SSブログ

菅官房長官の言い分をことごとく真っ向否定 公文書の専門家〜桜を見る会名簿データ [アベラ国]

菅 データは規則に則って適切に処理している.jpg



PKO日報事件を受け2017年に公文書管理法の指針(ガイドライン)を改定した三宅弘弁護士が
TBSや朝日新聞の取材で菅の言い分をことごとく真っ向から否定していた。

やはり私の(別にガイドラインに詳しいわけでもなく、勘で言ったことだが)思ったとおりだ。
きのう書いたように「公文書でないから議員の請求に応じる義務はない」なんてのはでっち上げだったのだ。
「公文書でないから議員の請求に応じる義務はない」なんて規則いつからどこにあったの?

「バックアップデータは行政文書」 政府見解に識者反論:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASMD5342PMD5UTFK001.html

三宅:「バックアップデータはあります』と説明すべきで、それを『電子データを廃棄した』
というだけの説明は、役人としてやってはいけないことだ」

菅官房長官はルールに基づいて廃棄したと繰り返し、行政手続きとして問題がないことを強調しているが
「菅氏が言っているのは誤った解釈」

原本である「データを誤って廃棄してしまうこともありえる。その場合は、
記録しておいたバックアップデータを原本として共用していかなければならない。
電子文書時代のバックアップデータとは本来そうしたものだ。政府の解釈は成り立たない」

「国会議員から資料要求が来ているのなら、バックアップデータであっても
出さなければならない義務が発生する。国政調査権の本旨を考えれば当然のことだ」

「国会議員から資料要求があった時点で、仮に役所側が1年未満の保存文書と考えていたものだとしても、
重要な取り扱いをするべき『歴史的公文書』として扱い、用済み後廃棄とはしないで
国立公文書館に移管する。30年後の公開でもいいから、
のちに歴史家が安倍政権の功罪を検証できるようにしないといけない」

「歴史に残る長期政権だが、残念ながら政権のトップである安倍首相と菅氏に公文書管理の正しい理解がない」



これを要するに、菅の「規則に則り適切に処理している」は、
自分らで勝手に規則をでっち上げ、自分らの都合に合わせ恣意的に運用しているということである。

結果的にまたもや「独裁宣言」

「提出の求めに応じるのは行政文書に限る」のは何を基づいてのことなのか、の質問に答えられない菅。
「個別に」「政府が責任をもって」「規則に則って適切に対応」、、
この政権、独裁的に、恣意的にやっております、と宣言した瞬間だ。


例によって質問に答えない菅官房長官。
「何に基づいて行政文書だけに対応するのが前提になっているのか?」と聞かれ
「行政文書が前提。でないものには対応しない」

なんの根拠も示せない。< 問題ないから問題ない> <要求には応じられないから応じられない>
< 適切に対応しているから適切に対応している>

安倍政権は独裁です。根拠なき政権です。と言っているのだ。

記者:「国会議員からの資料要求に対しては

 対象が行政文書であることを前提としている」

この前提というのは何に基づいているのですか?
菅:まさに行政文書であることを前提として個別に判断と、だから、
行政文書でないものについては対応しないということだというふうに思う。


「提出要求の対象は行政文書に限る」だから公開しないという菅官房長官、
そんな法律はない、何に基づいてそんな運用なのか?と聞かれ、
答えられない。

「政府が責任をもって対応する」というのだから、
わしらが都合よく勝手に恣意的にやっとるよ、わしらは独裁よ、
と答えているわけである。

記者:対象を行政文書に限っている法律はないと思うんですけど、何に基づいて運用しているんですか?

菅:政府が責任をもって対応するというのが行政文書であります。


←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←上下ふたつともどうかよろしく!


