So-net無料ブログ作成

フランス政府「テロの予防的措置」を国務院に諮問 [その他 国際政治]

でたー!
フランス政府が、国務院コンセイユ・デター
に、テロの新たな「予防的措置」が可能かどうかを諮問へ。
人権の発祥国と自負するフランスがここまできたか。

平たく言えば、怪しいやつをしょっぴいちゃえ、ということだ。
トランプじゃないが、本国送還にしてしまえ、国に入れるな、ということ。

具体的には
当局により「S」(公共の秩序や国家の安全に脅威となりうる)と分類される人々を事件が起きないうちから
予防的に行政勾留(起訴・有罪判決のないまま拘束)などなどの措置が
今の法律の元で可能かどうかに関し
国務院(最高裁に匹敵)の意見を伺うのだ。
国務院への諮問は立法のために必要な手順でもある。

アメリカで言えば911後にできた「愛国法」。これに向かうようなフランスじゃないか。

三色旗 テロ 31.jpg

確かに11月13日金曜日のパリの事件後の、オランド大統領の演説は、まるで

ジョージ・ブッシュの再来のようであった。

 

 

「文明 対 野蛮の戦い!」 と叫ぶ野蛮な人たち人殺し何倍返しすれば気が済むのか

Posted by 中嶋 寛 on 2015年11月17日

 

 

提案されている措置は野党側の発案だが、このときもオランドは

「国民的一致団結の精神」を口にしていた。

しかし、予防の名のもと、どこまで人の権利や自由を制限したり、奪ったりできるというのか。

国務院での審理とその結論が注目される。日本でも政府が「共謀罪」の必要を語り始めており、人ごとではない。

 

あなたは「S」ですか? それとも…

 

市民の監視を強めようとする国家。

フランスはすでに要注意人物をコード別に分類している高度な監視社会。

当局には膨大な監視ファイルがあるとされる。

作成が始まったのは1969年。40万人余りの氏名が集められた。

組織犯罪の関係者から家出中の若者、反グローバル化の活動家まで。

外国人、精神病者、違法滞在者、家出中の若者、指名手配者、逃亡者など、アルファベットでコード化。

その一つが「S」である。Sは Sûreté de l’Etat (=State security) 「国家の安全」の頭文字。

公共の秩序や国家の安全に脅威となりうる人物という分類である。

 

国家が市民を監視するという、まさにジョージ・オーウェルの世界。

日本の「マイ・ナンバー」でも密かにそのようなコードがくっ付くようになるのか。

フランスで「S」(国家の安全)に分類される監視対象者はおよそ2万人。

うちイスラム過激主義で1万500人という。

 

検討される対策

 

ではフランスはテロ対策としてどのようなことをこれから検討するのか。

 

●イスラム過激主義(ジハーディスト=聖戦主義)のサイトをインターネットで閲覧する者への禁固刑/罰金刑。中道右派・共和党(今年改名するまではUMP国民運動連合)の党首サルコジ前大統領の主張。児童ポルノのサイトを閲覧する者に対してなされているようにと。

 

●「S」分類のジハーディストの収監、ないし電子札を付けての自宅軟禁。テロ対策の特別収容所を設置する案もある。

 

●過激なモスク(イスラム教礼拝所)の閉鎖。極右「国民戦線」が要求してきたが、11月のパリの事件後、政府も前向きになってきている。過激なイスラム主義へ同調・加担するような組織の解体まで政府は視野に入れ始めている。

 

●過激な教えを説くイスラム教聖職者の国外追放。極右政党の国民戦線党首マリーヌ・ルペンは前から言っていたがパリの事件後さらに声高に求めている。フランスで憎悪を説く聖職者やテロリスト的活動に関与した/関与が疑われる人物は、非常事態に関する法律(アルジェリア独立戦争時の1955年の法律)を改め、国外追放にすべきとの声は、政府内からも出始めた。

 

●ジハーディストのフランス国籍剥奪。今では社会党のオランド政権までこれを支持している。

 

●そのほか、ジハーディストの再入国禁止。市民による警備隊の創設。移民受け入れの停止

 

地方選挙で大躍進した極右FN。第2回投票は13日。

 

フランスはどこへ向かうのか、注目だ。

 

 

 

 

 

♪ラ・マルセイエーズ♪なんとその歌詞の「文明的」であることよ全員で歌っているのかフランス議会にバーバラ・リーはいないのかどこにもオランド

Posted by 中嶋 寛 on 2015年11月17日

 

 

 

この人はちゃんと分かっトルドーカナダ空爆から撤退

Posted by 中嶋 寛 on 2015年11月17日

 

 

 

新雪の舞い始めるこの季節親切な見出し「新設は必要」になってるぞ河野太郎の共謀罪論2週間前は「議論必要」だったがなブログ名も「ごまめの歯ぎしり」から「大臣の高いびき」に変るだけのことはあるブログ再開 河野行革担当相 [時爺通信] http://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2015-10-18

Posted by 中嶋 寛 on 2015年12月2日

 

↑↓ 上下とも押して頂けると幸いです。
にほんブログ村 政治ブログへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1