So-net無料ブログ作成

ひとことも答えぬ菅よこの人の一体どこが適材適所 [アベラ国]

とにかく「適材適所」というおまじないの威力はすごい
このひとことで日本はメディアも国民も野党も引き下がる
しかしよくよくそのインチキを見抜かなきゃだめだよ皆さん

菅義偉201909.jpg

組閣後の菅長官の記者会見
記者が質問:

「今井内閣府政務官の起用について午前の会見で適材適所
 とおっしゃいましたが、具体的に今井氏のどのような経歴などが適材
 として起用されたのかお聞かせください」

この質問に菅義偉官房長官がどう答えたか、映像でまずご覧あれ。



菅官房長官:ま、人事については、適材適所で対応をいたしております。

答えはそれだけである!

答えていないのだ!

組閣後の菅長官の記者会見

記者が質問 菅は答えず


きのう書いた河野太郎防衛相も顔負けの逃げ足の速さ
(『河野太郎 貫く信念いまいずこ 脱脱原発脱兎の如く
そそくさと次の質問に逃げている。

いやはや。質問をした日本テレビの鈴木記者も、ずいぶんコケにされたものだ。

「具体的に教えて」「適材適所とおっしゃいましたが具体的にどこがどう適材適所なの?」

と聞いたのに、一切とりあわず、「適材適所」のおまじないを繰り返すのみ。
これほど人を馬鹿にした答えもない。

ここで、河野太郎に食い下がった共同通信の石井記者のようにしつこく追撃せずにどーする?!

と思ったが、待てよ、勝負はついているのか。
それに気づかぬ国民が馬鹿なのだ。
そうも思った。

菅官房長官:ま、人事については、適材適所で対応をいたしております。

答えはそこまでであり、質問に答えていない。

(このような場面これまでなんど見てきたことか)

そして答えずとも言ってしまっていること:

 あんたの質問にまともに答えなくても、屁とも思ってないよ。
 今井政務官には、政務官たる具体的な経歴も資質もない。

ということなのだ。

←クリック!→ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)