SSブログ

どうやって減らしますかと聞かれても「はい減らします」と答えるアホ [環境]

ニューヨークの記者会見でも進次郎節が炸裂!

あまりにも鮮烈にして空っぽな環境相の国際デビュー


記者:石炭は地球温暖化の主たる発生源の一つです。あなたの省は、今後6ヶ月月から12ヶ月の
(石炭火力も減らさなあかんパリ協定本格始動の)移行期において(具体的に)何をなさいますか?

進次郎:減らします。

記者:(だから)どうやって。

進次郎:(しばらく考え)私は先週、環境相になりました。私は今、同僚たちや省のスタッフと
話し合っています。そして私たちは政府として、それを減らすと申し上げたところです。
(自分でも納得のいく答えだったらしくしきりにうなづく)



減らすために具体的に何をするのですか? と聞かれ
「減らします」
と答えたようなやりとり。

さらに「だから具体的にどうやって減らすんや?!」とつっこまれ

「先週大臣になりました。
 今、同僚たちと話し合っています。
 政府として減らすと申し上げたばかりです」

答えるというか、最後まで答えていない。
英語もつたない。。

なんとも、とんちんかんちんぷんかんぷん

質問をきちんと理解していないことをさらし
さらには頭の中もからっぽであることをさらす。

日本では国会でも記者会見でもおなじみの光景ではある。
日本ではこんなので「通用」するのかもしれない。
何しろ親が元総理大臣だ。
男前である(と多くの女性は思っている)。
それで支持があつまる。
あとはどうでもいい。

『「砂糖は甘いんです。僕は昔からそう思っている」みたいなことを遠くを見つめながら言う』

それでいいんです。
それで人気が沸騰する。
先日書いた千葉県知事・森田健作だってそうだったわけです。
しないを片手に浜辺で夕陽の沈む海に向かって

「ばかやろー!」と叫ぶ

それでいいわけです。この国は。

何もかもが「空気」できまる。

30年後の自分は何歳 具体的対策小泉進次郎.jpg


「発言すべて確認」、「一箇所もない」、ずばり「内容ゼロ」。よくぞ言うたり。

こういうのもある。



進次郎:約束は守るためにあるものです。全力を尽くします。

記者:汚染土対策、具体的に今思っていることは?

進次郎:私の中で30年後っていうことを考えた時に、30年後の自分は何歳かなとあの発災直後から
考えていました。だからこそ私は健康でいられれば、その30年後の約束を守れるかどうかという、
そこの節目を、私は見届けることができる可能性のある政治家だと思います。しっかりと形にするために
全力を尽くしたいと思います。(うなずく)

具体的対策を聞かれ何も出てこない。
これは
1)頭がよほど悪くて何を聞かれたか理解できない

2)頭の中がからっぽ、何もないので答えられない

3)その両方

あるいは、最大限善意に解釈すれば

4)とても狡猾な政治家であり、質問の趣旨は理解しているが、自分の頭の中にあるとても明かすことのできない考えを隠すために意味不明の「象徴詩」を披露してはぐらかした。

ところがこの小泉進次郎のトンチンカンがブームを呼んでいるのだそうだ。

←応援クリックを
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←ふたつともよろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

熱い迷言? 小泉節、よく聞くと意味不明… 「言いそうなこと」盛り上がるネット
東京新聞: https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201909/CK2019092302000139.html

「大喜利状態」なのだそうだ。

 

気候変動サミットに行ってステーキ食う環境大臣というのもすごい。
世界中でデモをした高校生からアマゾン開発と牧畜と地球の温暖化の関係なんかについて
講義してもらったらどうだろう。



うん。牛のげっぷとオナラ。これが地球の温暖化にずいぶん寄与してるんだよね。
遺伝子組換えでげっぷやオナラしない牛とか羊、作れないもんかね。大臣になるといろいろ考え、
浮かぶもんだね。安倍総理が言ってた「若者ならでは斬新な発想」ってこれかね。
「若者おならでは」になっちゃったけどね。

Sexy and fun



アマゾンが燃えてるね。
なんかこっちまで熱くなってくるんだよね。
アマゾンがが消えたらどうなるかって?
どうなるんだろうね。
アマゾンが消えるんだろうね。


フェイスブック友達1:なんで、ステーキを食べに行くことまでニュースになってるの?

のら猫:だから、ステーキをニュースにするにしても、気候サミットに出席した環境大臣が、なんで
よりによってステーキ(牧畜のために森林切り開いて地球の温暖化に大いに貢献していると環境保護は
カンカンになっている牛)なんだというところを突かなきゃだめなんですよ。メディアの連中も程度低すぎ。
「民度」に合ってるといえばそれまでですが。

友達2:進次郎はコロンビア大学にいたしCSISやCIAの薫陶も受けた傀儡政治家。『日本人は
6千万に減らす』とも公言。日本人削減計画を実施中らしいとの説もございます。

のら猫:アメリカにとっては日本を操るための格好の道具。アメリカはマニフェスト・デスティニーの国。
いずれ日本を取りにきますよ。

友達3:ちょっと地球の温度を下げるのに貢献したのかも。

のら猫:しらけどりが鳴いて、お寒〜い隙間風がす~っ。 日本の環境相は言葉ばかりか頭の中も
からっぽということが世界に知れ渡る。。

「セクシー 」

石炭火力を輸出までしてる日本の環境大臣が it should be sexyだのfunだの、
偉そうな口叩くんでないという感じの Independent紙。

"We haven't taken the strong action and powerful leadership since then, but from now on, from today, we want to do more," Koizumi said, without giving details.「もっとやりたい」というのは勝手だが、具体的には言わない。主張には具体点を添えろといつも書いていますが、あちらの記者はやっぱりそこに気づく。
without giving details(詳細は語らず)

