SSブログ

晋型のコロナウイルス下手するとオリンピックが開けなくなる [コロナ禍]

TRTよりコロナウイルス.jpg写真:TRT

ニューヨークタイムズによると、新型コロナウイルス、最新の数字で死者170人
大半が武漢市、湖北省。
中国国外で死者は出ていない。

感染者7,711人
この24時間で1,737人増えている。
チベットでも報告例。これで中国のすべての省や地区で起きたことになる。

ついにSARSの時の感染者数を超えた。
(と言っても単純に比較はできない。SARSの時は今より検査器具の不備、統計の透明性で問題が多かった)



中国本土以外の感染者は68人。

タイ、14 人
日本、11人
香港、10人
アメリカ、台湾、オーストラリア、マカオ、フランス、5人
シンガポール、韓国、マレーシア、ドイツ、4人
カナダ、3人
ベトナム、2人
ネパール、カンボジア、アラブ首長国連邦、1人

台湾、ドイツ、ベトナム、日本では、中国渡航歴のない人も感染。

オーストラリアは感染者をクリスマス島に2週間隔離へ
アメリカは基地で隔離

台湾は団体客受け入れを拒否
フィリピンは本国へ送還
『日本でも広がる頃ナ』 https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2020-01-26

日本は厳しさが足りない

←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!


新型ウイルスが晋型に変わる時

総理大臣からしてこれ

幅広く募集?




お楽しみはこれから?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


来ましたが、何か?

 博多に4,600人


商売、商売、
 石川県

命落としたら元も子もないのに。



大流行を食い止められるかどうかの瀬戸際というのに、金儲け、経済優先の日本!



一部の人に《相部屋》での滞在を要請。。

潜伏期間は1日〜14日と言われる新型コロナ。
症状が出ていなくとも感染している可能性もあるのに
《相部屋》というのが理解できない。。

武漢からチャーター便で帰国した人のうち「症状が見られなかった人たち192人」がホテルに滞在。

検査を拒否した人も2人いるらしい。

中国渡航歴のない奈良県のバスの運転手が中国からの観光客を運んで感染している。
ニューヨークタイムズの記事によるとアメリカの専門家がこれに注目、
病院の待合室でもうつるということだと懸念している。

 五輪危うし
東京五輪の開催を危ぶむ声も聞こえ始めた。

新型コロナウイルス禍、あと1週間から10日でピークという学者もいれば、
4月から5月にかけてという大学もある。誰にも確実なことは言えないというところだろう。

SARS禍は、中国南部を中心に30カ国あまりに拡大、2002年11月から2003年7月までだった。
8,000人あまりが感染し800人ほどが死亡(死亡率10%くらい)。
しかし今回すでに感染者数がこの時を上回っている。

五輪出場をかけた試合や競技の予定変更が始まった。五輪委員も懸念を表明し始めている。

まさかあいつが出てきてまた

「アンダーコントロール」

「健康問題は過去も現在も将来もないことをお約束」

なんてまたまた大嘘をやらないよな。

今こそ、のるかそるかの大事な段階、というのに

 大嘘1 大嘘2
香港の医師らが厳しい措置を勧告。
武漢で感染すでに44,000人と推測。
政府の公式な数字よりははるかに多い。

臨床的に確認した数字として25,000人から26,000人

と香港大学の医学部部長の梁卓偉教授。政府のコロナウイルス諮問委の委員でもある。

人から人へ感染が始まっている。世界的な広がりを防ぐには厳しい措置が必要とも言う。

例えば集会の禁止、移動の制限。

予防原則に従い、世界的な大流行となるかもしれないと考え、備えをすべきである。

確実に言えることではないが、可能性が全くないとも言えない。だから備えが必要である」

(香港はSARSのときに医療従事者が何十人と犠牲になっている。やはり、甘くないですな。のら猫、独白)


今回の新型コロナウイルス、広がりすぎるとSARSのようにはいかない。
今後4、5週間が大事。収束に向かうか、世界的な拡大に向かうかの分かれ目。
とアメリカの国立アレルギー・伝染病研究所のフォーシ所長。

問題は中国がウイルスを封じ込められるかどうか、そして、
他の国々が感染を食い止められるかどうかであり、
それができれば2003年のSARSのようにやがて収束するだろう、
しかしそれは大変な綱渡り、とのこと。

アメリカの疾病管理予防センターのフリーデン元所長によれば、あと数日で分かるという。
何千人、何万人と感染が広がれば無理。しかしSARSの時のように、隔離など徹底させてゆけば、
食い止められるだろう、とのこと。

ひとつ心配されるのが、アフリカで猛威を振るうこと。医療体制が整っていないからだ。

国立免疫呼吸器疾病センターのメッソニア博士によれば、中国は、ウイルスを封じ込めるというより、
緩和策に出ているように見えるという。

唯一助かっているのはSARSやMERSのような死亡率でないこと。

これまでのところ死亡率は2パーセントほど。まだ確実なところは言えないが。
死者も高齢で持病のある人が主。
SARSの死亡率は10パーセント、MERSでは35パーセント。

それでもさらに拡大すれば2パーセントの死亡率でも多くの人が死ぬことに変わりはない。
普通のインフルエンザだと死亡率は0.1パーセントと低い。
それでも毎年、世界で50万人あまりが死ぬ。
アメリカではこの冬、疾病管理予防センターの統計によると少なくとも8,200人が死んでいる。

これもなあ。
武漢から帰国のチャーター機 政府が8万円請求へ
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000174871.html



チャーター機「これまでも本人負担」と茂木外相。 https://mainichi.jp/articles/20200129/k00/00m/040/326000c

ほんなら後援会の花見で買収はいつから税金負担があたりまえになったのか?!  不安が募る
国会で総理大臣が漢字の練習帳?

パンデミック発生の瀬戸際というのに
なんとも能天気な日本
というか
国のトップがそもそも議員、総理大臣、政治家たる正当性を失う一大スキャンダル・
桜を見る会事件にまみれている

不安が募る
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『日本でも広がる頃ナ』 https://noraneko-kambei.blog.ss-blog.jp/2020-01-26
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつもお読みくださり、ありがとうございます。
少しでも多くの人に読んでもらうため、人気投票に参加しています。

  ←何か感じるところがございましたら、クリックを!

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←誠にお手数ですが、これもクリックして頂けると幸いです。

ブログを始めてはや5年。お陰様で読んでくださる方が徐々に増えてまいりました。
とても励みになっております。

いつまで続けられるかわかりませんが、気力と体力のある限り
今の政治がおかしいことをより多くの人に伝えたい
と思っています。

どうかよろしく! m(_ _)m

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。