So-net無料ブログ作成

晋と昭恵の加計隠し 〜「頭に来た」総理大臣 [安倍体制]

「頭にきて言った」

安倍首相が、国家戦略特区の獣医学部新設は今治の一校に限らないと、突然表明した。

★新しき判断あきえてもの言えずズルの一声選挙直前


★プロセスに一点の温もりもなく日本全土を戦略特区

★プロセスに曇りがないと言うのならその確証を示してくれよ

「(愛媛県)今治市に限定する必要はない。速やかに全国展開を目指したい。意欲があれば獣医学部新設を認める」(安部首相 24日)



 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

以下、フェイスブックでのやり取り:

友達1:「一点の曇りもなく」嘘をつけるって二枚舌?二重人格?
のら猫:★曇りなくひとえに嘘をつきまくる安倍晋三は多重舌格
    安倍総理診てもらうなら眼科かな

友達2:総理の立場の人が産経新聞の『正論』のような場に登場して良いのでしょうか?
のら猫:それぞまさしく正論。ま、産経は安倍政権のほぼ機関紙。
友達3:全国が特区なら全然特別じゃないと思うが、、いいのでしょうか?
のら猫:そうなんです。特別じゃないんです。ですから加計学園に特別の取り計らいやっていないということになる、と言いたいわけなんです。
子供のふてくされ(加計だけじゃなくて全国どこでもにすりゃいいんだろ!)あるいはズルをした子供の言い訳レベルですが、選挙を控え、血迷ったというか、破れかぶれというか、どうにかしないと泥舟状態になる。選挙民がこんなトリックに騙されるか、いい加減もう見破れるようになったか、どっちかですね。

「頭にきて言った」

日本テレビの「バンキシャ」によると、安倍首相が突然の「新しい判断」で、獣医学部新設は一校に絞らない、全国どこどでも、と言い出した理由は、「あまりに批判が続くので頭にきて言った」のだそうだ。そう周囲に漏らしたというのだ。
頭にきて言った.jpg
そんな方針転換が首相のツルの一声で決まる、しかもその理由が「頭にきたから」なら、日本は金正恩の北朝鮮とあまり変らない独裁国家だ。そういえば、安倍首相が先日沖縄の戦没者追悼式で「安倍は帰れ!」と人々の罵声を浴びたことを国内のメディアはほとんど伝えない。そのようなことは我々は今、海外のニュースで知るようになった。ますますもって北朝鮮だ。もう彼我の違いは強制収用所や銃殺刑があるかないかくらいではないのか。

「まずは一校だけに限定して特区を認めました。しかしこうした中途半端な妥協が、結果として国民的な疑念を招く一因となりました」

と「正論」での総理だが、一校に限定して認めたから疑念が生じたのではない。その一校が総理に個人的に非常に近い存在だから疑念が生じたのだ。その疑念を払う責任は総理にある。しかし、その責任に向き合おうとしなかった。だから疑念は深まる一方なのだ。首相は国会の審議では誤魔化し続け、逃げまくり、質問をはぐらかし通した。そして国会が終わってから、責任を野党にもなすりつけた上、反省しているだの、これからは丁寧に説明するだの、さらにウソを並べた。

そして一校に限ったのは「中途半端な妥協」だった? 誰がどう妥協したのだ、どこがどう中途半端なんだ、妥協だなどという話を初めて出してきたぞ。またこれも話のすり替え、誤魔化しじゃないか。いい加減にしてほしい。

それにしても「頭にきたから」全国どこでも意欲のあるところに獣医学部の新設を認めることにした??
それまでは通らぬ理屈をあれこれ並べたてて何がなんでも今治に加計学園の岡山理科大学が作るしかない、とあれほど言っていたのに?? 安倍さん、首相は早くお辞めになった方がよろしい。そしてこれまた早期に前川喜平氏や萩生田副官房長官、加計孝太郎氏や安倍昭恵氏を証人喚問し、これまでの一連の経緯を明らかにしなくてはならない。それがないことこそ、それを安部氏が拒んできたことこそが、国民に疑念が今深まり、内閣支持率も急落している理由に他ならないのだ。このまま今回の鶴の一声(まさに「総理のご意向」!)を通し、加計・今治のプロセスを曖昧なままにしてしまってはならない。

日本テレビ



全くありません.jpg

「まかりとおる余地などまったくありません」と首相は言われる。しかしそれは首相の<意見><主張>なのだ。いくら「まったく」に力を込めて言われても、それで説得力が増すわけではない(「一点の曇りもない」とか、スガ官房長官の言われる「一切」とか「明確に」とか「きちんと」とかと同じで)強意語を並べても、力を込めて発音しても、それで議論の正当性が増すわけではない。それで首相の言われる「丁寧な説明」に近づくというのでもない。

その意見や主張には、具体的な論拠、証左が伴っていなければ、誰も受け入れることはできない。
具体的な論拠、証左が伴って初めて「丁寧な説明」になる。でなければただのホラ話と言われても仕方ない。その具体的な論拠を提供できるのが、証人を呼んで情報を提供してもらう調査の過程である。国会の会期中に本来であればそのプロセスを踏むべきであった。かくなる上は、臨時国会を召集するしかない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 今日もお読みいただき有難うございました
        /\   /\
      m  (_ _)    m
   クリック!        クリック!  
   ↓            ↓ 
    ブログランキング・にほんブログ村へ
  誠にお手数とは存じますがよろしければ
   どうかクリックをお願いいたします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブロトピ:「ブログ更新しました♪」
ブロトピ:ブログ更新しました!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0