むはずだ
それが自分の独房の前でぴたりと止まり
その日の刑の執行を伝えられるーー
ということになるかもしれないからだ

それが毎日繰り返される、、、


人気ブログランキング 応援クリックを是非とも!

にほんブログ村  人気投票、上下ふたつともどうかよろしく!


人は誰しも死ぬ運命にある
生まれると同時に死刑宣告を受けたようなものだ
ただいつ執行されるのかは誰にも分からない
神のみぞ知るーーというか
神がいるかどうかも分かっていない、、

そして死とは何か
人には分かりえぬことなのである

だから人が人の命を奪うことは許されない
しかし国家の名においてそれをするのが
死刑である

だから「死刑のハンコ」はよほど重いものである

水際の不手際No. 249.jpeg

私は2年前のガンの手術以来(闘病日誌
再発はないか転移はないか
3ヶ月ごとに尿や血液
内視鏡やCTの検査を受けてきた

その検査結果を医師から聞くのは
ほどなく死刑執行となるのか執行猶予か
その通告を受けているようなものである

これまでのところは胸をなでろしてきたが



 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)