So-net無料ブログ作成

根本からアベノミクスを良く見せる賃金偽装不正のたくみ [アベラ国]

根本匠(ねもとたくみ)厚労相

根本匠厚労相.jpg
 
「アベノミクスの成果と首相が自賛した数値の根拠は崩れている」
「アベノミクスの数字をより良く見せるための偽装ではないのか」

国会で野党が首相に詰めよった。

首相は、この統計を引用したことはあるとしつつも、

「18年の数値のみをお示しして、アベノミクスの成果であると強調したことはありません」

と反論しよった。


ここに「印操派(印象操作派)の巨匠*」安倍晋三のトリックがある。「「18年の数値のみをお示しして」というところのみきっぱり否定しているのであるが、「きっぱり否定」の勢いでもってさも疑念の全てを否定できているかのような印象を与えているにすぎないのだ。野党議員はもっと食い下がらなくては。

裏返せば、偽装された「18年の数値」を含めて「アベノミクスの成果を強調」しているということだ。

ここに答弁のトリック。逆に言えば偽装を根拠に使っているという、逆族安倍の面目躍如!

2018年1月以降、毎月勤労統計の賃金上昇率はかさ上げされている。

これは賃金の動向などを厚労省が毎月調べている統計で、「アベノミクス」の効果を測る指標とされる。
従業員500人以上の事業所を全て調べる決まりだが:

2004年から厚労省では東京都の分を3分の1に絞る不正な抽出調査を始めていた。
2018年1月分からは不正データを本来の全数調査に近づけるデータ補正をひそかに始めた。
なぜそんなこと始めた?それが分かれば苦労せんのです、てか麻生)

2017年分はデータ補正をしていないから、それと比較したら
2018年1月以降の名目賃金の伸び率が実際より高くなる。
今の状況を実際以上に良く見せようという偽装としか言いようがないではないか。
なぜそんなこと始めた?それが分かれば苦労せんのです、てか)

厚労省は不正発覚後、
2017年以前の分について18年からの補正と同じ手法で再集計。その結果、
2018年1~11月の伸び率は公表値からすべて縮小し、最大で0・7ポイント下方修正され
「21年5カ月ぶりの伸び率」とされていた6月の公表値
「3・3%増」は再集計値で「2・8%増」に下がった。

ところがこれだけではすまない。
2018年1月に調査対象の見直しをしていた。これがまた怪しい。
なぜそんなこと始めた?それが分かれば苦労せんのです、てか)
調査から外されたり、新たに加えられた事業所を取り除き、
2018年も引き続き調査対象となった事業所だけに限って数字を出すと
下方修正した「2・8%増」もさらに「1・4%増」にまで下がるのだ!

「アベノミクスの果実3・3%増」は、実際は「1・4%増」でしかなかったのだ。


「指摘は当たらない」と厚労相。菅かお前は。

根本匠厚労相は「アベノミクスの数字をより良く見せる偽装との指摘は当たらない」と答弁したが、その具体的な根拠はかかげない。例によって安倍政権の < 結論のみ押し付け > という菅々しい(**)得意技だ。菅流の受け答え。そう言えば森山選挙対策委員長も厚労省の不正統計には「さほど大きな問題はない」と断ずるのみで、その具体的根拠は掲げなかった(のちに発言は「誤解を招いた」と陳謝)。



「賃金偽装」野党が追及 統計不正「“アベノミクス成功”根拠崩れた」
朝日新聞 2019.1.30 https://digital.asahi.com/articles/DA3S13870690.html


「総理は実質賃金がマイナスだとの認識がないんじゃないか。厚労大臣の責任は重い」(原口一博議員)
「5年連続で今世紀最高水準の賃上げが行われた」(安倍首相・施政方針演説)
今の所、安倍、施政方針演説でも「お詫び」と言っていたが、やたらと「長年の過ち」というふうな言い方をして自分の政権で始まったことではない前からの問題という印象操作をやっている。厚労省の処分も決め、これで幕引きのつもりかもしれないが、去年何が起きたか、時系列的に解明されるべきである。官邸から神風を吹かせて忖度を促す手口ウソアベアソウ。そこに肉薄しなくてはならない。そこを暴かなくてはならない。

          m  (_ _)   m
←クリック→ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
       ↑クリックをよろしく!↑

*【印操派の巨匠】
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【印操派の巨匠】(いんそうはのきょしょう)
安倍晋三のこと。

【印操派】(いんそうは)
印象操作派の省略形。

cf. 印象派(19世紀後半のフランスに起こった絵画を中心とする新しい芸術運動)


企業の言うことはもとより学者の言うことも
もう政府の統計なんかも信じられんが
メディアの世論調査も信じられん
選挙の集計も怪しいもんだ
となってくる

デタラメ会計処理企業が急増

 内閣支持率!
濃厚な虚飾


学者




 菅々しい

【菅々しい(すがすがしい)】
意味:問題ない、批判は当たらない、などといきなりの結論でバッサリ人の話を斬って捨てるものの、
その実、それを裏付ける根拠に甚だ乏しい、欺瞞的な論法のさま。スガスガ、スガスガしい、スカスカしい、とも。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  今日もお読みくださりありがとうございました!
           /\   /\
          m  (_ _)   m
 ←クリック→ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
↑誠にお手数かと思いますがどうかクリックをよろしく!↑
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事@のら猫:


【印操派の巨匠】つづき

新しいところでは、桜島をバックに鹿児島で行った自民党総裁選への立候補表明。その実況放送をNHKで安倍寄りの解説とともに繰り返し流したり、自らのフェイスブックに利用したりして、印操派の巨匠ぶりを発揮している。

演説は、まったく具体性のない空虚なものながら、言葉の仰々しさや桜島の雄大さや大河ドラマの舞台という雰囲気のみで、あたかも何かまっとうな指導者であるかのような印象を与えている。

対抗馬・石破茂との論争から逃げ回っているくせに印操派の巨匠の手にかかると、まるで議論に非常に前向きであるかのような印象を持たされてしまう。
https://www.facebook.com/groups/631952103603626/permalink/1243501369115360/

『桜島の政治利用2: 我が胸の燃ゆる想ひ』
https://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2018-08-31
『桜島の政治利用1: 晋どん、もうここらでよか』
https://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2018-08-26


総裁選立候補表明、印象派の巨匠・安倍晋三が、
NHKや岩田明子や大河ドラマや錦江湾や桜島や幕末の志士まで借り出しての手のこんだ印象操作です。

「歴史の大きな転換点」、「明日を切り拓く」、「新たな国づくりの先頭に立つ決意」、、言葉のみ仰々しく、中身はすっからかん、具体的に何のことかはさっぱり和歌らん、討論会やりましょうという石破の燃ゆる思いに比べれば土俵に登る必要はないという安倍の薄っぺら桜島山、「外交で日本の大きな存在感を取り戻すことができました」って、蚊帳の外にいて、存在すらしてなかったのに? 「誰にも働く場所のあるまっとうな経済を取り戻すことができました」、「まっとうな」?実質賃金下がるいっぽう、非正規労働三人に一人、異次元の金融緩和、格差拡大、残業代ゼロ働かせ改革、でんでん、、「まっとうな経済」?まっとうな頭してる人の言うことではないと思ってしまっとうのでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  最後までお読みくださりありがとうございました!
           /\   /\
          m  (_ _)   m
 ←クリック→ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
  ↑まだでしたらクリック操作をどうかよろしく!↑
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


深層レポート「麻生太郎が政治の表舞台から去る日」
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59599 #現代ビジネス

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。