SSブログ

桜を見る会前夜祭 ありえない説明 ありえない総理 ありえない政権 [アベラ国]

安倍 桜を見る会前夜祭はホテルと個人.jpg

安倍後援会が主催者だが「前夜祭」は個人とホテル間の契約。「契約主体は参加者個人」
安倍事務所は「集金のお手伝い」(1/31安倍答弁)

ホテル側の職員の「立ち会いのもと」安倍事務所の職員が集金して
安倍事務所職員の「立ち会いのもと」ホテル側が領収書を発行した

というのだが、なぜお互い「立ち会う」必要があるのだ?
安倍の言うとおり

「後援会主催の前夜祭の契約主体は参加者個人」
「参加者本人とホテルの関係においてお金の支払いと集金」

なら、参加者はホテルに直接支払い、ホテルが集金して領収書を発行するはず。

なんのことはない。
安倍の説明は、公職選挙法違反と政治資金規正法違反をなかったことにするための、
苦しい言い逃れ、偽装なのだ。

立憲民主党の山井和則議員が質問(1/31 衆議院予算委)


山井議員は桜を見る会の前夜祭、
「安倍事務所は収支ゼロだから報告しなくていい」
というのが安倍首相の主張だと言うのだが、そうではない。

安倍は「収入もなく支出もないから報告する必要ない」
と言うのだ。

この日も安倍首相は同じ主張を繰り返した。


安倍事務所には収支がない(収入もなければ支出もない)、
だから報告しなかったし、それで問題ない
というわけだ。
去年のぶらさがり会見でも同じ説明だった。

私は、安倍事務所が集金した時点で収入が発生、
ホテルに渡した時点で支出が発生したと考える。

その収支報告をしていないのだから、政治資金規正法違反だ。

去年、ぶら下がり会見のときに書いた通りだ。

『安倍の言い分のウソを見破った!「収支が生じてないから政治資金規正法違反でない」』
https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2019-11-15

そして「補填」があったのも書いた通り。
『安倍のウソを見破る(2)「差額はなく補填もない前夜祭」のウソ』
https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2019-11-16

『ウソ看破(3)安倍の進退きわまる(元従業員が証言)
 やはり宴会5千円、ホテルの領収書、ありえない』
https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2019-11-18

ところがこの日、1月31日、安倍は新しいことを言い始めた。

「後援会主催の前夜祭の契約主体は参加者個人」
「参加者本人とホテルの関係においてお金の支払いと集金がなされている」

と言うのだ。


山井議員「ありえない」と一笑に付した。




←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!

確かに「ありえない」総理の答弁である。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ホテルと価格を交渉したり予約をとったりしたのは安倍事務所であるはずだ。
会場で金を集めたのも安倍事務所。
ホテルに金を支払ったのも安倍事務所。

これらのことを考えれば契約主体は安倍事務所。
その収支の報告をしなかった安倍事務所。よって政治資金規正法違反である。

安倍は「法的には明確」というだけで何の具体的論拠も掲げていない。

のら猫:ホテルニューオータニで安倍後援会を主催者として破格の安い値段で開かれた
「桜を見る会前夜祭」。安倍の言うとおり、ホテルとの契約主体が参加者個人というのなら、

 ホテルと価格を交渉したり予約とったりした安倍事務所は何者?

 会場で金を集めた安倍事務所は何者?

 その金をホテルに渡した安倍事務所は何者?

フェイスブック友:

あ、わかったぞ。安倍晋三後援会って実はホテルオークラの宴会部門の別称なんだ。
だから主催は安倍後援会の前夜祭でも、契約はホテルと個々の参加者との間なんだ。

ということは、安倍晋三はホテルオークラの宴会担当職員であり、
だから宴会で安倍晋三があいさつしても不思議じゃないんだ。

のら猫:そうなんです。そう考えるしかない。

あるいは、安倍事務所は実体のない幽霊ボランティア組織とでも考えるしかない。
安倍の秘書は無償で参加者やホテルに奉仕する透明人間か。

しかしやはり私は安倍事務所は実在すると思うから、850人からの参加者一人一人から
五千円受領したたびに収入が生じ、まとめてホテルに払った時点で支出となり、
この収支を報告していないので、政治資金規正法違反だ思うのです。
こんな単純な話、誰もそのように言わないのが不思議。

しかし事はそう単純でないので困る。
というか、安倍は公職選挙法違反、選挙資金規正法違反というごく単純な話を、
そうでないと言い張って無理な理屈をあーだこーだとこねるからややこしくなるのだ。

安倍の無理な言い分(1):

ホテル側の人の「立ち会いのもと」安倍事務所の職員が集金して
安倍事務所職員の「立ち会いのもと」ホテル側が領収書を発行した。
領収書は「その場で」800人余りに「手書きで宛名、日付、摘要を記入」して「参加者に渡した」。
事務所に収支は生じていない。

こんなホラに騙されてはいけない。
これは安倍の公職選挙法違反、選挙資金規正法違反をなきものにするために
とても無理をして作り上げた状況説明だ。

安倍の言うとおり、「契約主体」が参加者個人で、支払いが参加者から直接ホテルに対するもの、
であるのなら、

なぜわざわざ
ホテル側の人が「立ち会いのもと」安倍事務所の職員が集金して
安倍事務所職員の「立ち会いのもと」ホテル側が領収書を発行するのだ?

安倍の言うとおり、「契約主体」が参加者個人で、支払いが参加者から直接ホテルに対するもの、
であるのなら、立ち会いもくそもなく、普通に

● 参加者がホテルに5,000円を払い
● ホテルが参加者に領収書を発行

となるはずだ。



要するにこれは安倍事務所に収入があり(参加者からの集金)、支出があった(ホテルへの支払い)ことを
なかったことにするための偽装、そのためにでっちあげた苦しい状況説明なのだ。

安倍の無理な言い分(2):

「ホテルから参加者に領収書が発行された」

ならばなぜ下関からも一切、領収書の現物が出てこないのか?

『わたしのおうちは下関よ ♪ 新おおブレネリ 箝口立国』
https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2019-12-23

安倍事務所とホテルは安倍の政治資金規正法違反と公職選挙法違反を回避する偽装工作の共犯者のようだ。

(つづく)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつもお読みくださり、ありがとうございます。
少しでも多くの人に読んでもらうため、人気投票に参加しています。

  ←何か感じるところがございましたら、クリックを!

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←誠にお手数ですが、これもクリックして頂けると幸いです。

ありがとうございました! m(_ _)m

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。