安倍がシュレッダー担当の個人情報をバラしたことを
ロイターが報じている。

日本国民はいい加減気づくべきである
世界はもう知り始めている

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

日本国民はいい加減気づくべきである
世界はもう知り始めている

名簿の公開拒否が招待者の個人情報保護なんかじゃなくて
自分らを守るためのことだと

犯罪の隠蔽 不正追及からの逃げ切り行為だと

シュレッダー担当者の個人情報を漏らした総理大臣であることを
ロイターが報じた

 ロイター

モリカケさくらジャパライフ
シンゾは続くよどこまでも
終着駅は晋日本帝国


新語百番勝負

【破気が漲る】(はきがみなぎる)
文書を破棄したいという気がみなぎること。

【用例】
日本は内閣府を始め、国をあげて破気がみなぎってきた。

【破気破気してる】(はきはきしている)
てきぱきと文書を委細かまわず手当たり次第に破棄する手際の良いさま。
テキ破気(てきぱき)とも。

「この破気がいいね」と君が言ったから三月某日はシュレダ記念日

【破棄気がする】
文書を破棄したい気持ちに襲われること。

【用例】

このハキハキした警官、「なかったことにしようと思った」、「事件を放置」、
破棄気がしてきてテキ破気と「シュレッダーで破棄」、、
ほとんどアベ晋ドロームの症状そのものだよ。

そしてここにも破気(はき)のみなぎってきた人が。
破棄気(はきけ)に襲われるのは、時間の問題か。
もう末期症状。空中分解間近ではないのか、この政権。

“政治的配慮”内部文書の存在 衛藤大臣「控える」
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000171016.html

ジャパンライフに“政治的配慮”を示したとされる内部文書の存在について
衛藤消費者担当大臣が「答えを差し控える」。

「消費者庁の事件調査にあたって着眼点とか手の内を明らかにしてしまう可能性がありますから
 お答えを差し控えさせて頂いているところでございます」

野党が入手した文書にはジャパンライフの立ち入り調査について「政治的背景による余波懸念」などとある。
衛藤大臣はその文書の存在について言及は避け、政治的圧力については「確認したが、なかった」。

いつもお読みくださり、ありがとうございます。
少しでも多くの人に読んでもらうため、人気投票に参加しています。

  ←何か感じるところがございましたら、クリックを!

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←誠にお手数ですが、これもクリックして頂けると幸いです。

ありがとうございます! m(_ _)m
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


石破氏を叩いて渡った総裁選



「記録を捨てちゃうなんて意味不明ですね」
なんて石破もわかってないなー。

あんたを総裁選で負かすための工作がバレるからなんだよ。だから安倍らは必死なんだ。
だってそれがバレたら、総裁選での安倍の勝利の正当性が失われるじゃないか。
インチキして総裁になり総理になってるんだよ。自民党を追放されてもおかしくない。

★石破氏を叩いて渡った総裁選

石破氏には「第2次西南の役」をお勧めしたい。
「総理に質したき儀これあり」の登りを立てて
鳥取から大行進するのだ!
その先頭に立て!


 TBS

招待者名簿

1956年(鳩山一郎首相)と1957年(岸信介首相)
2年分は保管、公開されている。

全員の名前と肩書き(国会議員やさん板書の長官、様々の団体のトップなど)

1956年の注意書き「なお人選にあたっては同一人物が連続して招待されないように」

そうならないように名簿の保管期間は:「永久」

招待の理由についても資料を残した。推薦者名簿に各人の推薦理由を明記。
確かに厚労・功績のある人を招いたということの証拠を残したのだ。

それが、去年4月以降、名簿は「1年未満で廃棄」に。

誰が決めたんや?そんな勝手なこと。

安倍だよ。

なぜ?

やばいからだよ。支持率を上げるため、選挙や総裁選で勝つため、自分らの都合でやりたい放題のデタラメをやっていたからだよ。

今、公開を要求されても、拒否するわけだ。悪事が全部ばれるもん。

これまでの「桜を見る会」のあり方を勝手に根本的に変えてしまった安倍晋三

それは、国の公的行事だったものを私物化し、自分らの選挙へ利用している、
ということ。

名簿データを暴けば、自民党の政権基盤も、自らの総裁選挙の勝利や首相の座の正当性をも
否定される中身であるに違いない。

桜を見る会の招待者名簿の公開をひたすら拒否するのは
そういう事情だ。

しかしここで見てきたとおり法的には拒否することはできないのだ。
野党は、とことん要求し続けるべし!



  ←クリック!

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←クリック!

 m(_ _)m

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。