コロンビアの大学院にまで行った人なら具象と抽象の違いはわきまえているとは思いたいですが。
具体的な論拠を伴っての主張という基本も。ところがそう思える具体的な根拠がこれまで見当たらない。
象徴派の詩人みたいな発言ばかり。今後が楽しみ(笑)。

原発無くしたいとは言ったものの、菅原経産相はさっそく、原発ゼロは考えずらいと言っている。

"your empty words"(あなたたちの空っぽの言葉

言われちゃってますがな。

Greta Thunberg to world leaders: “How dare you? You have stolen my dreams and my childhood.”

スウェーデンの高校生が国連で演説。

「よくもまあ。あなたたちは私の子供時代の夢を奪い去った。空っぽの言葉で

まるで進次郎のこと言ってるみたいにぴったし。



進次郎はこの高校生の知識と危機感のかけらもないだろう。

この遠くをみつめるような目に皆さん弱いらしい


「30足せや!あほ!」
という声もありますが.


小泉進次郎は 1981年4月14日生まれで 38歳。
(ちなみに30年後には68歳かと)


ちなみにデンマークの環境相は34歳でんねん
Lea Wermelin: Minister for the Environment
Assumed office: 27 June 2019
Born: 10 May 1985 (age 34)


ちなみにこの国は首相からして41歳の若さ。右側の女性。↓
デンマークは環境政策や外交、日本のいいお手本と思います。
日本は軍事を増強して大国をめざす道なんか進まず
こういう国をお手本にして仲間にして中堅国家をめざすほうがはるかに豊かで健康で環境にも優しく
平和で幸福度の高い国になると思います。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO46687560Y9A620C1FF8000/


「日本は不可欠」?!
石炭燃やして火力発電。海外にまでその発電所を輸出しようとしている。原発かてそうや。
再生可能エネルギーの伸びは欧米の何周回遅れ?

- どこがどう不可欠なんですか?
- 私の中で50年後っていうことを考えた時に、50年後のクリステルは何歳かなあと考えるわけです。
 だからこそ私は健康でいられれば、その50年後の戦場で鎧を脱いでもいいんだと、そこの節目を、
 私は見届けることができる可能性のある政治家だと思いますし、、何の質問でしたっけ?

これまた嘘のようなほんとのやりとり(17日?): 

https://twitter.com/wanpakuten/status/1176085211135631360?s=20 

記者: 汚染水の海洋放出、韓国が懸念。風評被害を助長することになりかねないと思うが、大臣の受け止めは?

進次郎: なんども言ってますが、福島の方々のこの約8年間に乗り越えられてきたことを決して忘れてはいけないと思っています。この前私は小名浜で地元の組合長とお会いしましたが、いま試験操業で何が取れますかといったら、最近ノドグロが取れるんだと、ああ、福島でノドグロがとれるんですか、私ノドグロが大好きなんですよねって言って、じゃあこんど一緒に食べようって、環境大臣室に是非お越しください、一緒にノドグロ食べましょうよと言ったときの、あのね、いいんですかってね、喜んだ顔、うれしかったですねえ。なので決っしてそういった皆さんが再び傷つけられるようなことがあってはならないと。その思いでこういった問題にもしっかりと向き合っていきたいと思っています。

記者: どう取り組んでいくかを伺ったんで、ノドグロの話を聞いてるつもりじゃないんじゃないんですよ。

進次郎:それもからみますからね。できることはすべてやるという、そういった気持ちで取り組んでいきたいと思っています。


「気持ちを聞いたんじゃない」とさらに食い下がりたいところ。


世界で何百万人という若者を「動員」した高校生のグレタさんも、
この台湾で日本語勉強中の大学院生クリスさんも、期せずして同じ言葉「からっぽ」
を使っているが、小泉進次郎を一言で言うとしたらこれだ。
この男が日本の次期首相の呼び声ナンバーワンだという。
温暖化というが、お寒い限りだ。
「30年後」どころか、日本はそれまでに滅ぶだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190922-00000089-sph-soci

「身近なところから一人一人の意識を行動を変えていきたい」

めずらしく具体的な話をしていた進次郎。

しかし、なあ、残念。そのレジ袋の有償化はすでに多くの店で始まっている。しかも、どっちみち
プラスチックかなにかの生産工程の副産物であり、レジ袋に使うのをやめても廃棄物になるだけで、
環境浄化にはたいして寄与しないという話もある。

このあたり、割り箸をやめようというのに似ている。どっちみち間伐材の利用だからと。しかし、
それによって人々の環境への意識を高める意義はある。それにしても一時期流行していた自分の箸を
箸箱に入れての持ち歩き。今では実践している人まずいないですね。

進次郎は石破に近いはずなのに
1年前からおかしかったからなあ


いつもお読みくださり、ありがとうございます。
少しでも多くの人に読んでもらうため、人気投票に参加しています。

  ←何か感じるところがありましたら、クリックを!

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←誠にお手数ですが、これもクリックして頂けると幸いです。

ありがとうございました! m(_ _)m

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。