SSブログ

ジャパライフ勉強会で会長が「そこにいただけ」加藤大臣♪ 晋三はあまたの嘘の罪重ね [アベラ国]



  晋三は
  あまたの嘘の
  罪重ね

今の時代はずっとこーだよ

しかし、このポスター、内閣府の課長さんはやっぱりまた言うのかね。

「< 倫理の積み重ね > 分かりました。
 ちなみに分かりましたとは、趣旨は理解しましたということです。
 必ずしもその通り行動するという意味ではありません」

故晋太郎氏の訪米時 首相とジャパンライフ元会長 
東京新聞 https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201912/CK2019120702000146.html

安倍晋太郎外相の訪米にジャパンライフ元会長が同行。
当時の外相の秘書は、息子の晋三だった。

心臓をぶち抜く情報

「「山口と心臓は、心臓がつながっているほど関係が深い。山口は清和会の政治屋を看板・広告塔にして、
善良な小金持ちを騙して、暴利を得てきた。安倍の後見人を任じている、日本を”神の国”と信じ込んでいる
森喜朗らと、山口のあぶく銭に群がってきた。清和会関係者ならみな知っていることだ」
とは清和会OBの指摘である。」
https://ameblo.jp/honji-789/entry-12553816805.html

総理の答弁する姿が目に浮かぶ。

「この方、山口会長? でしたか?
私は、私は、必死で、いわゆる、いわゆる、顔を、
顔を見ないようにしてましたから、
いわば、まさに、面識!面識!面識!
私は、面識は、ないのであります!」

でも「面識はない」と安倍総理が先日の社民党・吉田忠智議員の質問に答弁していたのは
昭恵夫人と山口元会長のことだった。


「山口氏と一対一の形で会ったことはなく、個人的な関係は一切ない」

「一対一」これは、必ずお付きの人とか、周りに誰かいるし、
こう言っても嘘にならないということだ。

「個人的な関係は一切ない」これも、関係はあくまで仕事上のものであって、
個人的なものではない、で嘘ではない、と言い逃れるつもりかもしれない。



マスコミ主催の勉強会で山口元会長がそこにいただけ~

一方こちらは加藤勝信厚労相。
会合(「マスコミ主催の勉強会」)でたまたま同席しただけとの主張だ。



←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←クリック! そこを押すだけ〜 ♪

加藤厚労大臣そこにいただけ.jpg

♪ そこにいただけ〜 ♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。